CHUWI Hi10 XRが発売、Gemini Lake N4120と従来機より僅かにスペックアップ。50ドルオフの価格情報も

CHUWIより、10インチのWindows 10 2 in 1タブレットの「Hi10 XR」がリリースされました。従来機のHi10 XはCPUにGemini Lake N4100を搭載していますが、Hi10 XRはGemni Lake N4120に僅かにスペックアップ。FHDのタッチパネル、メモリ 6GB、eMMC 128GBは変更ありません。ボディやキーボードの構成も、古くはAtom Z8350を搭載していた Hi10 Proの頃から変わらず。

関連記事

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善

スポンサーリンク

CHUWI Hi10 XRのスペックと特徴

Hi10 Xとの比較では、冒頭のとおりCPUのみ異なります。本体とキーボードとのセットでは1kg越えとなり、また、本体はHi10 Proの頃からほとんど変わらず(ボディ色とポート類が微妙に変更)、そろそろボディを刷新してほしいと思うのは、私のみではないと思います。

CPUGemini Lake (Celeron) N4120、4コア4スレッド
GPUIntel UHD Graphics 600
メモリ6GB DDR4
ストレージ128GB eMMC
ディスプレイ10.1インチ、IPS、タッチパネル、解像度 1920 x 1200
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth5.1
ポート類Micro HDMI、USB Type-C (電源、データ兼用)、Type-C (データ専用)
バッテリー容量26.6Wh / 7.6v 3500mAh
サイズ(本体)261.8 x 167.3 x 8.8mm、約600g
OSWindows 10 Home

 

CHUWI Hi10 X vs Surface Go、実機のベンチマーク比較。CPUスコアは同水準、価格は半値以下
私は10インチクラスの携帯用PCとしてSurface  Goを利用しているのですが、Gemini Lake N4100を搭載するCHUWI Hi10 Xの体感レスポンスは、Surface Goと同水準のような感覚です。以前、Surf...

▲上の記事に記載していますが、Hi10 Xに搭載のGemini Lake N4100のベンチマークスコアと体感レスポンスは、初代 Surface Goと同程度。Webサイト閲覧や軽めのオフィスソフトなら普通に動作します。

Hi10 XRに搭載のGemini Lake N4120は、N4100と体感できるほどの相違はありません。この意味では、Hi10 XRの発売によりHi10 Xの価格が下落した場合には、Hi10 Xも狙い目です。

 

▼こちらは所有するHi10 Xの写真ですが、ディスプレイはやや淡く感じるものの、綺麗なパネルです。惜しいのはキーボード。Hi10 / Hi10 Proの数年前(3年ほど前あたり)から変わらないのですが、タッチパッドが敏感すぎること(タイピング時に触れてしまい、思いがけない動作を招く。狙った箇所にフォーカスしづらい)がマイナスポイント。そろそろ仕様変更としてほしいものです。

 

▼ポート類もHi10 Xと変わらず。Micro HDMIをMini HDMIとすると、利便性がより高まるのですが。Micro HDMIでは、アダプター部分に大きな負荷がかかり、HDMI to Micro HDMIアダプターの場合には、負荷に耐え切れずに簡単に折れてしまいます。

まとめ、価格情報

僅かながらもCPUをスペックアップしたことはよいことですが、(繰り返しとなりますが)約3年程度、ボディやポート類、キーボードセットでの重量は変わらないため、そろそろ軽さを重視し、キーボードを変更したバージョンも欲しいところ。

CHUWI 日本サイトでは、11月2日までクーポンセールを行っており、クーポンコード「HI10XR」の利用により、50ドルオフの229ドルで販売中(本体のみ、キーボード、スタイラスペンは別売)。

AliExpress CHUWI 直営店でも販売されていますが、こちらはやや割高であり、セール待ちです。

 

▼Hi10 Xの実機レビューはこちら。

CHUWI Hi10 X、約4ヵ月の利用で感じたメリットとデメリット。レスポンスはよいがマイナスポイントもあり
CHUWI Hi10 Xを3月初旬より使用してから約4カ月経過しました。Hi10 Pro / AirのCPU Atom Z8350からGemini Lake N4100となり、レスポンスは大幅に向上。ただし、外観や機能は、設計の古い...
CHUWI Hi10 X 専用キーボード タイピング感のレビュー。硬めのキーながらも高速タイピング可能だが、タッチパッドは無効化すべき
CHUWI HI10 Pro / Airから、CPUにメモリ、そしてストレージと大幅にスペックアップとなった Hi10 X。その一方で、専用キーボードは従来機と共用となり、その使いづらさに懸念している方も多いと思います。ところが実際...

コメント

タイトルとURLをコピーしました