約12年落ちのMacBook Pro 17インチ Mid 2010、Core i7モデルのベンチスコアとレスポンス。Core m3-6Y30相当で普段使いでは現役使用可能

フリマにて、2022年12月現在では約12年落ちの「MacBook Pro 17インチ Mid 2010 (A1297)」を購入しました。「ジャンク」と明記のある端末でしたが、SSDを取り付け macOSをインストールしてみると、何の課題もなく普通に起動し動作しています。SSDの取り付けに加え、メモリも2GBから8GBに変更していますが(こちらのレポートは別記事にて)、今回はベンチマークスコアと体感レスポンスについて記載します。

スポンサーリンク

購入した MacBook Pro 17インチ Mid 2010の概要

以前から中古のMacBook Pro 17インチを物色していたのですが、たまたま某フリマにて 程度のよさそうな端末が出品されていたために即購入(1万円ほどですが、キャンペーンでゲットとしたマイナポイントを利用したため、実質的には出費なし)。

HDDなし・メモリとCPUは不明とあったのですが、Core i7-620Mにメモリ 2GBを搭載していました。以下の黄色網掛けは、購入後にカスタマイズした事項です(詳細は別記事にて)。

なお、バッテリーは劣化はあるものの、膨張もなく、1時間程度の作業ならバッテリー動作できそうです(概ねAC接続しているために未検証。バッテリー交換済の可能性あり)。また、SuperDriveも動作しています。

CPUCore i7-620M、2コア 4スレッド
GPUGeForce GT 330M / Intel HD Graphics
メモリ8GB (DDR3、4GB x 2)
ストレージSATA SSD 256GB
ディスプレイ17インチ、非光沢、解像度 1920 x 1200
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth2.1 + EDR
ポート類USB 2.0 x 3、Mini DisplayPort、FireWire、有線LAN、ExpressCard、SuperDrive、MagSafe 1
バッテリー容量
サイズ39.3 x 26.7 x 2.5cm、2.99kg
OSmacOS High Sierra

 

▼MacBook Pro 17インチ Mid 2010の最終OSは High Sierra。GPUが 512MB / 288MBと厳しく、GPUの自動切替時に瞬間的にカクツキがあるため、GeForce側に固定して使用しています。

 

▼Geekbench 5のシステム情報。CPU不明の半ジャンクでしたが、Core i5-540Mではなく、Core i7-620Mを搭載。

 

▼ディスプレイは非光沢の解像度 1920 x 1200。やや視野角は狭いですが、明るさは良好。17インチのFHDのため、15.4インチ Retinaと比較すると多少粗いのですが、24インチクラスのFHDよりも粗さが目立たず許容範囲です。

 

▲▼HDD未搭載でしたが、以下の256GB SSDを取り付け、High Sierraをインストールしています。

最安水準のSPD 2.5インチ SSD、Curcial SSDとのベンチマークスコア比較
古いMacに2.5インチ SSDを搭載するため、通販にて最安値クラス(256GBで 2,599円。2022年12月16日時点)の製品を購入。2.5インチ SSDを購入するのは久しぶりですが、安価なSSDはいかがなものかと、大手ブラン...

 

▲メモリは2GB搭載でしたが、手元にあった2GBを追加してもモッサリ気味のため、以下のメモリを購入し(2022年12月21日現在、Amazonでは 2,680円と安価です)、8GBとしました。なお、Mid 2010は8GBどまりとなり、16GBにできません。Late 2011では、Apple 公式では最大 8GBですが、16GBに増設できるようですね。

 

▼フリマの情報ではこちらの「?」の状態でしたが、単にHDDを未搭載、OS なしのためでした。17インチに限らず、2010 / 2011の中古のMacで画面が縞模様の場合には、GPUの半田クラックなどにより復旧困難の可能性大です。

▲▼GPUの課題もなく、難なくHigh Sierraのインストール完了。なお、壁紙は macOS Monterey 風のものを導入しています。

Macの壁紙の保存先と直近のmacOS 壁紙のダウンロードサイト、古いMacの壁紙を変更し気分一新
High Sierraどまりの古いMacなどに、CatalinaやBig Surの壁紙を導入する場合、新しいMacから壁紙のコピペやWeb サイトからダウンロードすることになります。今回は、その際に確認が必要となる「お使いのMacの...

 

▼ディスプレイが縞模様、GPUの半田クラックのMBAを購入し苦労した事例。ヒートガンでリフローして短期間 復旧するも、結局はマザーボードを交換しました。

MacBook Air 11のロジックボードをDIYで難なく交換。ポイントなどを整理してみた
ビープ音3回の起動しない状態から、ヒートガンのリフローにより一時は復旧したMacBook Air 11 mid 2011ですが、ビープ音3回が再発。再びリフローしても再発する状態であったため、本日 ヤフオクで安価にて購入したロジック...

ベンチマークスコア

Geekbech 5とCrystalDiskMarkのみですが、ベンチマークスコアを掲載します。古いMacを複数所有していますが、Geekbench 5 CPUベンチマークのスコアは、Core m3-6Y30を搭載のMacBook 12 Early 2016と同水準。

あるいは、最近のCPUでは、ノートPC向けのCeleron Gemini Lake N4100とJasper Lake N5100の中間あたりの水準です。この点において、あるいは体感レスポンスでも、Web サイトのブラウジングや記事編集程度では十分に使用できます。

 

▼引用したGemini Lake N4100 / Jasper Lake N5100など、レビューしたPCなどの Geekbench 5のベンチスコア の一覧はこちら。

PC 実機で計測、Geekbench CPU ベンチマークスコアの一覧、サクサクと動作するスコアの指標
これまで実機レビュー、あるいは紹介したWindows PC / Macのサイト内検索、私自身の参照用の位置づけとなりますが、私がPCのパフォーマンスを確認するうえで指標の一つとしている「Geekbench 5、CPU ベンチマークス...

 

▼所有する古いMacのうち、MacBook Pro 17インチ Mid 2010と同水準、あるいは低いベンチスコアとなるモデルのレビュー記事です。

 

▼Geekbench 5のスコア。

上から順に「MacBook Pro 17インチ Mid 2010」、「iMac 27インチ Mid 2010」、「MacBook Air 11インチ Mid 2011」、「MacBook 12インチ 2016モデル」。

 

「iMac 27インチ Mid 2010」、Core i3-550、2コア 4スレッドのスコア。ほぼ「MacBook Pro 17インチ Mid 2010」と同水準です。

 

「MacBook Air 11インチ Mid 2011」、Core i5-2467Mのスコア。体感レスポンスは「MacBook Pro 17インチ Mid 2010」が僅かによい。

 

「MacBook 12インチ 2016モデル」、Core m3-6Y30のスコア。こちらも「MacBook Pro 17インチ Mid 2010」と同水準と言えます。

 

▼2.5インチ SATA SSD 256GBのCrystalDiskMarkのスコアです。一般的なスコアの半分程度ですが、Mid 2010の場合、SATA IIIではなく、SATA IIでした。体感として大きな差はないのですが、このあたりのスコアが限界です。

体感レスポンス

体感レスポンスをWindows PCに例えると、ベンチマークスコアでの記載と同様に、ミニPCやノートPCに搭載のGemini Lake N4100とJasper Lake N5100の中間あたり。具体的には以下です。

  • M1 Macや第8世代以降のCore iシリーズと比較すると、さすがにキビキビ感はないものの、Web サイトのブラウジングや記事の編集、軽めの画像編集では普通に動作します。
  • MacBook Proの旧モデルとの比較では、こちらの記事で実機レビューの「MacBook Pro Retina 15 Late 2013」と比較すると、全般的に多少 緩慢な動きです。
  • 在宅勤務でのメールやWord、極端にデータや関数の多くないExcelなら、遅さを感じずに使用できる水準。
  • GPUが非力なためか、YouTubeの動画再生では稀に数秒のプチフリーズすることもあります。
  • SSDの接続が SATA IIのため、アプリの起動などが、SATA IIIと比較すると ごく僅かに遅いと感じることもあります。
  • GPUとSSDのボトルネックによるものか、Jasper Lake N5095 / N5100を搭載のWindows PCと比較すると、状況によってはキビキビ感に欠ける挙動を感じることもありますが、ライトユースでは許容範囲。

 

上記以外にWindowsのように突然のOS更新により、一時的にレスポンスが悪化することがないメリットもあります。

まとめ

中古としての詳しいレビュー記事は後日投稿しますが、ベンチマークスコアと体感レスポンスは、現行のモバイル向けのCeleron Jasper Lakeと前世代のGemini Lakeとの中間あたり、Macでは MacBook 12 2016モデルと同程度、もしくはごく僅かに及ばない程度。私としては、Web サイトのブラウジングや記事の編集などでは、十分に利用できます。

なお、中古で購入した目的としては、中古のMacを集めていることもありますが、17インチによる作業効率のアップを図るため。「MacBook Pro Retina 15 Late 2013」と比較すると、表示領域は広いのですが、非光沢・光沢の影響もあるかもしれませんが、文字がやや淡く感じます。この意味では、老眼の私にとって 作業効率のアップについては微妙な状況です。

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました