Blackview Ocsal S60 Pro、約14千円のタフネススマホ。従来版からCPU、メモリ他を大幅に強化

2021年12月にエントリークラスのタフネススマホ「Blackview Ocsal S60」を紹介しましたが、CPUをHelio A22からA25にスペックアップ、メモリを3GBから4GBに増量、バッテリー容量やカメラの画素数も向上した「Blackview Ocsal S60 Pro」がリリースされていますので、スペックと特徴を記載します。

関連記事

約13千円のBlackview Ocsal S60、最安のタフネススマホのスペックと販売情報

スポンサーリンク

Blackview Ocsal S60 Proのスペック

Blackviewのタフネススマホとしては「BVシリーズ(Blackview BV8800、AnTuTu 約30万のHelio G96搭載 タフネススマホ。RAM 8GB、Night Visionカメラを装備し、発売時価格は194.99ドル)」がありますが、Oscalはスペック・価格を抑えたシリーズです。

CPUHelio A25、8コア
GPUMG GE8320
メモリ4GB
ストレージ32GB
ディスプレイ5.7インチ、解像度 1440 x 720
リアカメラSony IMX258 13百万画素
フロントカメラSony IMX219 8百万画素
WiFi11 b/g/n
Bluetooth4.2
SIMDual Nano SIM
LTE 対応バンドFDD spec :B1/B3/B7/B8/B20
TDD spec : B40
バッテリー5580mAh、充電はMicro USB
サイズ161.7 x 78.5 x 14mm、255g
OSDoke OS 2.1、Android 11ベース
その他IP68&IP69Kの防塵・防水、顔認証

 

従来版・無印のOcsal S60からスペックアップした箇所に黄色網掛、Pro版もなお コストカットしている箇所にピンク網掛しています。スペックアップした事項などのコメントは以下です。サイズ、重量に変更がないことから、ボディを変えずにスペックアップしているようです。

  • CPUは4コアのHelio A22から、8コアのHelio A25へスペックアップ。AnTuTu ベンチマークスコアは、6万台から9万台と、体感できるほどに向上しています。
  • メモリは3GBから4GBに、ストレージは16GBから32GBに増量。
  • カメラもSonyのイメージセンサーを採用したうえで スペックアップ。フロントは 5百万画素から8百万画素へ、リアは 8百万画素から13百万画素に。
  • バッテリーも 4,980mAhから 5,580mAhへ増量。

 

▼Helio A25を搭載するスマホのベンチマークスコア・体感レスポンスは、以下の記事を参照ください。サクサクの水準ではないものの、実用的な範疇です。また、解像度は Oscal S60と同水準の 1560 x 720ですが、特に粗さを感じるものではありません。

OUKITEL C21 Pro 実機レビュー、指紋付着が目立たない ガラス製の背面が美しく好感。エントリーだが実用的な6.39型スマホ
海外通販サイトのBanggoodでは、7月後半の発売直後には99.99ドルで販売されていた(8月24日時点では 129.99ドル)「OUKITEL C21 Pro」。CPUにMediaTek 6762D (Helio A25)、メモ...

 

▼解像度は 1440 x 720ですが、5.7インチとコンパクトなサイズであり、また、上記の同水準の解像度のスマホの使用感では粗さを感じることはないでしょう。

 

▼エントリースマホでもあり、急速充電には未対応ですが、従来版・無印のOscal 60のバッテリー 4,980mAhから 5,580mAhへ増量となり、重量は同じであることは評価できます。

 

2022年3月27日追記。以下のとおり、リアカメラにナイトカメラを持つバージョンも販売されています。

Blackview Ocsal S60 Proの外観

 

IP68&IP69Kの防塵・防水を備える「Blackview Ocsal S60 Pro」の外観について記載します。色は、ブラック、オレンジ、グリーンの3色展開です。

 

▼従来版のS60と同様に、便利なLanyard Hookを備えています。S60は TPUと ガラス繊維入りの樹脂の複合素材を採用しいるのですが、S60 Proも同素材かと思われます。

 

▼タフネススマホでの採用例が多い、サイドのショートカットボタンは未搭載です。

まとめ、価格情報

従来版のOscal S60のCPU、メモリ、ストレージ、バッテリー容量をスペックアップした「Oscal S60 Pro」。価格を抑えるべく、ディスプレイの解像度を控えめに、CPUもエントリークラスとなりますが、タフネススマホで 119.99ドル(約14千円)の価格は大きな魅力。S60との価格差は千円程度のため、S60 vs S60 Proなら 間違いなく S60 Proがおすすめ。

 

▼2022年4月28日現在、Amazonではナイトカメラ未装備のバージョンのみの販売ですが、AliExpressではナイトカメラ装備版も販売されています。

 

 

2022年4月28日追記。以下の記事でナイトカメラそ装備版の実機レビューしています。
Blackview Oscal S60 Pro、タフネススマホの実機レビュー、ナイトカメラは暗闇での撮影で想像以上の効果を発揮
Blackviewより販売の「Oscal S60 Pro」。Oscal シリーズは同社のエントリースマホの位置づけとなりますが、従来版のタフネススマホ「S60」のCPUとメモリなどを強化した Pro版となり、暗闇での写真撮影に効果的...

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました