価格が魅力のM2 Mac mini、M1 Mac ユーザーとしての購入の悩みどころ

M2 Pro あるいは M2 Max チップを搭載するMacBook Pro 14インチ / 16インチが発表されましたが、価格は288,800円(税込)からと普段使いのPCとしては手を出しにくい価格帯です。そこで私の興味は、M2 あるいは M 2 Pro チップを搭載し、最安構成は 84,800円(税込)となる Mac mini。

M1とM2では パフォーマンスが大きく向上するものではないものの、M1 MacBook Airを所有する私としては、購入しやすい価格帯の Mac miniに惹かれます。そこで今回は、M1 MacBook Air ユーザーからみた M2 Mac miniの魅力について記載します。

引用元

Apple 公式、M2 Mac mini

スポンサーリンク

M2 Mac miniの魅力

上の写真は現在利用中のCore i7-3615QM / メモリ 16GBを搭載のMac mini Late 2012、下の写真は M1 MacBook Airですが、その他 インテル MacのMacBook 12 / MacBook Pro 15 Retina Late 2013 / MacBook Pro 17 Mid 2010 / MacBook Air 11 Mid 2011を所有しています。

これらのうち、インテル Mac mini、M1 MacBook Air 比較での、M2 Mac miniの魅力について記載します。

 

▼Mac mini Late 2012とM1 MacBook Airの一部の記事はこちら。

Mac mini Late 2012 Core i7モデルの実機レビュー、2022年に中古購入も 普段使いでは まだまだ現役
中古で購入の「Mac mini Late 2012」を 約5ヶ月間 使用した範囲での実機レビュー記事です。購入したモデルは、CPUに4コア 8スレッドのCore i7-3615QM、メモリ 16GB、240GB + 1TBのFusi...
M1 MacBook AirをVenturaに更新、ベンチスコアをMontereyと比較してみた
M1 MacBook AirのOSを「Monterey」から「Ventura」に更新しました。「このMacについて」と「システム設定」の表示の変更に戸惑いを感じるなか、ベンチマークを走らせ「Monterey」「Big Sur」とのス...

最安構成は 84,800円と安価

M2 Pro あるいは M2 Max チップを搭載するMacBook Pro 14インチ / 16インチの価格は288,800円(税込)からと、一般的には購入をためらう価格帯ですが、M2 チップ / メモリ 8GB / SSD 256GBのM2 Mac miniは 84,800円(税込)と購入しやすい価格となり、これが最大の魅力です。

macOSとWindowsの相違はありますが、以下のAMD Ryzen 9 6900HXを搭載する上位のミニPC「MINISFORUM UM690」と同水準のコスパ度のように感じます。

MINISFORUM UM690がリリース、AMD Ryzen 9 6900HXとUSB4を搭載のハイエンドなミニPC
MINISFORUMよりハイエンドなミニPC「UM690」がリリースされました。CPUに 8コア 16スレッドのAMD Ryzen 9 6900HX、セット品のメモリは最大 64GB、SSDは高速なPCIe 4.0となり、理論上は最...

カスタマイズの価格事例

M2 チップの場合には メモリ 24GB / SSD 2TB、M2 Pro チップの場合には メモリ 32GB / SSD 8TBまで カスタマイズできます。M2とM2 Proでは メモリの帯域幅 100GB/s vs 200GB/sも大きな要素です。

私個人として バランスがよいのは黄色網掛の構成のように思います。M1 / M2 Macの場合、メモリ 8GBで仮にスワップしている場合にも、レスポンスに大きな影響はないのですが、私のM1 MacBook Airでは Chromeのタブを10個開けた状態で、残メモリが1GB台のために心許ない状況です。ただし、メモリ 8GBから16GBに変更すると、プラス 28,000円と割高感があり、やや悩ましくもあります。

 

▼M1 Macでは Palallels Desktopの仮想環境にて Windows 11を導入していますが、仮想環境では メモリ 8GBでは厳しく、16GB以上が望ましい。

M1 Mac Parallels 仮想環境のWindows 11 ベンチマーク、Geekbench 5のスコアはCore i7-1165G7相当。普段使いでは機敏に動作
先日、M1 MacBook AirのParalles Destop 仮想環境に、以前にインストールした Windows 10に加え、Windows 11をインストールしました。導入直後から快適に使用していますが、今回 Windows...

 

デザイン・サイズは インテル Mac miniと変わらず

Thunderbolt 4は、M2 チップでは2個、M2 Pro チップでは 4個搭載する M2 Mac mini。Thunderbolt 4から 最大 6K 解像度 60Hzの映像出力が可能です。

サイズは 19.7 x 19.7 x 3.58cmとなり、M1 Mac mini / インテル Mac miniとサイズが変わらないため、以下の記事で掲載のM1 Mac mini / インテル Mac mini向けの周辺機器を流用できることも大きなメリットです。

Mac mini ドッキングステーション、9製品の特徴。統一感重視のSatechi、PCIe SSD ・映像出力 2ポートを装備のQwiizlab など
Mac miniと統一感のあるデザインで、USBポートやSSDを増設可能な「Mac mini用のドッキングステーション」。国内外通販で多くの製品が販売されていますが、代表的な9製品について、その特徴を記載します。 USB 3....
Hagibis、Mac mini 縦置きスタンド レビュー、肉厚アルミでしっかりホールド、Mac miniとの色合いも見事にフィット
Mac miniの冷却対応とデスクの省スペース化のため、Hagibisの縦置きスタンドを購入しました。ダイヤモンドカット加工されたネジの側面も含めてアルミ製となり、シルバーのMac miniとの色合いのマッチングも上々で、購入して後...

 

▼Mac mini Late 2012の縦置きに利用している「Hagibis」のスタンド。M2 Mac miniでも利用できそうです。

悩ましいのは M1 / M2 チップのレスポンスの相違

M1 MacBook Airを所有する私は、M2 チップのMacBook Air / MacBook Proの購入はパスしました。その理由は、普段使いでは M1とM2に大きく体感できるほどのレスポンスの差がないこと。

 

上の画像は M1 MacBook AirのGeekbench 5 CPUベンチマークスコア、下の画像は同ベンチのM1 / M2 / M2 Proの比較です。普段使いに影響するシングルコアでは、M2とM2 Proが誤差で同スコア、M2はM1よりも2割増程度です。

購入すべきか検討中

M1 Macを所有する立場では、M2 MacBook Air / Proより安価な M2 Mac miniであるものの、購入すべきか悩ましいところ。

上記のベンチスコアの差では(いづれも高いスコアでもあり)、Web サイトのブラウジングや動画視聴・画像編集、在宅勤務でのExcelやAccessなどでは、体感できるほどのレスポンスの差はありません。このため、M2 チップのMacBook Air / Proはパスしましたが、MacBookよりも安価なMac miniとなると、今後の記事ネタとしても購入したい物欲に駆られます。

また、所有する M1 MacBook Airはメモリ 8GBですが、仮想環境でのWindows 11の操作や、今後の展開を検討している動画編集では メモリ 16GBのM2 Mac miniの購入もありと思い始めています。

引用元

Apple 公式、M2 Mac mini

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました