CloudReady(Chrome OS)をRAM 1GBのPCにインストールした使用感

先日の記事「ASUS C101PA、アルミ製ボディ・6コアCPU搭載 Chromebookの魅力」に記載しましたが、Chrome OSの軽快さと端末の携帯性から、ChromebookであるASUS C101PAに強烈に物欲がわいてきた私。

以前、2007年に発売のDell D430にてChromium OSをUSB起動したこともあるのですが、Chrome OSの軽快さを再確認するため、同端末にCloudReady(ChromiumをベースとしたOS)をハードディスクインストールし、その使用感を確認してみました。

なお、インストールした後に気がついたのですが、私のDell D430はメモリ1GB搭載であり、CloudReadyのシステム要件であるメモリ2GBをクリアしていないものでした。システム要件も満たしていないため、参考にもならないと思いますが。

関連記事

CloudReady(Chrome OS)のCore 2 Duo機 USBブートで感じた驚きのレスポンス

 

スポンサーリンク

Dell D430の概要

今回 CloudReadyをハードディスクインストールしたDell D430の概要は以下です。この端末にCloudReadyをシングルブート・クリーンインストールしました。なお、クリーンインストールの前は、Windows XPとZorin OS(Zorin OSのインストールでDell D430が快速仕様に劇的変化)とのデュアルブートでした。

  • CPUは Core 2 Duo U7600-1.2GHz
  • メモリ 1GB
  • GPUは Intel GM945 Express
  • 12.1インチディスプレイ 1280×800

 

しばらくD430を使用していなかったこともあり、メモリは2GBと思い込んでいたのですが1GBと少ないもの。ストレージはもちろんHDD。

本来は、ASUS T90Chi、Chuwi Hi10 ProでのWindowsとのデュアルブートをしたかったのですが、USBブートの段階で起動しなかったり(Hi10 Pro)、キーボードを認識せず(T90Chi)、深追いも面倒だったために断念。

また、Certified Model Finderに動作確認済のPCが列挙されており、ASUS T90Chi、Chuwi Hi10 Proともに世界的にはマイナー機種であり動作未確認端末。USBブートできた場合にも、HDDインストールでデュアルブートできる保証もないために見送りです。

なお、CloudReadyのインストールに際しては、以下の記事を参照しました。インストール方法は多くのサイトに記載があるため、ここでは割愛します。

 

CloudReadyのインストールと設定

 

メモリ1GB搭載機でのCloudReadyの使用感

全般的には、やはりメモリの少なさのために、タブの切り替え、設定画面の参照、テキスト入力など随所にひっかかりを感じます。ただし、タブ数・拡張機能などメモリ消費量を可能な限り少なくし使用すると、以下のとおり快適さの片鱗をうかがうことができます。

なお、以下の使用感は私のDell D430(メモリ1GB搭載機)のものであり、システム要件であるメモリ2GB以上の場合には、より快適となることでしょう。

 

  • 少なくとも、Chromeの起動、タブの切替、Webサイトの表示・スクロールなど、Windows XPよりははるかに快適です。
  • メモリ消費量が少ない状況での使用に限って言えば、テキスト入力もかなり快適。ただし、タブ切替時の検索バーへのテキスト入力時にはモタツキがあります。このモタツキとは、タイピング後にテキストが即反映されず、1,2秒の間をおいてから反映となるイメージ。
  • Chromebookをお使いの方からみると当然のことでしょうけど、Google Chromeの機能性はWindowsでの使用と何ら変わるものではありません。Windows PCにて、ほぼChromeのみを使用する私としては、Chromebookで十分との想いが強くなりました。
  • ストレージは遅いHDDですが、Google Chromeの立ち上がりは速く、SSD稼働のWindowsよりも快適なほど。
  • Dell D430単体の機能でみた場合、キーボードのショートカット(全てを試していません)、タッチパッド、トラックポイントも普通に機能しています。

 

まとめ

CloudReadyのシステム要件である「メモリ 2GB」を満たしていないDell D430にHDDインストールしましたが、やはりメモリ不足によるカクツキが随所にあります。

ただし、Windows XPよりはるかに快適であり、タブ数・拡張機能などを抑制した場合の使用においては、多くのサイトに記載のある快適性を垣間見ることができました。これにより、私的にはChromebook ASUS C101PAの購入に向けて大きく前進です。以下の記事のとおり、Chromebook ASUS C101PAのUSモデルを購入しました。

ASUS C101PA、2週間使用後のレビューまとめ。小さなボディに魅力満載、どこでも持ち運びたくなるChromebook
ASUS C101PAを利用して2週間経過したところで、使用感などのレビューです。全般的には、価格・レスポンスのバランスのとれたものであり、10.1インチのコンパクトさ・軽さとディスプレイを開いて即利用できる速効性から、外出先での利...

▽以下は日本仕様のC101PAです

 

関連記事

ASUS C101PA、アルミ製ボディ・6コアCPU搭載 Chromebookの魅力

CloudReady(Chrome OS)のCore 2 Duo機 USBブートで感じた驚きのレスポンス

これは快適! ノートPC Dell D430にChromium OSを試してみた

コメント