GPD MicroPCがクーポン価格 42,935円に。Gemini Lake搭載でミニPCとしても利用可能

産業用小型PCとの名目で販売されているGPD MicroPC。6インチの小さなディスプレイに、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 128GBと、隙間時間のちょっとした作業はもちろんのこと、ミニPCやデスクトップ代替としても使用できるUMPCです。

Amazonや国内代理店でも販売され、レビュー記事もチラホラと出始めていますが、海外通販サイトではより安価で販売されています。そこで今回はあらためて GPD MicroPCのスペックと特徴を確認してみました。

スポンサーリンク

GPD MicroPCのスペック

産業用小型PCとの名目のため、本来はスペック云々を詳細に語るべきPCでないかもしれませんが、以下のとおりミニPCとしても十分に通用するスペックとなっています。

CPUGemini Lake N4100、4コア 4スレッド、最大 2.4GHz
GPUlntel UHD Graphics 600
メモリ8GB DDR4
ストレージ128GB M.2 SSD 2242サイズ
ディスプレイ6インチ、IPS、Gorilla Glass 4、解像度 1280×720、タッチパネル
WiFi11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.2
ポート類USB 3.0 x 3、USB Type-C、HDMI、有線LAN、RS-232
その他機能バックライト付きキーボード、タッチパッドスクロールホイール左右ボタンファン ON / OFF キー
バッテリー3100mAh x 2
OSWindows 10 Pro
サイズ153 x 113 x 23.5mm、440g

 

6インチと小型ながらも、あるいは6インチだからこそと言ったほうが適切かもしれませんが、黄色網掛の通り見所満載です。

  • 私がメイン利用しているノートPCは、当製品と同じくGemini Lake N4100ですが、Webサイト閲覧やサイト記事編集ではサクサクと動作し、ライトユースでのレスポンスへの懸念は全く無用です。
  • Gemini Lake N4100の場合、メモリ 4GB搭載機が多いのですが、メモリ 8GB搭載していることは立派
  • 解像度は1280×720と低いのですが、6インチで高解像度としても視認性には大きく影響しないため、十分でしょう。
  • 6インチの場合、どうしてもタイピングや操作が厳しくなりますが、それを補うべく、タッチパッド、スクロールホイール、左右ボタンを備えることで利便性の向上を図っています。
  • 産業用小型PCだからこそですが、このサイズ・価格でWindows 10 Proを搭載していることは特筆すべき大きなメリット。
  • 横幅 153mmは、手元にあるiPhone XS Maxや6.3インチのAndroid スマホと同サイズ。このサイズでディスプレイ付きのPCとは立派すぎます。

 

正直なところ、それほどGPD MicroPCに興味がなかった私ですが、こうして記事を編集しているうちに、ジワジワと物欲が沸いてきました。

外出先での隙間時間にどうしてもWindowsでサイト記事編集を行う必要性もあり、その際にはSurface Goを使用しているのですが、このGPD MicroPCなら(タイピング環境はさておき)ちょっと重ためのスマホ感覚で持ち運び可能ですね。

 

▼Surface Go繋がりで面白いのが、海外通販サイト「Tom Top」では、そのスペックをSurface Goと比較していること。本格的なPCとしてはSurface Goの利便性が高いのは当然として、スペック表に記載の事項のみをみるとディスプレイサイズに起因すること以外では大きな差はありません(細かくは、SSDの接続方式が異なります。SATAのMicroPCに対して、Surface Goの128GB版はPCIe)。

▲▼こちらはSurface Goの実機レビュー

Surface Go レビュー、1ヵ月利用の使用感。普段使いではサクサク動作、キーボードも快適で10型では最高の携帯端末
Surface Goを使い始めて1ヵ月。毎日、通勤時に持ち運び、通勤電車内、あるいは昼休みに利用しています。これまで、10インチクラスの端末としては、iPad、Chormebook、他のWindows 10 PCを使ってきましたが、...

 

▼こちらはMicroPCと同じく、Gemini Lake N4100を搭載するPCの実機レビュー。

Chuwi LapBook SE レビュー、3万円の価格以上の質感・使い勝手のよさは国内製品を軽く凌駕
Chuwi LapBook SEを使用して10日ほど経過しましたので、全般的な使用感について記載します。概要としては、13.3インチとしてはやや重いものの、高い質感の外観にGemini Lakeのレスポンスのよさ、大きなキーボードに...
Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー
Gemini Lake N4100を搭載する、ファンレスの14インチノートのJumper EZBook X4。前回の記事「Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い...

外観と機能性

続いて、外観と機能性について記載します。外装においては、耐衝撃航空レベルのABS合成樹脂LG-DOW 121Hを採用しているとのこと。厚みは23.5mmもあるため、かなりの剛性があり頑丈なことでしょう。

 

▲左上にあるスクロールホイール・左右ボタンと、右上のタッチパッドの位置は「これこそベスト」と思える箇所にあります。iPadやAnroidタブレットでも欲しい機能ですね(iOSはマウス・タッチパッドに未対応ですが)。

一方のキーボードは、極端に変則的なキー配置はないように感じますが、6インチサイズで快適なタイピングはそもそも無理なため、ここはとやかく記載すべきではないために省略。

 

▼携帯用のDVDプレイヤーにも思えるスタイルです。

 

▲▼ずんぐり感のあるボディですが、背面にあるポート類をみると、これ以上薄くするのは困難で、薄くすることにより冷却にも影響を与えてしまいそうです。

また、ポート類が両サイドに多くあると、ゲーブルの取り回しで苦労しそうなため、後方にポート類が多数あることは正解でしょうね。

 

▼RS-232ポートがあるのは産業用ならでは。6インチの小さく薄いボディに、ミニPC並みの拡張性とは恐れ入ります。

 

▲▼発熱量が少なめなGemni Lake N4100ですが、小さなボディで冷却効果を高めるためにCPUファンが備わっています。となると気がかりはファン音ですが、ファンのオンオフボタンがついているのはありがたい。

まとめ、価格情報

GPD Pocket、One Mix、Chuwi MiniBookなどの7~8インチクラスとなると、どうしてもタイピング環境が気になるのですが、6インチのGPD MicroPCの場合には、(少なくとも私は)キーボードは補助程度と割り切っているために、ミニPC的な使い方として、あるいは外出時の補助的な使用としてのGPD MicroPCの利用価値は大きいとの感覚です。

気になる価格はAmazonでは49,466円の価格となっていますが、Tom Topでは文末のとおり、送料無料の42,935円に。ただし、個数限定(全世界で450個)です。

 

▲▼こちらはTom Topでの価格情報。通常のセール価格は46,778円となっていますが、クーポン「QQNML」の利用により、送料無料の42,935円(換算レートにより多少の変動あり)。クーポン適用前の価格は上と下の画像で異なっていますが、通常セールとクーポンの併用はできないようです。

 

One Mix, GPD
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント