48百万画素機が安くなる。Xiaomi Mi 9、Redmi Note 7のクーポン情報(2019年3月)

Xiaomiのフラッグシップ機であるMi 9と、普及版のRedmi Note 7。スペックやカメラのセンサーは異なりますが、双方ともにリアに48百万画素のカメラを搭載しています。Geekbuyingにてその両機のクーポンを配布していますので、クーポン情報の連携です。

Xiaomi Mi 9

6.39インチのAMOLED スクリーンに、Snapdragon 855、48百万画素のイメージセンサーはSONY IMX586と豪華な仕様。

Xiaomi Mi 9、スナドラ 855・トリプルカメラ搭載のXiaomi旗艦機のスペックと特徴。RAM 12GB版もあり
Xiaomiから同社のAndroid スマホ フラッグシップ機となる「Xiaomi Mi 9」が発表され、2019年2月22日現在 海外通販サイトではプレセールを行っています。 Snapdragon 845、背面にトリプルカメ...

 

詳細は上記の記事に記載していますが、Snapdragon 855とカメラのポイントのみを記載すると以下となっています。

  • Snapdragon 855を搭載のLenovo Z5 Pro GTのAnTuTu ベンチマークスコアは372,712
  • Snapdragon 845との比較では、CPU性能は45%、GPU性能は20%の性能向上(Qualcomm社による)
  • リアの48百万画素は、SONY IMX586を採用し、f/1.75と明るめ。トリプルカメラは、標準、望遠、広角の構成となり、広角側は117度。
  • フロントの20百万画素は、AIによる背景のボカシと状況に応じたアルゴリズムに対応。
  • カメラの性能評価を行う企業「DxzOMark」のスマホのカテゴリーでは、iPhone XS Maxを僅差でおさえています

 

リリース間もないMi 9ですが、Geekbuyingでは早くもクーポン配布によるセールを開催中です。

 

▼クーポン対象となる機種はRAM 6GB / ROM 128GB版。クーポン: XPCESLVFの利用により、599.99ドルとなります。3/21まで。

Xiaomi Mi9 (Geekbuying)

Xiaomi Note 7

6.3インチにCPUはSnapdragon 660と普及版の位置づけのXiaomi Note 7。普段使いでは十分なスペックですが、リアカメラはなんと48百万画素。Xiaomi Mi 9と異なり、センサーにSONY IMX586を搭載するものではないのですが、普及価格で48百万画素搭載は驚異です。

Xiaomi Redmi Note 7、48百万画素カメラの実力を海外実機レビューで確認。やや意外な結果に
XiaomiからリリースされているXiaomi Redmi Note 7。CPUはSnapdragon 660、メモリは4GBとよくあるパターンですが、なんと、背面のカメラは48百万画素と想像もできない仕様となっています。 2...

 

上記の記事に記載のとおり、海外レビューサイトでは以下のやや厳しめのコメントありますが、安価でも普段使いではサクサク稼働し、カメラに細やかな描写を求める方にはよい選択肢です。

12百万画素 f1.9 + 5百万画素 f2.0のAI Dualカメラを搭載するRedmi Note 5との比較では、

  • Redmi Note 7が優位な点は、暗所での描写
  • Redmi Note 5が優位な点は、色の再現、フォーカス、露光

 

▼クーポン対象となる機種はRAM 6GB / ROM 64GB版。クーポン: WISHLXVNの利用により、259.99ドルとなります。3/31まで。

Xiaomi Redmi Note 7 (Geekbuing)

 

コメント