EZPad Go、EZBook X3などが海外通販より安い、AmazonのJumper製品をピックアップ(2019年5月版)

Jumper製のコスパの高いPCを紹介する場合、これまでは海外通販サイトの価格を引用していたのですが、Jumper 直営店がAmazonでの販売を開始していることにより、海外通販サイトよりもAmazonが安い現象が生じています。

今回はAmzaonで販売しているJumper製品のうち、海外通販サイトよりも安くかつ当サイトで紹介事例の現行機種をピックアップしました。

 

▼AmazonでのJumper 直営店の製品一覧はこちら。

Jumper製品一覧

EZBook 3 Pro

我が家の大学生がレポートの作成などで利用しているEZBook 3 Pro。2017年に発売の古い製品ですが、当時全盛の全面アルミ製となり(現在ではキーボード面のみプラスチック製の製品も多い)、現在でもその品質の高さには圧倒されます。

13.3インチ、Apollo Lake N3450、メモリ 6GB。ストレージは64GB eMMCですが、SSDを増設・換装できます。

▼レビュー記事は、以下をはじめ多数投稿しています。

Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足
2017年8月に、Apollo Lakeの13.3インチ ファンレスノートPCであるJumper EZBook 3 Proを購入して1年が経過。最近ではGemini LakeのミニPを使用することが多くなったのですが、この1年間で最...

▲▼増設・換装におすすめのSSDはこちら。安い割にはベンチマークスコアも高め。

M.2 SSD 240GBが3,899円、Amazonで購入のTCSunBow製 SSDのベンチマーク
SATA接続のM.2 SSD 240GBが、Amazonにて約4,000円(※)と安価で販売しており衝動買い。現在、受領待ちのノートPCのメインドライブとして使用する予定ですが、取り急ぎ 手持ちのPCに接続し、ベンチマークスコアを計...

EZbook X3

EZBook 3 Proと同じく、13.3インチのファンレスノート。CPUは3 Proよりも僅かに下位のApollo Lake N3350となりますが、一般的な使用ではそのレスポンスに大きな差はありません。メモリは6GB、ストレージは64GB eMMCであることも、3 Proと同じ仕様となり、SSDを増設、起動ドライブのSSD化可能です。

Jumperといえば、明るめのシルバーのボディ色の製品が多いのですが、EZBook X3のシックな色合いもよいものです。

 

▲▼個別紹介記事はこちら。

Jumper EZBook X3、N3350搭載の13.3型ノートはM.2 SSDも増設可能。これで2万円ちょいとコスパ度も高い
JumperからEZBook XシリーズのPCとしては、X1とX4が先行して販売されていますが、Apollo Lake N3350を搭載する13.3インチノートのEZBook X3がリリースとなりました。 私はEZBook 3...

EZPad Go

11.6インチのSurface風 2 in 1のEZPad Go。同カテゴリーの中国メーカー製 2 in 1には、Chuwi UBook / PIPO W11 / ALLDOCUBE Knote Goがありますが、スペックと価格のバランスがよく(つまりはコスパが高い)、また、配色とデザインもよいのがEZPad Go。

Apollo Lake N3450、メモリ 4GB、SSD 128GBを搭載し、スタイラスペンとキーボードも付属しています。

 

▼レビューコメントに「バッテリーが30分しかもたない」とありますが、初期不良の製品にあたってしまったものと思います。他社製品で私も経験があるのですが、中国メーカーも初期不良の場合など、交換に応じてくれます。

▲▼個別記事はこちら

Jumper EZPad Go、11.6型 U型スタンドの本命 2 in 1が登場。PIPO W11、Chuwi UBookと三つ巴の状況に
JumperからU型のキックスタンドを持つ、11.6インチのWindows 10 2 in 1のEZPad Goがリリースされています。 同じく11.6インチのU型キックスタンドの2 in 1としては、Chuwi UBook、...

EZBook X4

14インチのApollo LakeノートであるEZBook X4。こちらはややコスパがよくないために参考程度です。というのも、発売当初はCPUで優位なGemini Lake N4100を搭載し、海外通販サイトでは3万円前後(私が所有するのはこのモデル)。ところが現在のバージョンは、Apollo Lake N3450相当のJ3455を搭載し、価格も高めに設定されています。

また、キーボードはシルバーに白の透かし文字(バックライトあり)と照明によっては視認性がわるく、私は以下のブラックのキーボードを購入しました。

AliExpressにEZBook X4のブラックキーボードを注文。パーツ適合の確認など、AliExpressの神対応に感心
私はサイト記事を編集する際に、Jumper EZBook X4を利用することも多いのですが、サクサクと動作し、タイピングも軽快である一方、デメリットがキーボードの印字の視認性がわるいこと。 このため、AliExpressにてブ...

 

▲▼個別記事はこちら。私が所有するのはCPUが異なるバージョンのため、外観のみのレビュー記事のリンクを貼っています。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...

まとめ

Amazonにて、Jumperの製品は多数ラインナップされていますが、EZBook 2など古い製品や、中古品も販売されていますので念のために留意ください。なお、11.6インチ YogaスタイルのEZBook X1もAmazonで販売されていたはずなのですが、2019年5月3日時点では見つからず。

 

コメント