ALLDOCUBE Knote X、13.3型 Gemini Lake 2 in 1のスペックと特徴。メモリ 8GB、2K液晶でスペックは優位

ALLDOCUBEよりGemini Lake N4100を搭載する、Surface風の13.3インチ 2 in 1「Knote X」がリリースされています。同社のGemini Lake N4100を搭載する2 in 1としては、11.6インチの「Knote 5」が他社のGemini Lake搭載機種に先駆けて販売されていましたが、このKnote 5はディスプレイサイズから兄貴分と言える存在でしょう。今回はこのKnote Xのスペックと特徴のご紹介です。

 

関連記事

Surface風の11.6型 Gemeni Lake機 KNote 5が299.99ドルに。EZBook X1とのスペック比較も

スポンサーリンク

スペックと特徴

ALLDOCUBEも広告の見せ方が上手いですね。冒頭や見出し下の実機と思われる画像をみると、つい欲しくなります。

さて、そのスペックは以下となっています。

  • CPU Gemini Lake N4100
  • GPU Intel HD Graphics 600
  • メモリ :  8GB
  • ストレージ : 128GB  SSD
  • ディスプレイ : 13.3インチ、IPS、解像度 2560 ×1440、スタイラスペン サポート
  • バッテリー : 7.6V 5500mAh
  • サイズ : 333.3 × 204 × 10.2mm、重さ 1050g
  • Wi-Fi : 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
  • ポート類 : USB Type-C

 

販売中の他のGemini Lakeと比較して特徴となる箇所に黄色網掛けをしています。

  • 2560 ×1440の解像度は立派。同じくSurface風 2 in 1のChuwi CoreBookは1920 × 1080となっています。
  • イメージ画像を見る限りは、ベゼルが極端に太くはないのですが、幅は333mmとやや大きめ(13.3インチクラスでは320mm前後が多い)。
  • ポート類はUSB Type-Cのみとなり(断定はできないのですが、製品紹介・イメージ画像ではType-Cのみ)、マウスなどのUSB機器を接続のためにフルサイズのUSBポートが欲しいところ。

 

そのサイズやポートの構成、ディスプレイの解像度から、Gemini LakeのKnote 5よりも、Core M3-7Y30を搭載し13.3インチのKnote 8のスペックダウン版と言った方が適切のような感覚です。

ALLDOCUBE KNote 8 (GearBestサイト)
▼実機を見ないと何とも言えないのですが、イメージ画像では十分に明るい、キーボードのバックライト

▲キーボードは別売ですが、単体価格は56ドル。同じく13.3インチのKnote 8と共用のキーボードです。

 

▼変則的なキーもなく、13.3インチ用のキーボードであるためタイピングに問題はないでしょう。ただし、キーボードは実際にタイプしてみないとわからないのですが。

 

▼左側面のポート類。Knote 8も含め、USB Type-Cのみであるのが惜しい。マウス接続にはBluetoothもできるのですが、安定度から言えばUSBポートよりUSB接続のマウスを使用したいものです。

 

▼ディスプレイには、よりクリアで明るいマジックカラーパネルを搭載とあり、ディスプレイの表示品質も一つの特徴としているようです。

まとめ

高解像度のディスプレイにメモリ 8GBと他の3万円前後のGemini Lakeノートと比較すると、スペック的には優位であり、価格的にも妥当な価格(コスパ度はまずますとの意味で)なのですが、やはりUSB Type-Cのみであるのが惜しまれます。

また、ALLDOCUBEのGemini Lake機としては、Knote 5、Knote XとSurface風の2 in 1のみですが、Knote 5のコスパ度が高いため同クラスのクラムシェルノートのリリースが望まれます。

 

ALLDOCUBE Knote X (AliExpress サイト)

 

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント