Blackview Oscal C80、約110ドルながらも AnTuTu ベンチ 約23万、RAM 8GB / ROM 128GB搭載と高コスパなAndroid スマホ

AliExpress内のBlackview 公式ストアでの9/14〜15のセール価格 109.99ドルと安価ながらも、AnTuTu ベンチスコア 約23万となる「UNISOC T606」を搭載する「Blackview OSCAL C80」。さらには、この価格でメモリ 8GB(プラス 6GBの拡張機能あり)、128GB UFS 2.1のストレージと尖った仕様です。

惜しむらくは、6.5インチのディスプレイがHD画質の解像度 1600 x 720となることですが、iPhone ライクなフラットなサイドとリアカメラ周りのデザインも含め、国内通販で販売となった際には注目を集めそうな予感です。

スポンサーリンク

Blackview OSCAL C80のスペック

約110ドルのスマホとして妥協すべき事項は、前述のディスプレイの解像度。一方、上位機と比較すると見劣りするものの、18Wの急速充電にも対応しています。

CPUUNISOC T606 、8コア、2 x A75 1.6GHz + 6 x A55 1.6GHz
メモリ8GB
ストレージ128GB UFS 2.1
ディスプレイ6.517 インチ、解像度 1600 x 720、90 Hz リフレッシュレートに対応
リアカメラ50百万画素(+0.3百万画素)
フロントカメラ8百万画素
WiFi11 b/g/n/ac
Bluetooth対応
SIMDual Nano SIM、4G: FDD:B1/B3/B7/B8/B20 TDD:B40
バッテリー5180mAh、18W 急速充電、充電はUSB Type-C
サイズ厚み 8.55mm、188g
OSDoke 3.0 OS、Android 12ベース
その他サイドの指紋認証

 

▲▼上のスペックは、以下の記事で実機レビューし、OSCAL C80と同様にCPUとメモリの基本スペック重視・iPhone ライクなデザインで共通の「Blackview A95」のスペック表に基づき編集しました。厚みが同じであり(C80のサイズは製品情報に明記なし)、デザインも近いことから姉妹機である可能性もあります。

Blackview A95 実機レビュー、Helio P70搭載の iPhone ライクな6.5型スマホ。AnTuTu スコアは約23万、背面の指紋は目立たず良好
CPUに AnTuTu ベンチマーク v9のスコアが約23万となる「Helio P70」を搭載し、メモリ 8GB、ストレージ 128GBの6.5インチスマホ「Blackview A95」。フラットな側面とリアカメラのデザインが iP...

 

▼AliExpressの製品紹介では、「Xiaomi Redmi Note 11 Pro」をライバルとしています。CPUにHelio G96(AnTuTu ベンチ 約29万)、AMOLED パネルを搭載、67Wの急速充電に対応のXiaomi Redmii Note 11 Proには敵いませんが、価格を考慮すると C80はかなり健闘しているように思います。

▲▼「Xiaomi Redmii Note 11 Pro」の詳細情報はこちら。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G / 11 Pro、6.67型有機EL, 67W充電は共通ながらも CPUやカメラ数は相違。スペック比較とグローバル版の価格情報
Xiaomiのスマホのなかでも特にコスパに優れた Redmi シリーズですが、「Redmi Note 11 Pro 5G」と「Redmi Note 11 Pro」のグローバル版が、2022年2月16日現在、AliExpress にて...

 

▼AnTuTu ベンチスコアは 226,330とあり、ライトユースでは遅さを感じない水準です。また、約110ドルの価格から、ストレージは通常のeMMCと思いきや、PCのSATA SSDにやや劣る程度に高速なUFS 2.1を搭載しています。

 

▼メモリ 8GBでも十分ですが、ストレージから6GBをメモリに割り当て 合計14GBとすることもできます。このクラスで6GBに拡張は珍しいです。

 

▼リアカメラはシングルレンズですが、SamsungのISOCELL JN1を搭載し、『スマホのカメラがさらに綺麗に! 超精細イメージセンサ「Isocell JN1」登場』の記事のように、評価する向きもあります。

外観

外観の画像は少ないのですが、確認できる範囲で記載します。賛否両論あるかと思いますが、フラットなサイドとリアカメラ周りのデザインが iPhoneに似ていることが特徴です。

 

▼カラーはネイビーブルー、サニーホワイト、ミッドナイトブラックの3色展開。

 

▼こちらはブラックのUSBポート側ですが、iPhoneの配色に近く、iPhoneをシングルスピーカー化したようなデザインです。

 

▼右下に「CNC & Silk Printing Process」とあり、手にした感触はよいように思います。

まとめ

AliExpressでのセール価格 109.99ドルながらも、AnTuTu ベンチスコア 約23万となる「UNISOC T606」、メモリ 8GB、通常のeMMCよりも高速なUFS 2.1を搭載する「Blackview OSCAL C80」。円安の影響を受け、9/12時点の円貨換算額は約16千円となるものの、それでもなお コスパに優れたスマホです。

 

▼9月14日(日本時間 15時開始)~18日までのセール価格は 109.99ドル

Blackview OSCAL C80、AliExpress内 公式ストア

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました