CHUWI Hi10 X,MiniBookがさらに割引、Banggood 日本の桜祭りセール。マスクの良心価格での在庫もあり

Banggoodで3月26日から4月15日まで開催中のスプリングセール。日本サイトでは「桜祭りセール」として、Banggoodのグローバルサイトよりも、さらに安くなるクーポンが配布されています。今回はこのうち、私が所有する、あるいはおすすめの製品をピックアップ。Realme 5iのプレゼント企画やマスクの良心価格での販売情報(在庫あり)もあります。

 

▼総合会場はこちら

Banggood 桜祭りセール

CHUWI MiniBook

上の画像でのおすすめは CHUWI MiniBook。8.4インチのOneMix 3シリーズは、スペックを極めるあまり価格的には遠くへ行ってしまったのですが、MiniBookはディスプレイの解像度をFHD (OneMixは2.5K)とし、デフォルトのSSDをSATA ( PCIe SSDに換装可能)とするなどして、価格を抑えています。

私は以下の記事のとおり、Core m3-8100Y、メモリ 8GB版を購入しましたが、液晶は明るく鮮やか、サクサクなレスポンスであり、キーボードのタイピング感は想像以上に快適です。通勤電車でのサイト記事編集に、自宅ではテレビの大画面に接続しミニPC替わりとして使用しています。

CHUWI MiniBook 実機レビュー。サクサク動作のCore m3-8100Yに明るい液晶、タイピング感も想像以上。これで5万円台とは満足度高し
7インチのUMPCのキーボードがイマイチだったため、8インチのUMPCにも抵抗があったのですが、CHUWI MiniBookの実機はその懸念を吹き飛ばす出来栄えです。Core m3-8100Yのサクサク動作に明るい液晶、想像以上に快適なキーボード。これで5万円台とは恐るべしコスパ
CHUWI MiniBook、実機キーボードの使用感。一部の変則キーを除いては意外と快適、高速タイピングも可能
8インチのUMPC CHUWI MiniBookを利用して、サイト記事編集の大量タイピングを行うことも多い私。キーボードのタイピング感は想像よりよく、高速タイピングも可能です。今回はこのCHUWI MiniBookのキーボードに特化...

 

▼メモリ 8GB、SSD 256GB版は、クーポン「BGJPygu71」の利用により494.99ドル。Banggoodのグローバルサイトよりも 5ドル安くなっています。

CHUWI MiniBook

 

▼私は、ストレージ eMMC版を購入したのですが、PCIe SSDを増設し起動ドライブ化しました。

CHUWI Hi10 X

こちらは全ておすすめですが、おすすめの筆頭になるのはCHUWI Hi10 X。私はHi10 ProとHi10 Xを所有していますが、Hi10 ProのAtom Z8350ではモッサリしていた動作も、Hi10 XのGemini Lake N4100とメモリ 6GBでは快適に動作します。

ボディと専用キーボードは、Hi10 Pro / AirからUSB ポートがMicro USBからType-Cに変わった程度。アルミ製のボディは従来機で既に洗練されているため変更の必要もないのでしょう(流用により、コスト面でも貢献)。専用キーボードはキーの硬さはありますが、UMPCのキーボードと比較すると、一層 快適にタイピングできます。ただし、タッチパッドは敏感すぎるため、無効とする必要があります(ショートカットキーで無効化できます)。

 

▼実機レビュー記事はこちら

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
Gemini Lake N4100を搭載のCHUWI Hi10 X。Hi10 Pro、Airから大幅スペックアップ。Hi10 Proでは遅延を感じていた動作も、CPUの恩恵によりサクサクと動作し、Hi10 Proで課題のWiFiの安定度・速度も大きく改善
CHUWI Hi10 X vs Surface Go、実機のベンチマーク比較。CPUスコアは同水準、価格は半値以下
私は10インチクラスの携帯用PCとしてSurface  Goを利用しているのですが、Gemini Lake N4100を搭載するCHUWI Hi10 Xの体感レスポンスは、Surface Goと同水準のような感覚です。以前、Surf...

 

▼キーボード・スタイラスペンのセットにて、クーポン「BGJPkkij48」の利用により 244.99ドル。こちらもグローバルサイトよりも 5ドル安くなっています。

CHUWI Hi10 X、キーボード・スタイラスペン セット

 

▼外観・専用キーボードともにHi10 Pro / Xと同じですが、CPUがGemini Lake N4100となったことにより、レスポンスは大幅アップ。

Teclast T30、M16

Teclastのフラッグシップモデルで、10.1インチでHelio P70を搭載する Teclast T30。11.6インチの大型ディスプレイ、10コアのHelio X27を搭載する Teclast M16。いづれも、キーボードセットで安く販売されています。

双方ともに、LTE対応、Webサイト閲覧・動画視聴などの普段使いならサクサクと動作しますが、よりレスポンスを求めるなら T30、大画面でブログ記事編集やオフィスソフトなどの作業を行うなら M16との棲み分け。

 

▼クーポン情報は桜祭り 特設会場を参照

Banggood 桜祭りセール

▼製品詳細の記事はこちら

Teclast T30、Helio P70搭載でAnTuTuベンチ 14万の10型タブへの期待度大。189.99ドルに安値更新
Teclastより、Helio P70を搭載する10.1インチのAndroid タブレット Teclast T30がリリースされています。これまでのAndroidタブレットでは、Teclast T20をはじめ、デカコア Helio ...
Teclast M16、11.6型 デカコア搭載のAndroidタブ、タッチパッド付キーボードセットが179.99ドルで新登場
Teclastより11.6型の大型液晶にデカコア Helio X27を搭載のAndroidタブ「Teclast M16」がリリース。特徴はタッチパッド付の専用キーボードでPCライクに使用でき、キーボード付きで179.99ドルと格安なこと

 

▼こちらはM16。ベゼル幅は画像ほどに狭くはないのですが、タッチパッド付のキーボードにより PCライクな使い方ができます。

Mi9T、Mi Note 10、Redmi Note 8 Pro

Xiaomi Mi10のリリースにより、旧モデルとなったMi9シリーズのうち、Mi9Tはかなり安くなりました。Mi10のスナドラ 865、108百万画素のカメラも魅力ですが、価格や普段使いを考慮すると Mi9Tでも十分。

また、スナドラ 730Gと、Mi10には敵いませんが、同じく108百万画素カメラを搭載する Mi Note 10も最近の価格低下で狙い目です。

 

上の画像でのおすすめはRedmi Note 8 Pro。私は画像の価格 209.30ドルよりも高い価格で購入しましたが、この価格にして メインで利用する iPhone XS Maxよりも、アプリの起動や切替は速く、また、64百万画素をメインとするカメラでの実写は、描写がきめ細やかで、iPhone XS Maxよりも暗めの画像であるものの、色合いは自然。200ドル前後のスマホとしてはイチオシです。

 

▼実機レビュー記事はこちら(第一印象的な記事ですが)

Xiaomi Redmi Note 8 Pro、実機ベンチマークと体感レスポンス。アプリ起動は iPhone XS Maxより速く快適に動作
Xiaomi Redmi Note 8 Proの実機レビュー、ベンチマークスコアと体感レスポンス編。動作は像以上に快適で、簡易的に10種類のアプリの起動をiPhone XS Maxと比較したところ、概ね Note 8 Proが速い結果に

 

▼クーポン情報は桜祭り 特設会場を参照

Banggood 桜祭りセール

Realme 5iのプレゼント企画、マスクの販売情報

上の画像のとおり、Banggood 桜祭りセールでは、以下のRealme 5iのプレゼント企画を開催中。Banggood Japanの公式TwitterをフォローしRTするのみで応募は完了です。

realme 5i、100ドル台半ばで スナドラ 665、6.5インチ、5000mAh バッテリーを搭載。安価なスマホをお探しなら候補となる製品
realmeのエントリー機となる realme 5i。エントリー機のため、ディスプレイの解像度などでコストカットしている部分もありますが、レスポンスとしては Huawei P30 liteのKirin 710と同水準のSnapdra...

 

なお、オークションでの高値販売もあり、マスクの販売情報を積極的に記載しにくいのですが、Banggoodではマスクの在庫もあります。中国からの発送のため、数百円の送料がかかり、また納期は10日から2週間ほど要しますが、左から2番目の通常のマスクの場合には、50個で約3,300円と良心的な価格です。

▲▼製品ページはこちら

マスク、50個 約3,300円

 

▲▼こちらは「マスク」での検索結果です。

Banggood マスクの検索結果

 

▲▼マスクを購入する際にポイントとなるのは、発送方法と配送期間。上記の50個で約3,300円の事例では、日本ダイレクトメールで6-12営業日とあり早い方です。あまりに遅いと日本での生産が追いついている可能性もあり(全く先が読めませんが)注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました