Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの

多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサンプル提供いただきましたので、ベンチマーク、その使用感などをレポートします。

全般的には、冒頭の画像のとおり小さなボディと、ファンを搭載しながらも静音となっていることに驚きであり、他のGemini Lake機と同様にWebサイト閲覧、動画視聴、オフィスソフトなどの通常使用では十分なサクサクな動作の端末となっています。

 

▼今回の実機レビューはこちらのBeelink Gemini X Premium

Gemini X45 Premium (Geekbuyingサイト)

スポンサーリンク

Gemini X45 Premiumのスペックと特徴

下表はGemini LakeのミニPCのうち、Gemini X45 Premiumを、上位機となるGemini X55、私が所有するAlfawise T1 = Beelink S2 (AlfawiseはBeelinkの別ブランド)、Chuwi GBoxを比較したものです。

Beelink Gemini X45 Premiumの特徴となるのは以下。

  • メモリ 6GBを搭載。Gemini Lakeのエントリー機種では、そのDDR4 メモリが高価なために、メモリ 4GB搭載機が多いなか、Gemini X45 Premiumは6GBを搭載。Gemini X45 Basicは4GB搭載となります。さらに、J5005、メモリ 8GBのGemini X55 Ultimateもラインナップされています。
  • mSATA SSD 128GBを搭載。おそらくその小さなボディサイズのためだと思いますが、M.2 SSDではなくmSATA接続のSSDです。mSATAとM.2 SSD SATA接続の性能は互角です(私は双方のミニPCを所有していますが、SSDのベンチマークは同程度)。
  • ミニPCのなかでも特に小さなボディサイズ。冒頭の写真でも明らかですが、開封時には驚きの言葉が出そうになったほどの小ささです。これならテレビの背面に設置しても心配なし。
  • 小さなファンの割には、かなりの静音仕様。ベンチマークで負荷をかけても、耳障りな風切り音はなく、これまで私が使用したノートPCと比較にならないほどに静かです(例えば、MacBook Air、Xiaomi mi notebook Proなどとの比較)。
  • CPUはCeleron N4100ではなくCeleron J4105。ベースクロックが1.1 GHzのN4100に対しJ4105は1.5 GHzと、ベンチマークはJ4105が僅かにリード。後段のベンチマークを参照。

 

▲▼こちらはHWiNFOで抽出した仕様です、必要により拡大表示くださいませ。

CPU温度、ドライブの動作などをモニターできるフリーソフト「HWiNFO」の概要
ミニPCのファン音が激しいために、他のPCでも使用している、CPUの温度を参照出可能なソフト(OpenHardwareMonitor)をインストールしたところ、エラーのために起動できず。 そこで探してきたのが、フリーソフト「H...

Gemini X45 Premiumの外観

Gemini X45 Premiumの外観のレビューです。約11cm角の小さなボディに豊富なポート類、小さなファンノイズ、2.5インチのSATAドライブも接続可能とは恐れ入ります。

 

▼Beelinkに共通の鮮やかなブルーの外箱と本体。写真では伝わらないのですが、艶やかなピアノブラック調塗装の天板です。

 

▼付属品一式。2つのHDMIポートにあわせてHDMIコードも2つ。その他、2.5インチドライブ取付のコードと、テレビ背面などへの取付用のブラケットも付属しています。

Beelink Gemini X45 Premium 付属品

 

▼HDMIコードにはコードバンドも付いており、気配りも万全です。

Beelink Gemini X45 Premium HDMIコードを拡大

 

▼電源部分と天板。ピアノブラック調の艶やかな天板ですが、写真ではうまく伝わらず残念(どうしても周囲のものが映り込んでしまいますので)。なお、電源オンの際には電源マークが青色LEDで光る仕様です。

Beelink Gemini X45 Premium 天板と電源部分

▲Alfawise T1 = Beelink S2では、個体差のためか、電源ボタンを押しても反応しない、何度か押すと反応することがあるのですが、Gemini X45はそのような現象はありません。

 

▼電源部分を側面より。艶消し黒の塗装が汚れたように見えますが、シボ加工になっているためです。

Beelink Gemini X45 電源部分

 

▼2側面には通風スリットがあります。

Beelink Gemini X45 通風スリット

 

▼電源と反対側の側面より。

左からUSB 3.0 × 2、有線LANポート、HDMI × 2、電源。通風スリットの奥にヒートシンクが見えますが、このスリットからファンにより熱を逃がすしくみ。上手い造りですね。

Beelink Gemini X45 ポート類

▲全般的に、通風スリットの面積は大きくないのですが、また、静かなファンにもかかわらず、後述のCPU温度をみると上手く排熱処理がされているようです。

 

▼背面より。四隅のネジを外すと2.5インチのドライブを接続できます。

Beelink Gemini X45 背面

▲▼2018年9月9日追記。内部の構成・HDDの増設については、以下の記事を参照ください。ヒートシンク他のパーツ・造り込みはさすがにBeelink

Win 10 ミニPC Gemini X45、マザーボードなどの内部を確認。造り込みのよさはさすがにBeelink
Gemini Lake N4100よりも僅かながらも優位なJ4105、メモリ 6GB、mSATA SSD 128GBを搭載するミニPC「Beelink X45 Premium」。先のレビュー記事「Win 10 ミニPC Beelin...
Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45にHDDを増設、取付簡単で内部構造に感心
Gemini LakeのミニPC「Beelink Gemini X45 Premium」が、そのコンパクトなボディにGemini Lakeを搭載しほどよいレスポンス、さらにはファン付ながら静音と実に快適です。このためより有効利用すべ...

 

Beelink Gemini X45とAlfawise T1

▲▼Gemini Lake ファンレス ミニPCであるAlfawise T1 = Beelink S2(下)と並べて表示。Alfawise T1はファンレスとするために大きなボディとなっていますが(大きなヒートシンクあり)、ボディサイズはかなり異なります。

いづれにしても、ファンレスのAlfawise T1に、ファン有の静音仕様のGemini X45、双方とも冷却対応を十分に考慮したうえで造り込みになっているのは、さすがのBeelink。

Gemini Lake, SSD増設可のファンレス ミニPC Alfawise T1、1週間使用後のまとめレビュー
Gemini Lake N4100を搭載するミニPC「Alfawise T1 (Beelink S Ⅱ)」を受領して、1週間が経過しました。ブログ記事編集作業をメインとして合計20時間ほど使用し、また、2280サイズのM.2 SSD...

 

▲▼ミニPC三段重ね。中央はApollo LakeのACEPC AK1ですが、ファン音がやや大きいために冷却対応を見直し中であり、ヒートシンクを取替済、LEDリングを外しています。

なお、ACEPC AK1も小さいボディですが、2.5インチドライブ取付用のホルダーを付けると、写真の高さの倍程度になります。Gemini X45 Premiumは奥行きがACEPC AK1よりも短くコンパクトです。

ミニPC「ACEPC AK1」をヒートシンク追加によりファンレス化してみた。やかましいCPUファン音の課題が解消
Apollo Lake Celeron J3455 (N3450相当)を搭載したミニPC「ACEPC AK1(Gearbestさんよりサンプル提供いただいたもの)」にSSDを増設・換装し、メインPC並みに快適に使用しています。がしか...

 

さて、外観を整理すると以下となります。

  • 全体の造り込みは、多くのミニPCをリリースしているBeelinkの他製品と同様に丁寧なもの。
  • やはり特筆すべきは小さなボディと、ほとんどファン音が聞こえないほどの静けさ。

Gemini X45 Premiumのベンチマークスコア

続いて、Gemini X45 Premiumのベンチマークスコアとスペックに表れないシステム情報です。

 

▼Geekbench 4のSingle-Coreは1810、Multi-Coreは5472

中央の画像はGemini Lake N4100搭載のAlfawise T1のスコアですが、N4105搭載の本機は上述の「ベースクロックが1.1 GHzのN4100に対し、J4105は1.5 GHz」が影響し、僅かに優位となっています。

最下段はApollo Lake N3450のスコアです。Gemini Lake J4105のGemini X45 Premiumは、Single-Coreは229%増し、Multi-Coreは28%増しとなります。

 

▼グラフィックス性能をメインとしたドラクエベンチマークのスコアは「1756 重い」と振るわず。

下の画像はAlfawise T1のスコアですが、同GPU搭載のため誤差程度に。Apollo Lake N3450では2200程度となるのですが、全般的にGemini Lakeのグラフィックス性能はApollo Lakeに劣る結果となります。


 

▼デバイスマネージャーで確認するも、どこのメーカーのSSDかわからず。がしかし、Read / Writeともになかなかの速度が出ています。実際のWindows / アプリの起動、ファイルの読み込みは他のSSDと同様に、HDDと比べると爆速です。

 

▼Fast.comで測定した回線速度。

左がWi-Fi 11a、右が有線です。自宅のNuro 光の環境では、他のPCと同様の速度が出ています。

 

▼ミニPCの小さなボディサイズでは内部温度も気になるところ。上述のHWiNFOを利用したCPU温度の実測がこちら。

上はWebサイト閲覧、ブログ記事編集、YouTube視聴にて3時間ほど使用した際の温度。最大78度におさまっており心配する必要はありません。

一方、下の画像はGeekbench 4のCPUベンチマークにより負荷をかけた後です。最大90度となりましたが、通常ではここまで負荷をかけることもないため問題なし。

さて、ベンチマークを整理すると以下となります。

  • CPUベンチマークのGemini Lake N4100比較では、僅かに優位。
  • Apollo Lake N3450とのCPUベンチマーク比較では、概ね29%増しのスコアに。
  • GPUベンチマークがApollo Lakeより劣るのは、N4100と同様。
  • ベンチマークにて負荷をかけた場合のCPU温度は90度となり、この程度なら問題はありません。

体感レスポンス

Gemini X45 Premiumの体感レスポンスは、これまで私がレビューしたApollo Lake機、Gemini Lake機と同じコメントなってしまうのですが、以下となります。

 

  • SSDを搭載しているため、Windows 10、各アプリの起動・終了、ファイルの呼び出しなどは高速で待たされ感はありません。
  • Webサイト閲覧、YouTube 視聴、ブログ記事編集、数MBクラスの画像編集、オフィスソフト使用(私はフリーのLibireOfficeを使用しています)ではサクサクと動作し、遅いと感じることはありません。LibireOfficeは、上位のCPUでもエクセルのようにスムーズではないため、サクサクとの表現は適切ではありませんが。
  • さすがに、CPUにCore M3 7Y30クラス以上を搭載する機種と比較すると、レスポンスは落ちますが、比較しなければわからない程度です。
  • 上位のCPUを搭載する機種がHDD搭載の場合、SSDの恩恵によりGemini X45 Premiumがより速く感じること間違いなし。

 

▼メモリ 6GB搭載のため、Chromeのタブを10個開き、メモリを大量消費するChromeがメモリを1.4GB使用しても、全体のメモリ使用量は63%とまだまだ余裕。

まとめ

ミニPCの実機をみると、よくもこれほど小さなボディで拡張性の高いPCを作れるものだと感心。特にこのGemini Xシリーズは、約11cm角のボディとファンの風切り音の静けさに魅せられます。また、このGemini Xシリーズは、Basic / Premium / Ultimateと3種類の製品から選択することができ、予算や使用目的に合わせて購入できるのも大きなポイントとなります。

 

▼今回レビューしたGemini X45 Premiumの2018年8月20日現在の価格は259.99ドルですが、以下のとおり上位機がより安くなっています。

Gemini X45 Premium (Geekbuyingサイト)

 

▲▼Gemini X45の上位機となるX55 Premiumが、2018年9月4日までの50個限定となりますが、クーポンコード「YRXOGNGX」の利用で247.99ドルとなるセールを行っています。今回レビューのX45 Premiumと価格が逆転しており、今購入するならこちらがおすすめ。

Gemini X55 Ultimate (Geekbuyingサイト)

 

関連記事

Win 10 ミニPC Gemini X45、マザーボードなどの内部を確認。造り込みのよさはさすがにBeelink
Gemini Lake N4100よりも僅かながらも優位なJ4105、メモリ 6GB、mSATA SSD 128GBを搭載するミニPC「Beelink X45 Premium」。先のレビュー記事「Win 10 ミニPC Beelin...
Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45にHDDを増設、取付簡単で内部構造に感心
Gemini LakeのミニPC「Beelink Gemini X45 Premium」が、そのコンパクトなボディにGemini Lakeを搭載しほどよいレスポンス、さらにはファン付ながら静音と実に快適です。このためより有効利用すべ...

 

ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめのWindows 10 ミニPC
Beelink Gemini X45 Premium

・Gemini Lake J4105を搭載。N4100より僅かながらも優位
・メモリ 6GB、ストレージはSSD 128GB
・11cm角の小さなボディに2.5インチHDDも増設可能
・ファンを搭載しながらもファンレスなみに静か
・このスペックで3万円未満

Alfawise T1

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・SSDを増設、起動ドライブとして使用可。HDDの増設も可能
・ファンレス機のため静かで作業に集中できます
・2万円ちょいの価格でコスパ高い

VORKE V2 Pro
iconicon

・500ドル台半ばの価格となるハイエンド機
・第8世代のCore i7-8550U、メモリ8GB
・256GB NVME SSDの速さは圧巻、SATA接続とは別次元
・プレインストールのOSはUbuntu16.04

Win And I net

コメント