BMAX Y11 Gemini Lake N4120版が285ドル、Core i7-8550UのミニPCが300ドルなど、Banggood 2月のクーポン情報(2/29まで)

新型コロナウイルスの影響もあってか、中国各通販サイトのTwitterやWebサイトでのクーポン情報も少なくなっていますが、Banggoodでは普段と比べると対象となる製品数は少ないものの、2/29まで有効なクーポンを配布していますので、一部の製品をピックアップしました。

概ねこれまでの安値を継続ですが、なかには、人気のBMAX Y11のGemini Lake N4120版もあります。

なお、やはり新型コロナウイルスの影響か、一部の製品は「Pre-Order (予約販売)」として出荷が3月となる製品もありますので留意くださいませ。

Teclast M16

AndroidをPCライクに使用するなら Teclast M16。11.6インチに10コアのHelio X27を搭載し、10コアの響きほどの速さではないものの、負荷の激しいゲームなどを除いてはサクサクと動作します。大きい画面にキーボードとタッチパッド付き。LTE対応のため、通勤電車内でのブログ記事編集などにも向いています。

留意いただきたい点は、イメージ画像ほどにベゼル幅は狭くないこと。概ねどの中国ブランドのタブレットやPCも、イメージ画像ではベゼル幅を狭く見せがちですが、Teclastは特にその傾向が強いです。

 

▼Banngoodの2/11時点のキーボードのセット価格は、クーポン「BGJP4508」の利用により 179.99ドル、2/29まで。あるいは「BG823ebJF」の利用により 178.99ドル

Teclast M16 キーボードセット

 

▼製品の詳細記事はこちら。

Teclast M16、11.6型 デカコア搭載のAndroidタブ、タッチパッド付キーボードセットが179.99ドルで新登場
Teclastより11.6型の大型液晶にデカコア Helio X27を搭載のAndroidタブ「Teclast M16」がリリース。特徴はタッチパッド付の専用キーボードでPCライクに使用でき、キーボード付きで179.99ドルと格安なこと

Teclast T30

上のTeclast M16と同じように見えますが、こちらは10.1インチのTeclast T30。解像度はFHDですが、RAM 4GB、ROM 64GBでLTE対応。Teclastのフラッグシップ機となり、CPUにはタブレットとしては珍しく Helio P70を搭載しています。

Helio P70と言えば、スマホのUMIDIGI F2に搭載のCPUですが、M16のキーボードセットのクーポン価格はUMIDIGI F2とほぼ同価格。カメラなどの仕様は異なるものの、スマホとほぼ同価格で10.1インチのキーボードセットが手に入ると思えば、そのコスパ度はかなりのもの(UMIDIGI F2自体が高コスパですし)。

 

▼Banngoodの2/11時点のキーボードのセット価格は、クーポン「BGJP2027」の利用により 199.99ドル、2/29まで。キーボード付きでこの価格は、これまでの最安かも

Teclast T30 キーボードセット

 

▼製品の詳細記事はこちら。

Teclast T30、Helio P70搭載でAnTuTuベンチ 14万の10型タブへの期待度大。189.99ドルに安値更新
Teclastより、Helio P70を搭載する10.1インチのAndroid タブレット Teclast T30がリリースされています。これまでのAndroidタブレットでは、Teclast T20をはじめ、デカコア Helio ...

BMAX Y11、Y13

ディスプレイが360°回転するYOGAスタイルのBMAX Y11 (11.6インチ)とBMAX Y13 (13.3インチ)。タッチパネルにメモリ 8GB、SSD 256GBを搭載することは共通ですが、中国から出荷となるBMAX Y11はCPUがGemini Lake N4100からN4120にアップグレードされています(Y13はGemini Lake N4100から変更なし)。両者のレスポンスに相違はないのですが、多少なりともCPUが上位だと得をした気分になりますね。

なお、双方ともに、キーボード面以外はアルミ製でファンレス。質感の高いボディに、タッチパネルのYOGA スタイル。特に11.6インチのY11は通勤電車内や外出先での作業でも重宝すること間違いなし。

 

▼こちらはBMAX Y13。通常のPC作業で疲れた時に、大画面での動画視聴といった使い方も可能です。

 

▼Banngoodの2/11時点のBMAX Y11の価格は、クーポン「BGJP2345」の利用により 284.99ドル、2/29まで。以下はGemini Lake N4120版。

BMAX Y11

 

▼Banngoodの2/11時点のキーボードのセット価格は、クーポン「BGJP2027」の利用により 199.99ドル、2/29まで。

BMAX Y13

 

▼製品の詳細記事はこちら。

BMAX Y11、11.6型 YOGA PCが新規リリース。Teclast F5RのGemini Lake版となり284.99ドルで販売中
人気の11.6インチ YOGAスタイルのWindows 10 ノートに、新たにBMAX Y11が登場です。私としてはノーマークのブランドですが、全体の雰囲気やポート類の配置がTeclast F5Rと同じことから、Teclast F5...
13.3型 YOGAスタイルのGemini Lake機「BMAX Y13」がリリース。Teclast F5Rと同型のBMAX Y11を大型化
BMAXより、13.3インチ YOGAスタイルのWindows 10 ノート 「BMAX Y13」のリリースです。CPUはGemini Lake N4100、メモリ 8GB、ストレージ 256GBと無難なスペックに、13.3インチで...

CHUWI HeroBook Pro

アルミ製ボディのCHUWI AeroBookやLapBook Proと比較すると、安さで勝負のHeroBook Pro。Proでない通常版はスペックを犠牲にしていましたが、こちらのPro版はCPUをGemini Lake N4000、メモリ 8GB、SSD 256GBと大幅にスペックアップしています。

私はN4000の使用経験がないのですが、N4100と大きく体感できるほどのレスポンスの相違はなく、Webサイト閲覧やブログ記事編集などでは十分です。以前、ボディはアルミ製との噂もありましたが、イメージ画像と価格から判断するとプラスチック製。ただし、製造元はAeroBookやLapBook Proと同じであり、この製造元に共通となるタイピング感のよさも期待できます。

 

▼クーポン「BGJPHBP14」の利用により 229.99ドル。10個限定のため、早期売り切れとなりそうです。

CHUWI HeroBook Pro

 

▼製品の詳細記事はこちら。

CHUWI HeroBook Proが販売開始。約25,000円で14型、Gemini LakeにRAM 8GB,SSD 256GBと高コスパ
2019年9月にリリースがアナウンスされていた、14.1インチの「CHUWI HeroBook Pro」がCHUWI 公式サイト(日本)とBanggoodに掲載されています。エントリー機となる通常のHeroBookからスペックアップ...

Magic Ben MAG1 LTE版

上の写真は、CHUWI MiniBookとMagic Ben MAG1を並べたものですが、UMPCをスリムノートライクに使用するなら、8.9インチのMAG1がおすすめ。One MixやMiniBookと異なり、通常のクラムシェル型であるうえに、キーボードのキー配置にも著しく特殊なものはありません。

もちろん、Core m3-8100Yはサクサクと動作し、ディスプレイも明るく視認性のよいものです。

 

▼メモリ 8GB、SSD 256GBのLTE対応版が、クーポン「BGb7e70d」の利用により 689.99ドル、20個限定です。

メモリ 8GB、SSD 256GBのLTE対応版

 

▼実機レビュー記事はこちら

Magic-Ben MAG1 実機レビュー、狭額ベゼルで極薄の粋なUMPCは液晶の明るさも抜群。タイピングも違和感なし
Core m3-8100Yを搭載するUMPCのMagic-Ben MAG1。8.9インチのクラムシェル型のPCとなり、そのスタイル・デザインのよさとLTE対応版も販売されていることもあり、UMPCのなかでも特に気になる存在です。この...

XCY X35、Core i7-8550U ミニPC

こちらは2/19までと期間が短くなりますが、Core i7-8550U、メモリ 16GB、SSD 480GBのミニPCが、なんと 399.99ドルです。メモリ 4GB、SSD 120GBの場合には 299.99ドルの破格です。ベアボーンではなく、メモリ・SSDのセットでこの価格は安いですね。この価格のため、各5個限定となります。

 

▼メモリはスロット形式のため、メモリ 4GB版を購入し、ご自身で取付との手段もあります。

▲SSDはM.2ではなく mSATA

 

▼13.60 x 12.50 x 4.30 cmの小さなサイズですが、ヒートシンクは大きく冷却効果も期待できます。

 

▼メモリ 16GB、SSD 480GB版は、クーポン「BGX3689」の利用により 399.99ドル。

メモリ 16GB、SSD 480GB版

 

▼メモリ 4GB、SSD 120GB版は、クーポン「BGQT66」の利用により 299.99ドル

メモリ 4GB、SSD 120GB版

Xiaomi Redmi Note 8 Pro

私がつい先日注文し現在受領待ちなのが、こちらのRedmi Note 8 Pro。メイン利用のiPhone XS Maxでは画像編集の保存に不都合を感じ(jpegでの保存に数ステップを要す)、サブ利用のHuawei P30 liteは画面が小さいために、スーパーサブ機として利用予定。

6.53インチの大きめのディスプレイに64百万画素のメインカメラ、CPUはSanpdragon 730に迫る勢いのHelio G90Tでレスポンスも期待できます。AliExpressの2019年の年間販売個数ランキングでは、スマホカテゴリーで第1位の製品です。

 

▼クーポン「BG2RN8PJP」の利用で 213.85ドル。2/29まで 50台限定

Xiaomi Redmi Note 8 Pro

 

▼製品の詳細記事はこちら。

Xiaomi Redmi Note 8 Pro、64MP 4カメラ、スナドラ710越え Helio G90T搭載機のスペックと特徴
CPUにHelio G90T、リアには64百万画素をメインとする4カメラを搭載することを大きな特徴とするXiaomi Redmi Note 8 Pro。私としては、Snapdragon 710越え、あるいはSnapdragon 73...
やはりポチった Xiaomi Redmi Note 8 Pro。私が注文した理由と参照したレビュー動画
Helio G90T、64MPのカメラを搭載するXiaomi Redmi Note 8 Pro。Banggoodにて、RAM 6GB/ROM 64GB版がセールを行っているのにあわせて注文。私が購入した背景や参照したレビュー動画などを記載します。

OUKITEL K9

こちらのOUKITEL K9はクーポン対象のセール商品ではありませんが、当サイトの記事に継続してアクセスがあります。7.12インチ、解像度 2244 x 1080の大型ディスプレイであるものの、タブレットと比較してコンパクトであることに魅力を感じている方が多いはず。

CPUはSnapdragon 625相当のHelio P35にメモリ 4GB、ストレージは64GB。バッテリー容量が大きいこともメリットの一つ。ブロガーの方には、通勤電車内での作業にも向いているかと思います。

▼Banggoodの2020/2/16時点の価格は189.99ドルと海外通販では最安

OUKITEL K9

▼製品の詳細記事はこちら。7.12インチでは、スナドラ 660搭載のHuawei Honor 8x MaxとEnjoy Maxもおすすめ。

OUKITEL K9、7.12型の大型液晶、Helio P35搭載スマホが189.99ドルで販売に。ドコモプラチナバンドにも対応
7.12インチと巨大なサイズのOUKITEL K9。ファブレットとタブレットの隙間をうめるようなサイズ感のAndroid端末です。7.12インチながらも横幅 8.6cmのコンパクトなボディで、通勤電車でつり革に掴まりながら作業ができ...
200ドル前後の7.12インチ スナドラ 660搭載スマホ、Huawei honor 8x Max、Enjoy Maxのスペックと特徴
一時期、安価なコンパクトなAndroidスマホを求めていた私。手元には、UMIDIGI A3 Pro、Xiaomi Redmi Go、Huawei P30 liteと6.3インチ未満の端末があるのですが、大きなiPhone XS M...

Xiaomi Mi A3

なんと、Xiaomi Mi A3が約18千円で販売されています。6.088インチのAMOLEDパネル、インスクリーンの指紋センサーを搭載し、リアの48百万画素のカメラはSONYのイメージセンサーによるもの。同様の製品としては(Mi A3をターゲットにした製品としては、UMIDIGI Xがありますが、今回のクーポン価格は UMIDIGI Xより安く、Xiaomiの安心感からもおすすめです。

▼画像の価格は219.99ドルですが、クーポン「BGA3641」の利用により 159.99ドル

Xiaomi Mi A3 グローバル版

Amazfit GTR 47mm

私が絶賛使用中のスマートウオッチ「Amazfit GTR 47mm」。3ヵ月利用の範囲では、GPSを利用しない場合には、通常利用で40~60日のバッテリー持ち、太陽光のもとでも視認性は抜群、Xiaomi 関連企業の製品となり、質感・アプリとの連携も抜群です。ファームウェアの更新により日本語対応したことも、おすすめの大きなポイント。

私は、SNSなどのアプリの通知、歩数計、時々睡眠計と心拍数の計測、目覚まし時計ぐらいの利用ですが、日々の生活に欠かせないデジギアとなっています。海外有志の作成によるWatch Faceの導入などのカスタイマイズ性も十分。

 

▼画像の価格は 159.99ドルですが、画像の価格下にあるアイコンをクリックすると 137.99ドルとなるクーポンが配布されます。なお、一時期 在庫不足となっていたとの情報もあり留意ください。

Amazfit GTR 47mm

 

▼実機レビュー記事はこちら。

Amazfit GTR、3カ月使用後の再レビュー。バッテリー消費、画面の鮮やかさ、カスタマイズ性ともに抜群のスマートウォッチ
Amazfit GTR 47mmを3ヵ月使用後の再レビューです。驚異のバッテリー持ちは変わらずに、太陽光のもとでも視認性は抜群。47mmのサイズはビジネスの使用においても違和感はありません。さらには待望の日本語対応となり、おすすめの製品です
Amazfit GTRのウォッチフェイスをTAG HeuerやOMEGA風などに変更する方法(AmazFaces アプリを利用)
驚異のバッテリー持ちと太陽光のもとでも視認性のよいスクリーン、しかも待望の日本語対応となり、便利に利用しているAmazfit GTR。デフォルトの文字盤の種類も豊富ですが、やはりデザインでは海外有志の作成による文字盤が優れており、T...

BlitzWolf BW-HL2

家族用に安価なスマートウオッチを物色しいている私。価格的には3,000円の「Amazfit GTR クローンのスマートウォッチがスペックを抑えて約2,500円でセール中」で紹介のDT78も魅力ですが、BlitzWolf BW-HL2(日本語対応)もデザインはよく、一通りの機能を揃えています。

やや気になるのは「Watch Faceは将来的にはアプリ経由でカスタム可能」とあり、現時点は種類が少ないと思われることに、アプリのFitCloudProの出来栄え。ダウンロードしてみましたが、機能が少ないような感覚もあります。

 

▼通常利用のバッテリー持ちは1週間とあります。スマートウォッチのバッテリー消費は概ね公表値と大きく変わらないため、5日程度は持つでしょうね。

 

▼クーポン「BGBWFYE8」により 36.99ドル。当初100個は、10.08ドルのイヤフォン(有線)がサービスのようです。2/11時点では予約販売、出荷は2/28となりますが、2/11時点の売上個数は3,000個以上と結構出ています。

BlitzWolf BW-HL2

その他製品のクーポン情報

製品の詳細については随時追記しますが、取り急ぎのクーポン情報です。XCY X30とCHUWI HeroBoxは2/17まで、その他は2/29まで有効です。

製品クーポンクーポン価格当サイト記事
CHUWI MiniBookBGJP76794384.99ドル実機レビュー
CHUWI Hi10 XBGJP9048244.99ドル製品紹介
NVISEN Y-MU01 ベアボーンBGJPN826219.99ドル実機レビュー
NVISEN Y-MU01 8565U セットBGJPN85616369.99ドル
XCY X30 ベアボーンBGXYS38149.99ドル製品紹介
CHUWI HeroBoxBGCWHRW189.99ドル実機レビュー
Xiaomi Mi9T 6GB,128GBBG029TCL269.99ドル
Xiaomi Mi Note 10 8GB,256GBBG2N10P579.99ドル
CHUWI Hi10 X キーボード・ペンセットBGa75ce2249.99ドル製品紹介
CHUWI UBook Pro 8100Y キーボード付BG01ee2c489.99ドル製品紹介

 

コメント

Amazfit GTR Lite

Amazfit GTRの基本スペックそのままに、スポーツモードの種類を削減したバージョンが109.99ドルで販売中。

Amazfit GTR Lite (GearBest)

▼関連記事
Amazfit GTR Lite、GTR 47mmの基本スペックを維持、109.99ドルで新登場。待望の日本語にも対応
タイトルとURLをコピーしました