マウスコンピューター MB11ESV、MacBook Air似の11.6型格安PCのスペックと特徴

2018年4月末から販売されているマウスコンピューターの11.6インチノート「MB11ESV」。Apollo Lake Celeron N3350を搭載し、アルミ製ボディでMacBook Airに似た雰囲気を持つのが大きな特徴です。

マウス公式サイトには掲載されず店頭販売モデル(Amazon・楽天市場でも販売)となっており、そのリリースのニュースを見落としていたのですが、今さながらにスペックと特徴を確認してみました。

 

画像引用元:マウスコンピューター ニュースリリース

スポンサーリンク

MB11ESVのスペックと特徴

MB11ESVのスペックを、当サイトで何度か紹介している11.6インチノート「Jumer EZBook X1」「Teclast F5」と比較してみました。なお、国産としてはコスパ度の高いマウスコンピューターですが、中国メーカーでも特に価格が安く質感の高いJumper / Teclastと比較すると分が悪いため、参考までの比較です。

▼比較対象としたTeclast F5は以下の記事を参照。Jumper EZBook X1はTeclast F5と同じOEM元ですが、メモリ・ストレージ容量・デザインが異なります。

Teclast F5、Gemini Lake,メモリ8GB,SSD 128GBに11.6型タッチパネルと魅力満載の概要をあらためて確認してみた
Gemini Lake N4100を搭載する出荷待ちのノートPCとして、先日 Teclast F5、Chuwi Lapbook SEを紹介しました。気が付いてみると、いつの間にかTeclast 公式サイトにてイメージ画像を多数そろえ...

 

さて、スペックに表れない事項も含め MB11ESVの特徴は以下です。

CPUはCeleron N3350を搭載

CPUはApollo Lakeの2コア Celeron N3350を搭載。手元に同CPU搭載機がないのですが、以前 海外通販サイトよりお借りしたJumper EZBook SEが Celeron N3450を搭載していましたので、レスポンスなどは以下の記事を参照ください。

Jumper EZBook 3SE、Celeron N3350搭載機のベンチマークを実測。Z8350、N3450搭載機との比較
13.3インチのIPSパネルを搭載しながらも2万円を切る価格のJumper EZBook 3 SE。国内外ともに評価が高く、私も購入したJumper EZBookよりもスペック・価格を下げた製品ですが、そのレスポンス・ベンチマークス...
2万円未満でも十分使える、Jumper EZBook 3SE 実機の総括レビュー
Jumper EZBook 3 Proよりもスペックは控えめながらも、13.3インチのIPSパネルを搭載し、2万円を切る価格のJumper EZBook 3SE。これまで、外観・ベンチマークスコアをみてきましたが、今回は体感的なレス...

同記事に掲載のエントリークラスの CPUの体感レスポンスでは、下から順にAtom Z8350、 Celeron N3350、N3450となります。Webサイト閲覧などのライトユースでは、 Celeron N3350 / N3450には大きく体感できるほどのレスポンス差はなく、数MBクラスの画像編集で僅かに体感できるか否か程度の差です。

私はN3450相当のPCを常用していますがサクサクと動作しており、この意味ではWebサイト閲覧・動画視聴・余程大きなファイルを扱わないオフィスソフトでは、Celeron N3350でも十分でしょう。

メモリ 4GB、ストレージ 64GB

エントリー機では一般的な、メモリ 4GB、ストレージは64GB eMMCを搭載しています。メモリを大量に使用するGoogle Chrome(1GB~2GBを消費することも多い)において、万一 ストレージにスワップするような状況でもHDDよりも高速なeMMCですので、スワップして極端に遅くなることもなく、普段使いではメモリ 4GBで十分。

64GB eMMCはサブPCとして使用するのであれば(写真・音楽・動画を大量に保存するのでなければ)、まずは不足することはないでしょう。ただし、Windowsの大型アップデートの場合には以下の記事のようにバックアップファイルを削除するなどの対応を行ったほうが無難。

Windows 10、39GBの使用領域を13GB削減した3つの対応
家族にしばらく貸し出していたChuwi Hi10 Proが手元に戻ってきたため、システムの状況を確認してみると、ストレージの残量は18GB。私はWindows 10のシングルブート化(Androidは削除)しているためによいのですが...

アルミ製ボディの外観、その他

どちらかと言えば無骨な外観のマウスコンピューターのなかで、このMB11ESVの大きな特徴はそのスタイリッシュな外観にあります。アルミ製ボディにMacBook Airによく似た外観は、MacBook Airのクローン的な製品が多い中国メーカー製PCにも共通するものがあり、「もしや中国製PCのOEMでは?」と思ったりもします。

 

▼他の特徴として、見出し下の画像のとおり指紋認証対応や、本体のポート類は電源を兼ねるUSB Type-Cのみながらも、付属の変換アダプター経由によりUSB 3.0 / HDMIと一通りのポートを備えています。欲を言えば変換アダプターなしで無線マウスを常用できるよう、本体にUSB 3.0ポートがあればよかったかも。

まとめ

2018年10月14日時点の価格は、Amazonは39,800円、楽天市場での最安は税込37,584円(ビックカメラのアウトレット価格)と国内メーカー製としてはなかなかのコスパ度であり、国内メーカーのスタイリッシュで格安ながらもサブ的に使用するPCが欲しいとの要望には、間違いなく「買い」となります。

悩ましいのは、中国メーカー製まで目を向けると同価格帯でCPUはワンランク上、SSD搭載の機種が購入できることでしょうか。

 

▼悩ましいのは、以下の記事で掲載の中国メーカーのPCの存在。性能・機能ともにMB11ESVより優位となります。

Chuwi LapBook SE、Teclast F5、Jumper EZBook X1、最安維持・10/31期限のクーポン情報
私はChuwi LapBook SEの実機動画に魅せられて、9月後半に279.99ドルで購入したのですが(現在受領待ち)、このLapBook SEがクーポン利用により268.99ドルで販売しています(10/31まで。300個限定)。...
Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント