今でも魅力度大の EZbook 6S Proのスペックと特徴。キーボード付が229.99ドルに(1/4時点、期間限定)

スポンサーリンク

当サイトにて継続してアクセスがあるのが、Jumper EZpad 6シリーズの記事。古めの機種となりますが、発売当時に流行していたデュアルOSではなく、WindowsのシングルOSと11.6インチのサイズ感、古い機種であることもあり値ごろ感に興味をひくものがあるのだろうと思います。

このEZpad 6 シリーズのうち、6S Proのキーボード付がGearBestにて 229.99ドルで販売されていますので、今回はあらためてスペックと特徴について記載します。

スポンサーリンク

EZpad 6 Proのスペックと特徴

私はChuwi Hi10 Proを購入する際に、EZpad 6シリーズと迷ったものです。結果として、価格優先でHi10 Proとしたのですが、今なお、EZpad 6シリーズには惹かれるものがあります。

EZpad 6S Proの場合、その惹かれるポイントは以下です。

 

  • 10インチクラスの2 in 1が多いなか、11.6インチと大きめ。所有のあるいは操作したことのある端末との比較では(10.1インチのChuwi Hi10 Pro、11.6インチのJumper EZpad 6 PlusとWin 10使用のMacBook Air 11)、Windows 10を快適に操作できるのは11.6インチからとの認識です。
  • Jumper全般がそうなのですが、デュアルOSではなく、発売当時としては潔くWindows 10のシングルOSとしている。今となっては、デュアルOS機に搭載のAndroid 5.1では抵抗があります。
  • 当時のこのクラスでは、CPUにAtom Z8350を搭載する機種が多かったのですが、Apollo Lake N3450を搭載。
  • しかも、ストレージはeMMCとSSDのデュアル構成。このクラスの2 in 1でSSDS搭載は珍しい。

 

▼私がEZpad 6シリーズと迷った結果に購入したのが、こちらのChuwi Hi10 Pro。デュアルOSであったものをWindows 10のシングルOS化し、使用しています。キーボードのキーが硬めであることにやや難あり。

Chuwi Hi10 Pro 実機レビュー、国内格安ノート 辛口ランキング1位の製品よりもコスパ度は圧倒的
ついに到着したChuwi Hi10 Pro。多くの方のレビューから1年以上遅れての投稿となりますが、何回かに分けてレビューします。 Chuwi Hi10 Proの一つの特徴としては、WindowsとAndroidとのデュアルO...

 

では、続いて詳細スペックです。

  • CPU: Apllo Lake N3450
  • GPU: Intel HD Graphics 500
  • メモリ: 6GB
  • ストレージ: eMMC 64GB + SSD 64GB
  • ディスプレイ: 11.6インチ、タッチパネル、IPS、解像度 1920 x 1080
  • WiFi: 802.11b/g/n wireless internet
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類: USB 3.0、USB Type-CA、Micro USB、Micro HDMI
  • バッテリー: 4500mAh

 

▼ ポート類は、USB 3.0、USBType-C、Micro USB、Micro HDMIと全部入り。電源が専用アダプターではなく、USB Type-Cならよかったのですが。

 

▲ 他の2 in 1と同様に、ベゼルの太さが無骨な印象を与えますが、MacBook Air 11、ChrombookのASUS C101PAと比較すると許容範囲。

MBA 11 Mid 2011にBoot Campで導入したWin 10の使用感。心地よいレスポンス・タイピングなるも発熱の課題あり
ビープ音3回で起動しないMacBook Airを何とか自力で復旧し、しばらくMacOSで使用していましたが、Windows使いとして興味のあるのはBoot CampによるWindows 10の使用。同様の記事は巷にあふれていますが、...
ASUS C101PA、2週間使用後のレビューまとめ。小さなボディに魅力満載、どこでも持ち運びたくなるChromebook
ASUS C101PAを利用して2週間経過したところで、使用感などのレビューです。全般的には、価格・レスポンスのバランスのとれたものであり、10.1インチのコンパクトさ・軽さとディスプレイを開いて即利用できる速効性から、外出先での利...

 

まとめ

11.6インチクラスの中国メーカー製PCでは、Teclast F5とJumper EZBook X1が人気ですが、いまだに侮れないJumper EZbook 6シリーズ。なかでも、特にEZbook 6S Proと6 Plusが気になる存在です。

以下の記事で紹介のEZBook 6 Plusの使用感では、ライトユースでは十分なレスポンスであり、キーボードもタイピングしやすいものである一方、タッチパッドの追随性は今ひとつ。

11.6型 Celeron N3450搭載の2 in 1、Jumper EZPad 6 Plusの実機レビュー。10型よりもほどよい操作感
私はChuwi Hi10 Proを所有しているのですが、Hi10 Proを購入する際に比較検討したのがJumper EZPad 6シリーズ。なかでも魅力を感じたのが、Celeron N3450、メモリ6GBを搭載するEZpad 6 ...

 

▼GearBestでのEZpad 6S Proの価格情報。2018年1月4日時点ではキーボード付で229.99ドル。

Gearbest Jumper EZpad 6S Pro
Jumper EZpad 6S Pro

 

▼同価格帯の11.6インチでは、こちらのOnda Xiaoma 21もおすすめ。

Onda Xiaoma 21 1週間使用後の総括レビュー、モバイル用途としてはMBA 11よりも優位なファンレスノート
Apollo Lake N3450を搭載するファンレスノート「Onda Xiaoma 21」を使用して一週間になりますので、前回の外観・ベンチマークに続き、総括的なレビューを記載します。 全般的には質感も高く、12.5インチな...

 

コメント