EaseUS Todo Backup Free 13でOSクローンを試すも、やはり無料版ではクローンに未対応

フリーソフトでのOSクローンができなくなり、しばらく経過しましたが、「EaseUS Todo Backup Free 13」がリリースされていましたので、Windows 10 PCのeMMCからSSDへのOSクローンを試してみました。結果としては、やはり無料版ではOSクローンは行えず、ライセンスを購入する必要があります。

関連記事

スポンサーリンク

EaseUS Todo Backup Free 13、無料版でのOSクローンは行えず

以下は、EaseUS Todo Backup Free 13 無料版でのOSクローンを試してみて、ライセンスを購入の画面に遷移した過程のスクショです。他のフリーソフトを試していませんが、2020年4月に試した際に各社横並びでOSクローンができなくなったように、他のフリーソフトも同様と思われます。

 

▼EaseUS Todo Backup Free 13のホーム画面。OSクローンは左のメニューの下から2番目ですが、アイコンにオレンジのマークのあるものは、有料版のみに対応しています。OSクローンはオレンジマークのため、ホーム画面で無料版では OSクローンに未対応であることがわかります。

 

▼無料版においても、OSクローンのターゲット元・ターゲット先の設定を行うことができます。

 

▼上の画像右下の「実行」を押下すると、以下のライセンス購入の画面となり、ここで無料版でのOSクローンの作業はストップです。

 

2021年2月11日では、SanDisk、Crucialなどの大手ブランドのSSDの場合には、各社が無料配布のクローンソフトを利用することができます(SanDisk,WD SSDのOSクローンに無料配布の「Acronis True Image」を試してみた。簡単ステップでクローン完了)。

あるは、以下のようなデュプリケーターを購入する手段もあります。ただし、デュプリケーターの場合、PCIe SSDには未対応であり、各種レビューを参照すると、ディスクのエラー回避や容量(クローン元 < クローン先)、相性などを精査する必要がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました