Amazonより断然安い One Mix 3 ProにMagic-Ben MAG1、Geekbuyingの新春セール情報

Geekbuyingで展開中の2020年 新春セール。Geekbuyingでは、One MixやMagic-BenなどのUMPCを他サイトよりも早く、そして安定して低価格で販売しています。今回のセール情報はUMPCとGeekbuyingで積極展開のVORKEの製品をメインにお伝えします。

 

▼会場はこちら

新春セール、総合会場

スマホ、パソコン会場

One Mix 3 Pro 日本語キーボード版

8.4インチのボディに、Core i5-10210Y、メモリ 16GB、512GB PCIe SSDを詰め込んだ One Mix 3 Pro。UMPCにここまでのハイスペックは必要か?と思いたくなるほどに高性能です。さらには、Core i7 10510Yを搭載のKoi Limited Edition(錦鯉限定版)も予約販売されていますが、価格差がかなりあり、また、配色的にも私としては通常版のOne Mix 3 Proが断然おすすめ。

今回紹介するのは日本語キーボード版となりますが、キーボードのキーの配置などは、以下の錦鯉限定版のレイアウトを参照ください。

▲▼キーボードも含めた関連記事はこちら

 

正直ベースな懸念としては、私が短期間使用していた One Mix 2Sも含め、Amazonのレビューにもありますが、One Mixシリーズでは、バッテリーが充電しなくなり、起動できない初期不良が散見されること。あくまでごく稀な個体差だと思いますが。

 

▼2020年1月3日時点の日本語キーボード版の価格は、送料無料の989.99ドル。日本円換算では 111,663 円。Amazonの5%オフクーポン適用後の価格よりも約1万円安くなっています。

One Mix 3 Pro 日本語キーボード版

Magic-Ben MAG1

私はUMPCとして、より安価なCHUWI MiniBookを購入したのですが、購入時に候補としていたのがMagic-Ben MAG1。One MixやMiniBookのようなYOGAスタイルではなく、通常のクラムシェル型の8.9インチとなりますが、CPUにCore m3-8100Yを搭載するのは他のUMPCと同様。後発だけあり、ベゼル幅の狭さなどのデザインも洗練されています。

 

▼ディスプレイはもちろんタッチパネルですが、小さいながらもタッチパッドも装備されています。

 

▼他のUMPCにない大きな特徴の一つが、M.2の空きスロットがあり、SSDのほか、4G LTEにも対応できること。これにより、WiFi版と4G LTE版が販売されているのですが、WiFi版でもユーザー側でLTE化できるかも。

 

▼最小構成のメモリ 8GB、SSD 256GB、WiFi版は629.99ドル。Banggoodとほぼ同価格です。送料無料の場合には配送に期間を要すため、約8ドル追加して JP Priority Lineを選択したほうが無難です。

メモリ 8GB、SSD 256GB、WiFi版

 

▼製品紹介記事はこちら

Magic-Ben MAG1、8.9型 Core m3-8100Y 搭載のUMPCに新たな製品が登場
8インチクラスのUMPCに、新たにMagic-Ben社のMAG1が登場です。8.9インチのクラムシェル型PCですが、Core m3-8100Y、メモリ 8GB / 16GB、PCIe SSD 256GB / 512GBと、GPD P...
8.9型UMPC「Magic-Ben MAG1」、LTEモデル/Wi-Fiモデルを選択可能に
8.9インチ、Core m3-8100Yを搭載するUMPC「Magic-Ben MAG1」に4G LTEモデルが登場です。One Mix、GPD Pocket 2 Max、Chuwi MiniBook、Falconと競合製品の多い8...

Amazfit GTR 47mm

質感高く、驚異のバッテリー持ちのAmazfit GTR 47mm。これまでは日本語対応していないことがデメリットでしたが、ファームウェアアップデートにより、ついに日本語対応となりました。Xiaomi関連企業の製品である安心感とともに、Bluetooth接続のスマートウォッチとしては最強です。詳細、実機レビュー記事は以下を参照ください。

Amazfit GTR 実機レビュー、GPSオフで約60日の持続時間と視認性抜群の液晶で、 魅力満載のスマートウォッチ。ついに日本語対応も
明るく綺麗なスクリーンと驚異的なバッテリー持続時間が大きな特徴のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47MM」。Xiaomi関連企業の製品であるため、質感の高さと140ドル前後のコスパの高さも大きなメリット。 このAma...
ついにきた、Amazfit GTRが日本語対応に。ファームウェアの更新で即日本語化
2019年12月28日現在、ついに、Amazfit GTR 47mmが日本語対応となりました。Amazfitの他のスマートウォッチにおいても、Amazfit アプリと本体のファームウェアのアップデートにより、日本語表示可能と思います...

 

Geekbuyingでは、139.88ドルと他サイトの最安値にスクリーンプロテクターが付くことにより、他サイトより優位に。

▲▼競合するのは、約110ドルで販売のAmazfit GTR Lite

Amazfit GTR Lite、GTR 47mmの基本スペックを維持、109.99ドルで新登場。待望の日本語にも対応
Xiaomi関連のXiaomi Ecosystem Productが手掛け、海外で大人気のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47mm」。このライトバージョンとなる「Amazfit GTR Lite 47mm」がリリースです。...

VORKE Notebook 15

Geekbuyingでのほぼ独自展開となるVORKE。コスパの高いミニPCを多く販売していますが、こちらのNotebook 15もコスパ最強クラス。15.6インチのIPSパネルにアルミ製ボディ、CPUは第8世代のCore i5-8250U、メモリ 8GB、SSD 256GBにして、その価格は489.99ドル。

 

VORKE Notebook 15

▼製品紹介記事はこちら

Core i5-8250U搭載 15.6型 Win 10 PCが約53,000円でVORKEよりリリース。安価でもボディは金属製
Geekbuyingで展開している VORKEより、金属製ボディにCore i5-8250Uを搭載する15.6インチ Windows 10 ノートがプレオーダーとなっています。スペック的にはハイエンドでよくあるパターンですが、コスパ...

 

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました