8インチタブ Blackview Tab 6のKids版が販売に。専用保護カバーを装備し、スペック・価格は通常版と変わらず

4コアのCPUながらも、エントリークラスの8コア越のAnTuTu ベンチマークスコア・体感レスポンスとなる「Blackview Tab 6」ですが、基本スペックはそのままに、耐衝撃の専用保護カバー・ドーナツスタンド付きの「Tab 6 Kids」が、AmazonとAliExpressで販売されています。

専用保護カバーを外すと通常のTab 6と変わらないため、通常はご自身のサブ運用、お子さんにカバーを付けて貸し出しと利用範囲が拡大します。また、2022年1月22日時点のAmazon 価格は、通常版・Kids版ともに同価格(クーポン適用後)であり、専用保護カバーが付属のKids版のお買い得感が高いです。

 

▼通常版の「Blackview Tab 6」の実機レビュー記事はこちら

Blackview Tab 6 実機レビュー、4コアCPUのベンチスコアは8コア超で機敏に動作、LTE接続も確認
8インチのAndroid  11 タブレット「Blackview Tab 6」。CPUは4コアの「UNISOC T310」となりますが、確認したところ、AnTuTu ベンチマークは エントリークラスの8コアよりも高スコア。 お...
スポンサーリンク

Blackview Tab 6 Kidsのスペック

下表は上記のリンク先記事で掲載の「Tab 6 通常版」のスペック。通常版に専用ケース、お子さん向けのアプリ・テーマを追加した製品となるため、スペックは通常版と同一です。

CPUUNISOC T310、4コア
メモリ3GB
ストレージ32GB
ディスプレイ8インチ、IPSパネル、解像度 1280 x 800
WiFi、Bluetooth11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
LTEFDD:B1/B3/B7/B8/B20
カメラフロント 2百万画素、リア 5百万画素
バッテリー容量5580mAh、USB Type-C
サイズ(ケースなし)207.6 x 124 x 9.45mm、365g
OSAndroid 11
その他GPS搭載

 

▼コスパに優れたCPU「UNISOC T310」を搭載していることにより、4コアながらも AnTuTu Lite ベンチ v9のスコアは15万弱。GPUのスコアを計測できなかったのですが、計測できた場合には 18万ほどのスコアとなるのではないでしょうか。

エントリークラスの8コアでは、スコア 9万の事例もあり、私の使用感では 体感レスポンスも 4コアのTab 6がサクサクと動作します。

 

なお、冒頭のリンク先記事「Tab 6 実機レビュー」のコメントの繰り返しですが、Tab 6 Kidsにも共通する その他のコメントは以下です。

  • ディスプレイの解像度はFHDではなく HD画質のため、多少のドットを目視できますが、価格を考慮すると許容範囲。
  • 4コア CPUの割にはサクサクと動作します。さすがに、AnTuTu スコア 30万前後のスマホ・タブレットほどに機敏な動きではないものの、1万円前半の8コア CPUのタブレットよりも実用的。
  • 樹脂製の背面ですが、所有する10インチの樹脂製タブよりも剛性は高く、手にしてメシメシと音がすることもありません。
  • 現在のロットでは修正できている可能性もありますが、バッテリーを使い切った後に充電すると しばらく使用できない・充電できない現象があります。この場合、一晩(数時間)充電することで復旧します。
  • AmazonのTab 6のレビューを参照すると、ドコモ SIMの設定で一癖ありとの記載もあります。私のOCN モバイル ONEのSIM(ドコモ回線)では、プリセットのAPNの一部をOCN モバイル ONEのマニュアル通りに設定し、普通に使えています。
  • 貼付済のフィルムは、指紋・油脂がやや目立ちやすい。
  • LTE対応、GPSを装備する一方で、顔認証・指紋認証は未搭載です。

 

▼見栄えするように、ブラックの壁紙に変更しています。ブラウザなどでは やや淡さのあるディスプレイですが、この価格帯では許容範囲。

 

▼ブルーの背面の事例ですが、好感の持てる淡いブルーとなり、指紋や油脂の付着は目立ちません。

Kids版の追加装備・機能

Kids版の追加装備・機能は、海外通販サイトのAliExpressから引用しているため、国内版では使用できない(日本語対応していない)アプリなどが存在する可能性もあります。詳細については記載尽くせないため、以下のAliExpressの販売ページを参照いただければと思います。

AliExpress、販売ページ

 

▼ドーナツリング付き・耐衝撃の専用保護カバーが付属していることが最大の特徴。カバーなしでは通常のTab 6ですが、Amazonでは 通常版・Kids版は同価格(2022年1月23日時点、クーポン適用後)のため、カバーの有無でKids版のお買い得感が高いです。

▲左の画像に、お子様向けアプリの一覧があります。

 

▼汎用アプリもありそうですが、左上の塗り絵は国内でも使用できそうです。

 

▼右下のアプリでは英語の学習にも利用できるかも。また、左下のゲームは英語のみの可能性もありますが、ゲームをしながら単語も覚えられるかもしれません。

 

▼パスワード保護や、アプリやWebサイトの制限なども用意されています。

 

▼Amazonではケースを装着した動画も公開されていますが、ケースはイメージ画像で見る以上に太いです。購入を検討している方は、動画を参照されることをおすすめします。

価格情報

Tab 6の通常版は、つい最近まで グレー・ピーチゴールド・ブルーの3色展開ですが、2022年1月23日現在では ピーチゴールド・ブルーのみとし、Kids版は上の画像のグレーのみとなっています。人気薄かもしれないグレーをKids版にまわしての販促とも思えます。

 

▼1月23日時点のAmazon 価格は、上のKids版、下の通常版で表示は異なっていますが、クーポンの適用により 同価格の14,999円です。AliExpressでの価格は 13,533円(為替レートで変動)ですが、この価格差では 納期を考慮すると Amazonがよいです。

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました