MacBook、ディスプレイ面のゴムの劣化の状況と交換用ゴムの販売事例

メジャーな旧型 ThinkPadやMacBookのパーツなら、何でも揃うと言っても過言ではない「AliExpress」。2021年4月に中古で購入した「MacBook Pro 15 Retina Late 2013」で困っているのが、ディスプレイ端のゴム・ラバーの劣化。AliExpressでは、このディスプレイ面のゴムも販売されています。私はDIYで交換する度胸がないために購入を見送っていますが、ゴムの劣化の状況と、参考までに販売されている製品の事例を記載します。

関連記事

MacBook Pro 15 Retina Late 2013、今更ながらの実機レビュー。第8世代 Core i3水準の体感と鮮やかな液晶で、まだまだ現役続行

スポンサーリンク

MacBook Pro 15 Retina Late 2013、ゴムの劣化の状況

上の写真はディスプレイ上部の拡大画像ですが、中央右のゴムが劣化し盛り上がったようになっています。私が調べた範囲では、これは加水分解によるもの。加水分解については、靴のソールでも発生するようですが、詳しくは以下の記事を参照ください。

靴のソールがボロボロ?加水分解って?

 

PCやスマホの加水分解による劣化の、私の事例としては、以下のLenovo ThinkPadの天板のまだら模様や、Nexus 5の背面のベタツキなどがあります(断定はできないのですが、加水分解によるものと推定)。ThinkPadで試してみましたが、加水分解に陥ると、アルコールや「激落ちくん」などを利用しても効果がありません。

ThinkPadの場合には、「べニアで拭くとよい」とのユーザーのコメントもありますが、上の写真のMacBookの場合には、劣化しボロボロになっているため、また、コーティングが剥がれやすいディスプレイ面への対応となり、安易に試すわけにはいきません。

ThinkPadの天板汚れ落としに「激落ちくん」を試してみた。綺麗になった事例と効果なしの事例
ThinkPadのピーチスキンの天板の掃除・油汚れなどの除去には「激落ちくん」が効果ありとする記事が多くあります。ThinkPad X220、X1 Carbon、T550と最近になって 3台の中古を購入した私ですが、うち、天板にやや...

 

さて、話がズレてしまいましたが、MacBook Pro 15 Retina Late 2013の、ゴムの劣化による実用面での課題は以下です。

  • ディスプレイを開けにくい。窪みの部分を爪や指で引っ掛けて開ける必要があります。
  • 数日間使用していない場合には、粘着の弱い両面テープで固定されているように開けづらい。
  • 中古で購入し、初めて使用する際には、ディスプレイを開くのに時間を要し、焦ったものです。

AliExpressで販売のディスプレイ面のゴム

上記の実用面での課題に対し、対応策としては、ディスプレイ面に小さなゴムを貼り付ける、マスキングテープを貼るなどがあります。ただし、この場合には ゴムやテープが剥がす際に、コーティングの剥がれが懸念されます。そこで検討したいのが、AliExpressにて安価で販売している、交換用のゴムを利用しての貼り換え。ただし、サイトや動画でのDIY事例が見つからず、リスクが不明なために保留状態です。

 

▼こちらはA1398(MacBook 15 Retina 2012-2016)にマッチする製品。多くのショップから販売されていますが、最も販売数の多い商品です。

A1398用 ラバー

 

▼こちらは複数のモデルから選択できます。他のショップでは同一モデルの10個セット販売もあります。

モデルを選択可能な事例

 

私としては、もうしばらく様子をみたうえで、ディスプレイ面のコーティングが剥がれてきた場合に、コーティング剥がしと同時にゴムの交換を試してみる予定でいます。

 

DIY
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました