Huawei Honor 10 liteのスペックと特徴、nova lite 3との比較

2018年11月にリリースされたHuawei Honor 10 lite。国内未発売のモデルとなりますが、Huawei nova lite 3の発売にあわせ、日本で人気のHuawei P20 liteとスペックを比較しつつ、Honor 10 liteの特徴を確認してみました。

 

関連するかもしれない記事

Kirin710搭載の6.3インチスマホ Huawei nova 3i、P20 liteとの比較

スポンサーリンク

Huawei Honor 10 liteのスペック

主要スペックを、nova lite 3、P20 lite、Honor 10と比較してみました。

※ Honor 10 liteは、Huawei公式サイトを参照すると、メモリは3GB / 4GB / 6GB、ストレージは32GB / 64GBがあるのですが、上表ではGearBestでの販売モデルの3GB / 64GBとしています。

※ LTE対応バンドは割愛していますが、国内未発売のHonor 10 liteはドコモのプラチナバンド B19には対応していません。

※ Honor 10 liteの顔認証の有無は未確認です。

 

主にnova lite 3と比較しつつのスペックの特徴は以下となります。スペック・サイズ感からも明らかなとおり、Honor 10 liteとnova lite 3はほぼ同じと言ってもよいでしょう。

CPU、SoC

Honor 10 lite / nova lite 3ともに、CPUはKirin 710を搭載していますが、その実力はいかがなものか。海外サイトからの引用では以下となります。

 

  • HKirin 710のAnTuTu ベンチマーク v7のスコアは、12万台後半から14万前後(Helio P60と同等水準)。私はスコア 10万越えで十分満足なのですが、普段使いならサクサクです。
  • 「普段使いならサクサク」と表現しましたが、海外サイト「Easy Read! Kirin 710 Vs Snapdragon 710 Vs Kirin 659」からの引用では、GPUはMali-G51を搭載いていますが、そのGPU ベンチマークスコアはSnapdragon 710、Helio P60に劣り、過度に負荷のかかるゲームでは厳しくなるでしょう。
  • 一方、AnTuTu ベンチマーク v7のスコアが8万台後半のKirin 659(P20 lite)と比較すると、CPU / GPU ともにスペックアップしています。単純なベンチマーク比較となりますが、上記リンク先記事(オリジナルはHuawei公式)では、「CPUパフォーマンスでは single-coreが75%アップ、multi-coreが68%アップ。GPUのMali-G51 MP4 GPUは、Kirin 659のMali-T830より、130%パワフル」としています。

 

▼上記で引用したHelio P60を搭載するUmidigi F1。レスポンスはよいものの、カメラの実写は赤味が強いとのコメントが散見されます。

UMIDIGI F1、Helio P60 / 5150mAhバッテリー搭載、Max Speed Max Power スマホのスペックと特徴
Amazonにて多数のスマホを販売しているUMIDIGIですが、その高いコスパと安定度により、Amazonでのレビューは他の中国メーカーのスマホと比較すると高評価のものが目立ちます。 そのUMIDIGIより、Hello P60...

 

ディスプレイ

ディスプレイはnova lite 3と同じく6.21インチ、解像度は2340 × 1080となっています。ノッチ部分を一般的な台形ではなく しずく型とすることにより、画面占有率を90%超に引き上げていることが大きな特徴。アスペクト比も19:9ではなく、19.5:9となっています。

なお、横幅は5.2インチクラスと表現しており、73.64mmの横幅で片手でも十分にホールドすることができます。

カメラ

Huawei公式サイトでは、その製品紹介の大半がカメラに関する事項となり、カメラの性能を大きくアピールしています。

 

 

▲▼フロントカメラは2400万画素のAIカメラを搭載し、自撮りの際には8種類の背景を感知し、リアルタイムで写真を最適化してくれます。また、「年齢、性別、肌の色合い」に応じてカスタマイズも可能なようです。

 

 

▼一方のリアカメラはF1.8の1300万画素と被写界深度測定用の200万画素の構成。立体感のある写真やボケ味のある写真を撮影することができます。また、22のカテゴリ―をリアルタイムで識別し最適化するAI認識を備えています。

WiFi、電源、その他

スペックでも記載していますが、Huawei Honor 10 liteはグローバルモデルであるため、ドコモのB19 プラチナバンドには未対応であるため注意が必要です。

また、nova lite 3ともに、WiFiは11a/acには未対応となり、電源はUSB Type-Cではなく、Micro USBとなります。このあたりは、エントリークラスとしてのlite版と通常版の差別化でしょうか。

まとめ

Huawei nova lite 3の海外版とも言えるHonor 10 lite。相違は国内版のnova liteはドコモのプラチナバンドに対応していること、Honor 10 liteはメモリ・ストレージのバリュエーションがあることですが、どちらもコスパが高いことには変わりなく、2万円台でレスポンス・カメラともにエントリークラス以上の機種を求める場合には購入候補となるでしょう。

 

▼GearBestでセール中のHonor 10 lite、メモリ  3GB / ストレージ 64GB版。2019年2月20日時点の価格は 229.99ドル (25,529円、送料無料)

Gearbest HUAWEI Honor 10 Lite
HUAWEI Honor 10 Lite

 

▼一方のHuawei nova lite 3のメモリ 3GB / ストレージ 32GB版のAmazon OCNモバイル版の価格は24,624円

コメント