Jumper EZBook A5、Atom Z8350搭載 約23,000円の14型ノートが新登場

Jumperからリリースされた14インチ Windows 10 ノートのEZBook A5。CPUにAtom Z8350、メモリ 4GB、ストレージ 64GB eMMCを搭載しています。スペック的には2015~2016年に多く販売されたエントリークラスとなりますが、GearBestでの2019年10月23日時点の価格は209.99ドル(約23,000円)。スペックを抑えて低価格をアピールする製品のようです。CPUは異なりますが、中国ブランドの14インチ PCとしては、スペック・サイズ的にChuwi HeroBookと競合します。今回はこのJumper EZBook A5のスペックと特徴をお伝えします。

スポンサーリンク

Jumper EZBook A5のスペック

なぜ今 Atom Z8350なのかとの疑問もありますが、スペックを抑えて低価格とし、サブPCとしての購入者層を増やそうとの意図かと思われます。ただし、スペックはエントリーながらも、外観とデザインにおいては昨今の傾向をおさえた製品です。

 

  • CPU : Intel Atom X5-Z8350
  • GPU : Intel HD Graphics 400
  • メモリ : 4GB DDR3
  • ストレージ : 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 14インチ、解像度 1920 x 1080
  • WiFi : 2.4GHz
  • Bluetooth : 4.0
  • フロントカメラ : 2百万画素
  • ポート類 : USB 3.0、USB 2.0、Mini HDMI
  • サイズ : 32.00 x 21.00 x 1.50 cm、1.25kg
  • OS: Windows 10 Home

 

約23,000円のPCとなるため、CPU以外でも以下などにコストカットの痕跡が見られます。

  • ストレージは64GB eMMCで固定となり、M.2 SSDは増設できず。Atom Z8350のSoCでは、M.2 SSDは増設できないためにやむを得ず。
  • WiFiはデュアルバンド未対応。
  • ボディはプラスチック製(Metalとの記載がないために、プラスチック製と推察)
  • 留意したいのが、ディスプレイがIPSパネルか否か。製品紹介にIPSとの記載がなく、視野角の狭いTNパネルの可能性もあります。

 

なお、Atom Z8350、メモリ 4GB搭載のWindows ノートの使用感は以下です。

  • Jumper EZBook X3などに搭載の、エントリーCPUのApollo Lake N3350と比較しても、Webサイトの表示がやや遅延。ただし、耐えきれない遅さではなく、サブ運用なら許容範囲。
  • Apollo Lake N3350クラスも同様ですが、Windows 10の更新処理やGoogle Chromeを使用時には、CPU使用率が100%となる時間が多く、モッサリ感あり。
  • 高速タイピング時には、タイピングから文字反映が僅かに遅延することもあります。

 

▼Jumper EZBook A5と同じく、Atom Z8350、メモリ 4GBのWindows ノートの実機レビュー記事はこちら。

AIWO 737A2 実機外観レビュー、一部プラ製なるもEZBook 3 Proとほぼ同じボディで質感高し
2017年度の一時期、Jumper EZBook 3 Proを上回るほどに海外通販サイトのTwitterに登場していたYEPO 737A。最近、これと同一モデルとなるAIWO 737Aの通販サイトでの露出度が高くなっていますが、Z8...

外観、デザイン

スペック的には古さを感じるものですが、デザインは2018年度以降の傾向を踏まえたものです。外観はディスプレイの狭いベゼル幅を強調しており、上のイメージ画像は誇張しているとしても、少なくともベゼル幅が太く野暮ったい製品ではないでしょう。

 

▲キーの配置までは確認できませんが、白のキーに黒の印字と視認性には問題なさそうなキーボード。JumperのPCは特にシルバーのキーに白の印字とする製品が多く、この場合にはタイピング時のキーの視認性にやや難ありです。

▲▼シルバーのキーに白の印字のキーボードの事例はこちら。

EZBook X4、使用5日間で再認識の上質で打鍵感のよいキーボード
Jumper EZBook X4 IPS版を使い始めて5日ほどになりますが、当初以上に良い出来に感じているのがキーボードのタイピング感。角度・照明の当たり具合によってはキーの文字の視認性がよくないのですが、それを補って余りあるタイピ...

 

▼一般的な14インチとしては軽めな1.25Kg。Atom Z8350の場合、マザーボードの面積は大きくないため、軽量化に貢献します。

 

▼両サイドのUSBポートにMini HDMIと適切なポート類。サイドは下に向かって絞り込まれており、1.5cmの厚み以上に薄く感じます。

まとめ

Atom Z8350を搭載することにより、約23,000円の低価格を実現したJumper EZBook A5。中国新興ブランドの製品で、スペック、価格的に競合するのはChuwi HeroBook。HeroBookは、M.2 SSDを増設でき、ディスプレイはIPSパネル、横幅いっぱいに広がるキーボードを含めたデザインもよいために、全般的にはHeroBookが優位との認識。ただし、2万円台前半の14インチノートとしては、Jumper EZBook A5も候補となることには間違いありません。

 

▼2019年10月23日時点のGearBestでの価格は209.99ドル(約23,000円)

Gearbest Jumper EZbook A5
Jumper EZbook A5

 

▼競合するChuwi HeroBookの個別記事はこちら

Chuwi HeroBook、Atom E8000搭載の14型省電力ノートのスペックと特徴
Chuwi 公式サイトに、Atom X5 E8100を搭載する「Chuwi HeroBook」が公開されています。14.1インチにAtom X5 E8000を搭載し、これまでのApollo Lake / Gemini Lakeのライ...

▼こちらはEZbook A5と同時期にリリースのEZBook X3 Pro。価格差は100ドルありますが、こちらはメイン利用もできるスペックです。

Jumer EZBook X3 Proがリリース。Gemini Lake N4100を搭載し人気のX3をスペックアップ
Jumperより13.3インチの EZBook X3 Pro、および14インチの EZBook A5がリリースされています。EZBook A5はAtom Z8350を搭載し詳細は別記事としますが、EZBook X3 ProはGemi...

 

コメント