Cenava W10 Pro、10.1型 Celeron N4000搭載 2 in 1のスペックと特徴

思いのほか新規リリースの少ないGemini Lake ノートですが、 2コアのN4000となるものの、Cenavaから10.1インチの2 in 1「W10 Pro」がリリースされています。メモリとストレージ容量、キーボードの有無により複数のバージョンがあるのですが、今回はその最上位モデルのご紹介です。

スポンサーリンク

Cenava W10 Proのスペックと特徴

私はこのCenavaなるメーカーあるいはブランドをつい最近知ったばかりなのですが、Apollo Lake ノート、 mini PCをリリースしています。価格は他の中国メーカーと比較すると僅かに高価なようにも思いますが、イメージ画像を見る限りでは質感高く仕上がっているように感じます。

 

▼こちらがCENAVAがリリースのメイン機種となる14インチノート。Celeron N3450、メモリ 6GB、120GB SSD搭載で284.99ドルとTeclast、Jumperとほぼ同価格帯か、僅かに高い程度。

CENAVA P14 (Geekbuyingサイト)

 

さて、Cenava  W10 Proには、メモリ(2GB / 4GB)・ストレージ(32GB / 64GB)の搭載量に応じ複数モデルがありますが、最上位モデル(キーボード付で 243.99ドル)のCenava W10 Proのスペックは以下となっています。

 

  • CPU: Gemini Lake N4000 (2コア) 1.1GHz~2.6GHz
  • GPU: UHD600
  • メモリ 4GB、ストレージ 64GB eMMC
  • ディスプレイ : 10.1インチ IPS、解像度 1280 x 800、タッチパネル
  • WiFi: 802.11 a/b/g/n/ac
  • ポート類 : Micro USB、Mini HDMI
  • バッテリー :  3.7V 7000mAh
  • サイズ : 258 x 173 x 8.5 mm、580g

 

良くも悪くも特徴となる箇所に黄色網掛していますが、キーボード付で243.99ドルと微妙(ちょい高め)な価格であることを踏まえコメントします。

 

  • CPUは4コアのN4100ではなく2コアのN4000を搭載。私が時々参照している「こまめブログ」によると、CINEBENCH R15 ベンチマークスコア(シングルコア)は75と、N4100の72とぼ互角。マルチコアではN4100の137に対し、N4100は223とそれなりの差がついています。
  • なお、私が使用することの多いApollo Lake N3450のCINEBENCH R15 ベンチマークスコア(シングルコア)は47となっていますので、スコア 72のCenava  W10 ProはWebサイト閲覧や文書作成なら十分の速さです。
  • ディスプレイは10.1インチにして解像度は1280 x 800。私は同サイズ・同解像度のChromebook「ASUS C101PA」を使用しているのですが、FHD(1920 x 1080)と比べると、テキスト表示などでも粗さが目立つため、このあたりは妥協点でしょう。
  • しっかりとMini HDMIポートを備えているため、液晶テレビやPCディスプレイに接続しての使い方もできますね。

 

▼こちらが同ディスプレイサイズ・同解像度のC101PA

ASUS C101PA、2週間使用後のレビューまとめ。小さなボディに魅力満載、どこでも持ち運びたくなるChromebook
ASUS C101PAを利用して2週間経過したところで、使用感などのレビューです。全般的には、価格・レスポンスのバランスのとれたものであり、10.1インチのコンパクトさ・軽さとディスプレイを開いて即利用できる速効性から、外出先での利...

 

▼ポート類は、USB 3.0、USB Type-C、Micro HDMIと一通りそろっています。

 

▼このキーボードの使い勝手・タイピング感・打鍵音が気になります。私はiPad用も含め、多くのキーボードを所有していますが、キーボードは使ってみないとわからないところがありますので。

まとめ

Gemini Lake N4000・メモリ 4GBを搭載の10.1インチの2 in 1となるCenava  W10 Pro。キーボード付で243.99ドルとなりますが、微妙なところはプラス15ドルでGemini Lake N4100の11.6インチ Jumper EZBook X1を購入できること。この点を考慮するとやや割高感があるため、メモリ 2GB / 32GB eMMCで165.99ドルのバージョンを購入し、お遊び端末にする選択肢もありそうです。

 

▼メモリ 4GB / 64GB eMMC、キーボード付のCenava  W10 Proの価格は243.99ドル

Cenava W10 Pro (Geekbuyingサイト)

 

▼「価格が微妙」としているのは、もう少し出費すると、Jumper EZBook X1、Chuwi LapBook SEが購入できること。

GearBest スーパーセールで安値更新・継続のノートPC 5製品。Jumper EZBook X1、Chuwi LapBook SEが259.99ドルに
GeaarBestにて9月10日 16時まで行っている、9月のスーパーセールの本番ですが、スマホ・タブレット・PCと多くの機種がこれまでの最安価格帯で販売されています。そのなかで今回は、2018年9月5日時点にてセールを行っているノ...

 

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント