Gemini LakeのEZBook X4が出荷後いきなり299.99ドルに。SSD搭載でコスパ度高し

Gemni Lake N4100を搭載する14インチノート「Jumper EZBook X4」がいよいよ出荷開始です。2018年5月12日の紹介時には536.9ドルだった価格も、GearBest では今や299.99ドル。しかも、初回オーダー100個限定ですが、USBマウスとUSBハブが付いています。

出荷直後のセールかと思われますが、EZBook 3 Proの購入を検討していた方にとっても、十分に狙える価格帯ではないでしょうか。また、eMMCではなく、128GB SSDを搭載してこの価格のため、EZBook 3 Proよりもコスパは高いような感覚です(ただし、TNパネルですが)。

GearBestサイトのイメージ写真も更新、動画もアップされていますので、再度のご紹介です。

 

2018年9月2日追記。GearbestサイトにてEZBook X4のIPSパネル版が279.99ドルにて販売しています当記事は古い情報であるため、文末の価格情報、あるいは以下の記事を参照ください

Gemini LakeのEZBook X4が出荷後いきなり299.99ドルに。SSD搭載でコスパ度高し
Gemni Lake N4100を搭載する14インチノート「Jumper EZBook X4」がいよいよ出荷開始です。2018年5月12日の紹介時には536.9ドルだった価格も、GearBest では今や299.99ドル。しかも、初...

 

関連記事

Jumper EZbook X4、Gemini Lake N4100搭載の14型アルミ製PCの概要を確認してみた

スポンサーリンク

EZBook X4のスペックと留意事項

スペックにおいては、同じくJumperのEZBook 3 Pro、3 Plusを比較しています。

CPUはそれぞれ異なり、過去記事においてもスペックを概説していますので、ここでは基本スペックのコメントは割愛。EZBook X4で留意いただきたいのは、メリット・デメリットを含め以下の事項です。

  • メモリは4GB。一般的な使い方でメモリ6GB/8GBも消費することはないのですが、DDR4メモリが高価なため、他社のGemini Lake端末も含めメモリ搭載量は4GBが一般的になっています。
  • ディスプレイはIPSではなくTNパネル。 同じく14インチのJumper EZBook LもしくはPlusでは、「仕様上はTNパネルとしながらも製品を受領してみるとIPSパネルだった」との海外ユーザー情報もあるようです。TNパネルかIPSパネルかは受領するまでわからない、くじ引きのようなものですが、同様の状況を期待する声もあります。
  • キーボードではJumper初のバックライト機能付き。キーボードのキーがシルバーであることも、Jumperの製品としては新鮮です。なお、ボディはもちろんアルミ製。
  • 299.99ドルの価格は初出荷の記念セールと思われますが、冒頭のとおり、この価格で128GBのSSD搭載ですので、セール時には230ドルほどのEZBook 3 Proとコスパは同等以上との認識です。ただし、TNパネルですが。

 

製品動画にみる質感など

▲こちらはGearBest製品ページにある実機の動画。あまり多くを確認できないのですが、認識できる範囲でのコメントです。

  • 他のアルミ製ボディのJumper製PCと同様に質感はいいですね。また、ベゼル幅も十分に狭い。
  • 視野角、ディスプレイの映像をみると、やはりTNパネルか。
  • キーボードの質感は、EZBook 3 Proよりもよい。キーボードの造りは以下のリンク先のChuwi Lapbook Airに似ているようなイメージ。
  • EZBook 3L / 3 Plusと同様の大きなシルバーのタッチパッドで、キーボードの色調と統一感あり。

 

▼キーボードはChuwi Lapbook Airの造りに近いイメージ。

実機でみる、Chuwi Lapbook Air、MacBook Airの外観・質感の比較
Chuwi Laptop Air、Jumper EZBook、T-bao Tbook Airなど、デザインのみならずネーミングまでMacBook Airを意識している中国製のノートPC。その意気込みのとおり、本家本元のMacBook...

▼全体の醸し出す質感はEZBook 3 Proより上とみています。やはり、EZBook 3 Proではコストカットの形跡のあるキーボード・タッチパッドの質感がよいです。

Jumper EZBook 3 Pro レスポンス / 使用感のレビュー、これで2万円台とは驚愕のコスパの高さ
Jumper EZBook 3 Pro関連の記事が続きますが、利用を始めて1週間経ったところで、レスポンス・使い勝手等のレビューです。ちなみに、私は既にSSDに換装していますので、ストレージ関連のレスポンス等は参考情報です。 ...

 

▲HDMIポートはまさかのmicro HDMI。端子が大きいほうがしっかりと接続できるため、ここはmini HDMIがよかった。

まとめ

過去記事にて、EZBook X4は紹介済であるため、プラスアルファの情報でした。今回の299.99ドルの販売は出荷セールと思われ、セール時などにはこの価格が基準になってくると思われます。とした場合に、Gemini Lake・128GBのSSDを搭載したうえでのこの価格はかなりのコスパ度。ただし、何度も掲載のとおりTNパネルとなり、この影響が今後の売れ行きにどう影響するものか、海外サイトをメインに注視したく思います。

 

▼Jumper EZBook X4 IPSパネル版の価格情報(2018年9月19日時点)。TNパネル版とIPSパネル版の双方が流通していますが、おすすめはIPSパネル版です。
Gearbest JUMPER EZbook X4 (IPSパネル版)
JUMPER EZbook X4 (IPSパネル版)

Win 10 製品情報セール情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Win And I net

コメント