BMAX I9 Plus、エントリークラスの10型タブレットが販売開始。Banggoodでは約1万円で予約販売中(6/3現在)

BMAXからリリースされた 10.1インチのAndroid 11 タブレット「MaxPad I9 Plus」。CPUに4コアのRockchip RK3566、メモリ 3GB、ストレージ 32GBの製品です。エントリークラスの製品のため、コスパに優れたBMAXの製品のなかでも安価な価格設定となり、Banggoodでは6月3日現在、約1万円での予約販売セールを開催中です。

スポンサーリンク

BMAX I9 Plusのスペック

スペックは以下となりますが、CPU・メモリ・ストレージ以外にも、HD画質の解像度、GPSを未搭載と、価格を抑えるべく控えめな構成となっています。

CPU(SoC)Rockchip RK3566、4コア(ARM-A55 × 4 @1.8GHz)
GPUMail G52-3EE
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ10.1インチ、IPSパネル、解像度 1280 x 800
WiFi、Bluetooth、GPS11 a/b/g/n、Bluetooth 4.0
LTE未対応
カメラフロント 2百万画素、リア 5百万画素
バッテリー容量5,000mAh、USB Type-C
サイズ245.1 x163 x 10.1mm、480g
OSAndroid 11
その他GPS 未搭載

 

ALLDOCUBE iPlay 9T、SoCにRK3566を搭載、USB Type-Cを2個装備する10.5インチタブのスペックと特徴
ALLDOCUBEから、タブレットとしては珍しく CPU(SoC)に 4コアのRK3566を搭載する 10.5インチタブレット「ALLDOCUBE iPlay 9T」が販売されています。2022年4月29日現在では国内販売はなく、A...

▲2022年に販売の、RK3566を搭載する10インチタブレットとしては上の記事で掲載の「ALLDOCUBE iPlay 9T」があります。iPlay 9Tの製品紹介では、AnTuTu ベンチスコアは約10万とあります。ブラウザや動画視聴向きとなりますが、約1万円のタブレットとしては十分です。

 

▼こちらは本製品と同じく、CPU(SoC)に RK3566を搭載するTV Boxの事例。TV Boxに多く搭載されることからも、動画視聴向きのスペックであることがわかります。

RK3566 搭載 TV Box、AliExpress

 

▼ディスプレイの解像度は1280 x 800とHD画質ですが、私の以下の同解像度の10インチタブレットの使用感では目に付く粗さを感じません。また、FHDよりも大きな文字・画像となるため、老眼の私には好都合です。

Dragon Touch NotePad 102、10型タブレットの実機レビュー。HD解像度ながらも明るく・発色のよい液晶を搭載
AmazonでAndroid タブレットなどを展開している「Dragon Touch」。この9月にリリースされた製品が、10.1インチ、CPUにコスパに優れたSC9863Aを搭載する「NotePad 102」です。メモリ 3GB、ス...

 

▼エントリークラスのタブレットながらも、デュアルスピーカーを搭載(背面に配置)しています。

 

▼BMAXやTeclastの場合、金属製ボディの場合には 製品紹介の画像内に明記があるのですが、本製品では記載がなく、また 価格的にも樹脂製の背面でしょう。

価格情報

2022年6月3日現在、Banggoodでは予約販売セールを行っています。当初50個までは 74.99ドルの販売でしたが、6月3日時点の価格は 79.99ドル・約1万円。国内通販では未販売ですが、Amazonで販売される場合には 15,000円前後と思われます。

BMAX MaxPad I9 Plus、Banggood

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました