Gemini Lake N4100,Win10のミニPC Beelink S IIが199.99ドルでリリース。M.2 SSDにも換装可能

TV Box・ミニPCを多くリリースしているBeelinkから、Gemini Lake Celeron N4100を搭載するミニPC「Beelink S II」がリリースされました。現在のところは、メモリ4GB / eMMC 64GB、メモリ8GB / SSD 128GB搭載の2つのバージョンがあるのですが、今回は前者の紹介です。

なお、双方ともにWindows 10をプレインストールしていますが、メモリ4GB / eMMC 64GB版は199.99ドルと購入しやすい価格になっています。これなら、Apollo LakeのミニPC(メモリ6GB版)とほぼ同価格帯であり、Apollo LakeのミニPCを検討中の場合にはGemini Lakeで決まりです。

 

Beelink S IIはAlfawise T1は同モデルでした。実機レビューは以下の記事を参照ください。

Gemini Lake Win 10ミニPC Alfawise T1の実機レビュー、ベンチマークスコアも

スポンサーリンク

Beelink S IIの概要

では、Beelink S Ⅱの概要です。

全般的には、ミニPCらしく拡張性は高く、Windows 10もプレインストールされており、扱い易い製品になっています。

  • OS: Windows 10 64Bit
  • CPU: Gemini Lake Celeron N4100
  • GPU: Intel UHD Graphic 600
  • RAM: 4G DDR4 (8GB搭載機もあり)
  • ROM: 64G eMMC (SSD 128GB搭載機もあり)
  • ポート類は、HDMI×2(デュアルスクリーン対応)、有線LAN、Card Slot、USB3.0×2
    USB2.0×2
  • Wifiはデュアルバンド対応
  • サイズは11.90 x 11.90 x 2.00 cm、重さ337g

 

以下で紹介の他のGemini Lake機と同様にメモリは4GBと少なめですが、DDR4の価格との見合いでしょう。Gemini Lake機のエントリー構成は、これまでのところはメモリ4GBが標準型であるように感じます。

Gemini Lake N4100搭載のJumper EZbook X4が3万円台まで下落
Gemini Lake N4100を搭載する14インチのJumper EZBook X4。2018年5月12日時点では536.9ドルの本機は早くも300ドル台半ばまで価格が下がっています。536.9ドルでは割高感があったのですが、300ドル台ではさらに魅力的。この EZBook X4の概要を再確認してみました。
Jumper EZBook X1、Gemini Lake N4100搭載の11.6型 回転機構付タッチスクリーン IPSパネルなど、魅力満載の端末が出荷間近に(2018年5月13日現在)
先日の記事にて、Gemini Lake N4100搭載のJumper EZBook X4の概要をお伝えしましたが、同様に気になるのが、同じくN4100搭載のJumeper EZBook X1です。X4が14インチのTNパネル搭載なの...

 

なお、このBeelink S IIの気になるところがCPUファンの有無ですが、Beelinkの製品はファンレスであることが多く、当機もファンレスであることを期待(通販サイトの情報では、ファンレスか否かを確認できず)。

 

▼Gemini Lake Celeron N4100とApollo Lake N3450との相違ですが、キャッシュが2MBから4MBに、メモリがDDR3からDDR4に。Gemini Lakeのベンチマークは出揃っていないのですが、Apollo Lakeよりも優位であることは間違いなし。

 

 

▼オンボードのeMMCの他、2242サイズのM.2 SSD、2.5インチのSATA HDDも増設可能です。起動ディスクをSSD化することは可能ですが、HDDはUSD接続と思われます(起動ディスク化できないはず)。

まとめ

私の認識では、Gemini Lake搭載のミニPCは先日紹介のAlfawise T1に続き2製品目。今後、他社からもリリースされることと思いますが、コスパの高いACEPCや、VOYOがApollo LakeのミニPCと同様にアルミ製ボディの製品をリリースしてくると賑やかになりそうです。

 

Beelink S IIとAlfawise T1は同モデル(AlfawiseはBeelinkの別ブランド名)です。Alfawise T1の実機レビューは以下を参照ください。

Gemini Lake Win 10ミニPC Alfawise T1の実機レビュー、ベンチマークスコアも
Gemini Lake Celeron N4100を搭載するWindows 10 ミニPC「Alfawise T1」。DDR4のメモリ 4GB、ストレージは64GB eMMCとなる本製品ですが、拡張性の高いミニPCらしく、M.2 S...

 

▼こちらはGearbestの販売情報

 

ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめのWindows 10 ミニPC
Alfawise T1

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・SSDを増設、起動ドライブとして使用可。HDDの増設も可能
・ファンレス機のため静かで作業に集中できます
・2万円ちょいの価格でコスパ高い

Chuwi GBox

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・2.5インチHDD、SSDの増設可能
・ファンレス機
・エアーマウス付きで、リモコン操作も可能

VORKE V2 Pro
iconicon

・500ドル台半ばの価格となるハイエンド機
・第8世代のCore i7-8550U、メモリ8GB
・256GB NVME SSDの速さは圧巻、SATA接続とは別次元
・プレインストールのOSはUbuntu16.04

Win And I net

コメント