Jumper EZBook 3 Proが久々セールの26,000円、MacBook Airの忠実なクローン機として今なお魅力

冒頭の画像は、上がMacBook Air 11、下がJumper EZBook 3 Proですが、MacBook Air 13の忠実なクローン機である Jumper EZBook 3 Proが、Banggoodにて久々にセール対象となっています。デザインや、デフォルトのストレージがeMMCであることなど(ユーザーでSSDに換装可能)、スペックとして多少古さも感じる製品ですが、全面アルミ製のボディなど、いまだに魅力なEZBook 3 Pro。

Jumper EZBook 3 Proの特徴、使用感

2017年〜2018年にかけて、私はこのEZBook 3 Proをメイン端末として利用していましたが、以降は我が家の大学生がレポート作成やWebサイト閲覧用として利用しています。13.3インチのIPSパネル、CPUはApollo Lake N3450、メモリ 6GB、ストレージは64GBあるいは128GBのeMMCとなりますが、その他の特徴や使用感は以下です。

  • ボディは全面アルミ製。2018年以降のPCは全面アルミ製としながらも、キーボード面のみプラスチック製の製品が多いのですが、本製品はMacBook Airと同様に全面アルミ製で質感はMacBook Airと遜色ありません。
  • ただし、キーボードのキーの質感はMacBook Airより劣り、安価な国産ノート並み。
  • デフォルトのストレージはeMMCですが、2242サイズのM.2 SSD (120GBの場合、Amazonでは3,000円台で販売しています)に簡単に換装可能。
  • Apollo Lake N3450の体感レスポンスは、Word、Excelでのレポート作成や、Webサイト閲覧では、第5世代以降のCore iシリーズなどの上位機と比較しない限りは、極端に遅いと感じることはありません。
  • 少なくとも、Atomを搭載するPCやJumper EZBook X3よりは、ワンランク上のレスポンスです。

 

▼キーボードのキーの質感はMacBook Airに劣るものの、それでも安価な国産ノートと同水準です。

 

▼古い記事ですが、詳細については以下の記事を参照ください。

2020/2/22時点のセール価格

2/28日を期限とする(期間延長になるように思います)Banngoodの価格は以下となります。Amazonでは約4万円と割高ですが、Banggoodでは1万円以上安くなっています(Amazonはどこよりも高いのですが)。

 

▼為替レートにより多少変動しますが、eMMC 64GB版の価格は 229.99ドル(26,021円)、128GB版は259.99ドル(29,415円)。2/28までですが、期間延長となるように思います。

Jumper EZBook 3 Pro、Banggood

 

▼EZBook 3 Proに取付可能な M.2 SSDは、240GBでも約3,900円と安価。

コメント

Banggood サマープライムセール

Banggoodでは 7/3よりサマープライムセールを開催中。7/9までは予告期間、 7/9-7/19までが予熱期間、7/21 午後5時から7/24 午後5時までが正式期間となります。

サマーブランドセール会場

▼関連記事はこちら
約9万円のOneGx1、Teclast F5とBMAX Y11が久々のセールに。Banggoodの最新クーポン情報
タイトルとURLをコピーしました