15.6型 4K液晶に5th Core i5搭載で約5万円のWin 10 ノートの特徴、CHUWI AeroBook Plusに対抗

15.6インチ 4Kパネル、CPUにCore i5-5257Uを搭載するWindows 10 ノートがAliExpressで人気となっています。「BSLAY」なる聞きなれないブランドの「DSK-V9」が製品名となりますが、アルミとマグネシウムのボディに、デフォルトのM.2 SSDのほか、2.5インチのSATAも増設できる充実ぶりであり、メモリ 8GB、SSD 128GBの最小構成では約5万円のコスパ高。7月15日現在のAliExpressのお気に入り数は403と、この類の中国ブランドPCとしては多いことも納得。イメージ的には「CHUWI AeroBook Plus」の第6世代のCore iを第5世代にややスペックダウンし、価格を抑えた製品です。

関連記事

CHUWI AeroBook Plus、4Kパネル,Core i5-6287U搭載の15.6型ノートが販売開始。動画レビューを観て再燃した物欲

スポンサーリンク

BSLAY DSK-V9のスペック

冒頭に記載のとおり、15.6インチの4K パネルを搭載し、CPUには第5世代となるものの Core i5-5267Uとレスポンスも程々に期待できる本製品。その一方で惜しいのは、SSDがより高速なPCIe接続ではなく、SATA接続であること(明確な記載がないために、SATA接続であると推定します)。

重量は約2kgと重いですが、デフォルトのM.2 SSDのほか,2.5インチ SSDも増設でき、厚み 1.5cmのスリムノートとしては珍しい仕様です。

CPUCore i5-5257U
GPUIntel Iris Graphics 6100
メモリ8GB / 16GB DDR3
ストレージ128GB/256GB/512GB/1TBより選択可能。2.5インチ SSDを増設可
ディスプレイ15.6インチ、IPS、解像度 3840 x 2160
WiFi11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.0
ポート類USB Type-C (充電・データ通信兼用)、USB 3.0 x 2、Micro HDMI、有線LAN
バッテリー容量未確認
サイズ(本体)36 x 23.5 x 1.5cm、1.955kg
OSWindows 10 Pro
その他メタル製ボディ、バックライト付きキーボード、指紋認証

 

CPUのCore i5-5267UはMacBook Pro 13インチ Early 2015に搭載実績があり、以下のCHUWI CoreBoxも同CPUを採用しています。

CHUWI CoreBox、Core i5-5257U搭載のミニPCが発売に。Banggoodのセール価格は299.99ドル
2020年5月下旬よりAmazon USA、続いて日本のAmazonにて「CHUWI CoreBox」が販売予定です。既にCHUWI 公式サイトでも製品紹介がアップされていますが、CPUに第5世代のCore i5-5257U、メモリ...

私は同じく第5世代のCore i3-5005Uを搭載する以下のPCを所有していますが、Gemini Lakeクラスと比較すると、そのレスポンスは明らかに優位です。第8世代のCore iシリーズほどに快適ではありませんが、Webサイト閲覧やオフィスソフトでは十分。

 

▼Core i3-5005Uを採用する CHUWI GT Box。Core i5-5267Uを採用のCoreBoxの従来機となりますが、mac OSをインストールし、Windows 10とのデュアルブート化しています。BSLAY DSK-V9のCore i5-5267UはMacでの搭載実績もあることから、macOSが動作する可能性を秘めています。

ミニPC「CHUWI GT Box」のHackintoshの夢が実現、macOS High Sierraが安定動作
私がこれまで試行錯誤していた Core i3-5005U / Intel HD Graphics 5500を搭載するPCのHackintoshですが、昨日 UniBeast / MultiBeast / Clover Configu...

外観と機能性

ボディの素材はアルミとマグネシウム。実機の写真はないのですが、イメージ画像をみると細部においても丁寧に造りこまれている感があります。

 

▼私は天板に大きなロゴがあるとガッカリするのですが、天板にはロゴがないことで好印象。

 

▼ほぼベゼルレスのキーボード面。ただし、グレイのキーに白の印字のコントラスト(視認性)と、タッチパッドの指紋認証がやや大きく目立つようにも感じます。

 

▲▼イメージ画像のために多少誇張しているとしても、丁寧に処理されているサイドとキーボード。

 

▼冷却は銅製チューブを使用し抜かりなし。

 

▼充電はUSB Type-C (データ通信兼用)。仕様にはMicro HDMIとあるのですが、画像で見るとMini HDMIのようです。

▲ボディ色はレッドとシルバーの2色。

まとめ

15.6インチの4Kパネルに第5世代のCore i5-5257Uを搭載し、最小構成のメモリ 8GB / SSD 128GBでは約5万円とコスパ高の製品です。同じ4KのCHUWI AeroBook Plusが割高に感じている場合には候補となる製品です。ただし、ユーザー数の多さ、CPUの相違、PCIe SSDを増設できることを考慮すると、やはりAeroBook Plusがより魅力的でしょうか。

なお、本製品ネーミングは本文中ではBSLAY DSK-V9としていますが、Daysky V9 Maxとのネーミングの表記もあります(略してDSK-V9)。いづれにしてもOEM製品となり、今後 他ブランドからも同製品が販売されることと思います。

 

▼7月17日時点のAliExpressでの最小構成の価格は 454.63ドル、約5万円。

BSLAY DSK-V9

 

▼競合するCHUWI AeroBook Plus

CHUWI AeroBook Plus、4Kパネル,Core i5-6287U搭載の15.6型ノートが販売開始。動画レビューを観て再燃した物欲
クラウドファンディングで人気を集めた「CHUWI AeroBook Plus」の一般販売が開始となりました。CHUWIの4K 解像度 15.6インチノートとしては、LapBook Plusが販売されていますが、AeroBook Pl...

 

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました