Beelink SEi10、Core i3-1005G1を搭載、279g 軽量ミニPCが約28千円のクーポン情報

海外通販サイトでは、国内で流通していないミニPCも多く販売されていますが、今回紹介の「Beelink SEi10」もその一つ。CPUにインテル 第10世代のCore i3-1005G1、メモリ 8GB、PCIe SSD 256GB、Windows 10 Proを搭載し、Banggoodでは9月30日まで クーポン価格 249.99ドル(20個限定、約28,000円)で販売しています。

同水準のミニPCとしては、Amazonでも販売されている「CHUWI CoreBox Pro」や「MINISFORUM X35G」がありますが、「Beelink SEi10」はよりコンパクトであることが特徴です。

当記事は2021年2月に投稿したものですが、価格下落により 一部を書き直しました。
スポンサーリンク

Beelink SEi10のスペック

国内では「Beelink」の知名度は高くないように思いますが、海外ではミニPCやTV Boxを多く販売し、ミニPCの老舗的なブランドです。私は以下などの同社のミニPCを3製品 所有していますが、造りがしっかりしていることも、同ブランドのミニPCの強みです。

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...

 

さて、Beelink  SEi10のスペックは以下となります。

CPUCore i3-1005G1
GPUIntel UHD Graphics 620
メモリ8GB DDR4、64GBまで増設可能
ストレージ256G PCIe SSD(512GBも選択可能)、2.5インチ SSDを増設可能
WiFiWi-Fi6対応
Bluetooth5.0
ポート類USB Type-C Thunderbolt 3、USB 3.0 x 4、HDMI x 2、有線LAN
サイズ124 x 113 x 41mm、279g
OSWindows 10 Pro
その他

 

CHUWI CoreBox Pro 実機レビュー、Core i3-1005G1 / PCIe SSDで快速レスポンス、想定外の静音仕様
多くのミニPCやノートPCをラインナップに揃えるCHUWIですが、ミニPCの上位となるのが「CoreBox」シリーズ。うち、ハイエンドとなるのが インテル 第10世代のCPU Core i3-1005G1を搭載する「CoreBox ...

上表では、同じく Core i3-1005G1を搭載し、Amazonで人気の「CHUWI CoreBox Pro」と比較し優位な事項に黄色網掛け、劣る事項にピンク網掛けをしています。

最大の相違は、CoreBox Proと比較し軽量・コンパクトなこと。CoreBox ProがミニPCとしては大きすぎるのですが、長辺で約5cmほどの相違があります。

 

MINISFORUM X35G 実機レビュー、Core i3-1005G1に高品質ボディと静音性で人気となる予感。Amazonでも販売に
Amazonでも販売している「MINISFORUM」のミニPC。ミニPC専門ブランドとして、エントリークラスからハイエンドまで多くのランナップがありますが、Indiegogoサイトにて 10月14日からクラウドファンディングを開始の製品...

なお、Core i3-1005G1を搭載するミニPCとして、「MINISFORUM X35G」の実機レビュー記事を投稿していますが、Geekbench 5のCPUベンチマークは以下です。同CPUは概ね 第8世代のCore i7-8565Uと同水準。PCIe SSDと相まって、Windows 10の起動や終了も速く、オフィスソフトもサクサクと動作します。

 

▼124 x 113 x 41mmと、一般的なミニPCよりもやや小さいサイズ。

▲メモリは8GBですが、2スロット形式で最大 64GBまで増設可能。SATAより高速なPCIe SSDを搭載し、他の多くのミニPCと同様に、2.5インチ HDD / SSDを増設可能です。

 

▼一般的に、BeelinkのミニPCはヒートシンクとCPUファン、空流も含めて、しっかりと設計されていることも特徴とします。

▲ダクトによる空気の流れも考慮されています。

 

▼①はリセットボタンとなり、まさかのフリーズの場合にも安心。映像出力は、HDMI x 2にUSB Type-Cと3ポート。前面と背面にUSB 3.0が2個あり、拡張性も十分です。前述のCHUWI CoreBox Proでは、前面にUSB ポートがないため、私が所有する 同ボディのCoreBoxにおいては、USBドングルの脱着の利便性に欠けます。

Beelink SEi10の価格

1年前までは、ミニPCと言えば CPUにエントリークラスのGemini Lakeを搭載するミニPCが主流だったのですが、最近では本製品のような、ミドルレンジ以上のミニPCも安価で販売されています。

同CPUを搭載する競合は、以下で掲載の、同価格帯だがボディの大きな「CHUWI CoreBox Pro」、メモリ 16GBを標準装備し、デザインと静音性に優れた「MINISFORUM X35G」。コンパクトさを重視する場合には、Beelink  SEi10が候補となります。ただし、今回のBanggoodのクーポン価格では(価格重視では)「Beelink SEi10」で決まり。

 

メモリ 8GB、SSD 256GB版はクーポン「BG8eb13b」の利用により 249.99ドル(約28,000円)。クーポンは9月30日まで有効、20個限定。なお、電源プラグはEU用となり、別途 変換プラグが必要です。

メモリ 8GB、SSD 256GB版

 

▼競合する「CHUWI CoreBox Pro」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました