3K 解像度の13.5型 Core m3ノート、期待のCUBE KBookが正式販売。Chuwi AeroBookよりもコスパ度高し

3K 解像度の13.5インチ Windows 10 ノート「ALLDOCUBE KBook」がリリースです。同社の高解像度ノートとしては「Thinker」が2017年あたりから販売継続されているのですが、「KBook」は仕様の一部を変更し、価格を大幅に抑えて販売。仕様変更と言っても、CPUはCore m3-6Y30、メモリ 8GB、SSD 512GBと、基本スペックは充実しています。

 

GearBest 販売サイト 日本限定のクーポン情報は文末

KBook 特設会場

KBook 販売ページ

スポンサーリンク

ALLDOCUBE KBookのスペック

日本でのユーザーも多いALLDOCUBE Thinkerですが、600~700ドルの価格となり 購入を躊躇するものですが、一部の仕様を変更し大幅に価格を抑えたバージョンがKBook。大幅なスペックダウンではなく、以下のとおり 基本スペックは充実しています。

 

▼しっかりした比較表を作成していないのですが、()はThinkerのスペックです。また、「13.5型 3K液晶のCore m3ノート「ALLDOCUBE KBook」のスペックと特徴。Thinkerと同デザインで一部仕様を変更し新登場」も参照ください。

 

  • CPU : Intel Core m3-6Y30 (Core m3-7Y30)
  • GPU : Intel HD Graphics 515 (HD Graphics 615)
  • メモリ : 8GB (同)
  • ストレージ : SSD 512GB (256GB)
  • ディスプレイ : 13.5インチ、IPS、解像度 3000 x 2000 (同)
  • Bluetooth : 4.0 (同)
  • WiFi : 11 a/b/g/n/ac(同)
  • フロントカメラ : 1百万画素(2百万画素)
  • ポート類 : USB Type-C、USB 3.0 x 2 (同)
  • 指紋認証なし(あり)、ボディは全面アルミ製(同)
  • サイズ : 31.23 x 23.80 x 1.55 cm、1.5kg  (31.30 x 23.70 x 1.40 cm、1.6880 kg)

 

CPUは旧世代のCore m3となりますが、人気のChuwi AeroBookと同様にCore m3 6Y30を搭載し、Webサイト閲覧やオフィスソフトなどのライトユースにおいても、エントリー機に搭載されるGemini Lake / Apollo Lakeよりもサクサクと動作します。

Thinkerとの比較では、指紋認証がないことにCPUの変更程度におさまっており、全面アルミ製・解像度 3000 x 2000を維持しているのが大きな特徴。

以下の記事でも記載していますが、私は高解像度のWindows 10 ノートに魅せられており、一度 高解像度の液晶を経験すると、FHDクラスには戻れなくなります。

XIDU PhilPad、13.3型2.5K液晶 2in1の実機レビューまとめ。高解像度液晶の品質高くFHDを軽く凌駕
13.3インチのSurface風 2 in 1のXIDU PhilPad。システム情報とベンチマーク、外観のレビューに続き、使用感のレビューです。全般的には、2.5Kのディスプレイは、きめ細やかさ・発色・鮮やかさともに抜群で、手持ち...
13.3型 4K液晶にCore i7、PCIe SSDも搭載可能な格安ノート「m-Book J371」の実機レビュー
13.3インチに第8世代のCore i7、4Kの高解像度、PCIe SSDも選択可能なマウスコンピューターのm-Book J371。以前から高解像度のノートパソコンを使用してみたいとの想いがあり、メモリ 8GB、256GB SATA...

ALLDOCUBEの外観、機能性

2017年あたりから販売となっているThinkerのボディを流用しているためか、外観とキーボードなどはオーソドックスなWindows 10 ノート。ベゼル幅の狭さをアピールするのでもなく、横幅いっぱいに拡がるキーボードでもなく、普通の外観です。それでも、キーボード面をプラスチック製とする端末が多いなかで、全面アルミ製を継続していることは立派です。

 

最大の特徴となる 3000 x 2000の高解像度 IPSディスプレイは安心のパナソニック製

 

▼キーボード(バックライトなし)とタッチパッドはオーソドックスですが、ディスプレイが180°開閉することも特徴の一つ。

 

▼アスペクト比は3 : 2と通常よりも縦に長く、高解像度であることとあわせて Webサイトの閲覧、Excelなどの表計算ソフトで威力を発揮します。私としてはWordPressでのブログ記事編集の際に、通常のアスペクト比では縦が短く窮屈なのですが、このアスペクト比はありがたい。

 

▼13.5インチ アルミ製のKBookの重量は1.5kg。13.3インチのアルミ製の場合には 1.3~1.4kgが多いのですが、やや重たい部類です。厚みの15.45mmは標準的。

 

▼ポート類は、USB Type-CにUSB 3.0が2個。USB 3.0が両サイドにあるのはよいことです。

まとめ、価格情報

これまでALLDOCUBE Thinkerの購入を検討しつつも、その価格から購入をためらう方も多かったと思いますが(私もその一人です)、指紋認証とCPUなどのスペックダウンを最小限にし価格を大幅に抑えたKBookはかなりの魅力で、ALLDOCUBEの意欲作とも言えます。

スペック・価格帯として競合するのは、Chuwi AeroBookとJumper EZBook X4 Proですが、デザイン面ではAeroBookがやや優位であるものの、3K 液晶も含めた全般ではKBookが優勢です。

 

▼画像の価格 439.99ドルのところ、クーポン「HPGD08GBKBOOK」の利用により、399.99ドルに(2019年9月2日時点)。通常のセール価格から40ドルオフは大きいです。

Gearbest ALLDOCUBE KBook

ALLDOCUBE KBook
▼こちらは競合するChuwi AeroBook、Jumper EZBook X4 Proの個別記事あるいはレビュー記事。

待望のChuwi AeroBook、スリムなCore m3搭載機が正式販売に。魅力の4万円台でセール中
待望のChuwi AeroBookとLapBook Proが、AliExpressのChuwi オフィシャルストアにて同時に販売開始となっています。しかも、Chuwi もしくはAliExpressのAnniversary Saleと...
Jumper EZBook X4 Pro レビュー、10日間使用後のまとめ。軽快動作でタイピングも快適。TNパネルは慣れでカバー
Core i3-5005U、メモリ 8GBを搭載する14インチノートとしてリリースされた「Jumper EZBook X4 Pro」。Apollo Lake ノートのX4のPro バージョンとなりますが、サイト記事の編集などにて 1...

 

コメント