Magic-Ben MAG1、8.9型 Core m3-8100Y 搭載のUMPCに新たな製品が登場

8インチクラスのUMPCに、新たにMagic-Ben社のMAG1が登場です。8.9インチのクラムシェル型PCですが、Core m3-8100Y、メモリ 8GB / 16GB、PCIe SSD 256GB / 512GBと、GPD Pocket 2 MaxやOne Mix 3と競合するスペックとなっています。

9月29日時点では、Geekbuyingでプレオーダー・プレセールを行っており、メモリ 8GB / SSD 256GBのモデルは 699.99ドル、メモリ 16GB / SSD 512GBのモデルは 793.99ドル。価格的にも、GPD Pocket 2 Maxと同水準です。今回はこのMAG1のスペックと特徴について記載します。

 

関連記事

8.9型 GPD Pocket 2 Maxが出荷間近に。タッチパッドや冷却対応など、随所に感じる利便性の高さ

スポンサーリンク

MAG1のスペックと特徴

Magic-Ben社の担当の方とは、以前からMAG1について通信させて頂いていたのですが、製造から販売まで一貫して同社で行っているとのこと。また、中国国内向けの通販サイトでは数週間前から掲載されており、ついに海外向けにリリースです。

そのスペックは以下となりますが、今回のところはGPD Pocket 2 Maxと比較することなく、単体でのスペック表示です。

  • ブランド名 : Magic-Ben
  • モデル名 : MAG1
  • OS : Windows 10 Home
  • CPU : Intel Core m3-8100Y
  • メモリ : DDR3 8GB / 16GB
  • ストレージ : PCIe SSD 256GB / 512GB
  • ディスプレイ : 8.9インチ、IPS、タッチパネル、解像度 2560 x 1600 (16 : 10)
  • WiFi : 11a/ac/b/g/n
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類 : USB Type-C、USB 3.0、Micro HDMI、MicroSD スロット
  • Battery : 8600mAh、充電はUSB Type-C
  • サイズ : 207.2mm x 146.5mm x 17.5mm、690g
  • ボディはアルミ製、バックライト付きキーボード、指紋認証あり

 

CPU、メモリの基本スペックは、先行するOne Mix 3、GPD Pocket 2 Max、Falcon、Chuwi MiniBookと同様です(Falcon、Chuwi MiniBookのSSDはSATA接続、他はPCIe接続の相違あり)。

8.9インチのディスプレイを搭載するスタイルは、GPD Pocket 2 Maxと同じくクラムシェル型。通像のPCをそのまま小さくしたスタイルです。私は8.9インチのASUS T90Chiを所有していますが、8.9インチを縦持ちにした場合には縦に長すぎるため、YOGAスタイルではない通常型もありです。

なお、GPD Pocket 2 Maxはタッチパッドを備えていますが、MAG1はタッチパッドなしです。後半に搭載の画像ではタッチパッドらしき部分もあるのですが、スペック・製品紹介に記載がないために「タッチパッドなし」との判断です(今度、Magic-Benの担当さんに確認してみます)。

 

▼スペックはまるで異なりますが、8.9インチのASUS T90Chi。通勤電車内でのキーボード使用においては、このサイズ感が絶妙です。

T90Chi、サイズ感絶妙で手放せないWin 10端末。1年使用後の総括レビュー
2017年5月に、遅ればせながらヒンジを加工しディスプレイ角度をより拡げて以降、電車内、自宅でますます使用する頻度が増えた ASUS T90Chi。今となっては、ASUS T90Chiのレビュー記事のニーズもないでしょうけど、T90...

MAG1の外観と機能

ブラックのボディに天板のロゴも控えめなMAG1。私は好印象を持っています。

 

▼イメージ画像では体裁よく見せる傾向があるため、実機を確認しないとわからないのですが、上下左右もにベゼル幅は狭く(6.5mmとの記載があります)、画面占有率は86%。視野角は178°です。

▲キーボードの主要キーの印字は大きく、最上列のファンクションキー、キーボード左とスペースキー右側以外には特に変則的なキー配置はないように思います。スペースキー下はタッチパッドのようにも見えますが、スペックと製品紹介に記載がないため、タッチパッドなしと判断します。

 

▲▼ブラックのボディは精悍なうえに、シルバーボディにシルバーのキーボードと異なり、キーの視認性のわるさを気にする必要もありません。背面のロゴは、控えめで好印象。

 

▼5V、9V、12Vの充電をサポートするモバイルバッテリーからの充電も可能。

 

▼指紋認証はキーボード右上に備えています。指紋認証の左横に電源ボタンがあり、押し間違える可能性も多少はありそうです。

 

▼17.5mmの厚みに、USB Type-C、USB 3.0、Micro HDMI、MicroSD スロットを備えています。USBの一つは左サイドでもよかったかも。

▲One Mix 3やChuwi MiniBookはズングリした印象があるのですが、MAG1は天板も薄くスッキリとしています。

まとめ、価格情報

GPD Pocket 2 Maxとの類似性・比較はさておき、スペック・デザインともに無難にまとまったMagic-Ben MAG1。これにより、8インチクラスのUMPC、Core m3-8100Y搭載機は、One Mix 3にGPD Pocket 2 Max、FalconにChuwi MiniBook、そして本機とますます混沌としてきました。

気になる価格は冒頭のとおり、メモリ 8GB / SSD 256GBのモデルは 699.99ドル、メモリ 16GB / SSD 512GBのモデルは 793.99ドル。「8.9型 GPD Pocket 2 Maxが出荷間近に。タッチパッドや冷却対応など、随所に感じる利便性の高さ」に記載のGPD Pocket 2 Maxに、スペック・価格的にも競合するのですが、今後のMAG1の販売動向が楽しみです。

 

▼Geekbuyingでの販売情報。メモリ 8GB / SSD 256GBのモデルの事例です。

Geekbuying

 

コメント