Win 10 Pro,Office 2010付で23,000円のミニPCはお買い得か。スペックと特徴を確認してみた

Amazonを巡回していて興味を持ったのが、23,000円ながらも Office 2010が付き、しかも Windows 10 Pro 64bitを搭載するミニPC。本家の中国通販サイトでもあり得ない仕様です。オリジナルの中国製ミニPCにソフトの付加価値を付け、日本向けにアレンジした製品だと思いますが、今回はこのミニPCの概要を確認してみました。

スポンサーリンク

GM-JAPAN ミニ PC AMD A6モデルのスペック

ミニPCの場合、中国の直販メーカーの製品、あるいはベアホーンにCPUなどを組み合わせて販売していることも多いため、モデル名を明確にしにくいのですが、ここではAmazonでの販売者名とあわせて「GM-JAPAN ミニ PC AMD A6モデル」と呼びます。AMD A6-1450以外にCeleron J1900を搭載するモデルもあります。

 

まずは、イメージをつかんでいただくためにも製品リンクです。総合的にみると(海外通販サイトはWindows 10 Proではない)、Amazon / Yahoo! ショッピングがコスパが高いため、海外通販サイトは参考です。

▼ Amazonで販売のモデルはこちら

▲Yahoo! ショッピングでも同スペックでフィンの形状が僅かに異なる Office 2010なしバージョンが販売されています。

▼海外通販サイト「AliExpress」の、同スペック・Yahoo! ショッピングで販売の同ボディの製品はこちら

AliExpress

 

さて、Amazonでの販売モデルのスペックは以下です。

  • CPU : AMD A6-1450 1.0GHz 4コア
  • GPU : Radeon HD8250
  • メモリ :4GB
  • ストレージ : SSD 64GB(mSATA、M.2 SSDではない)
  • WiFi : (デュアルバンド対応か? 未確認)
  • ポート類 : HDMI、VGA、USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 4、有線LAN
  • サイズ : 16cm x11cm x 3.5cm
  • OS : Windows 10Pro 64 BitMicrosoft Office 2010搭載
  • ボディは一部を除きアルミ製、ファンレス

 

よくもわるくもポイントとなる箇所に黄色網掛けしています。ミニPCであるために、USBポート数など Stick PCよりも拡張性は高いのですが、大きな特徴は冒頭のとおり 23,000円の価格でWindows 10 Pro / Office 2010を搭載していること。

その他のポイントは、容量控えめの メモリ 4GB / SSD 64GBは他製品によくあるパターンですが、CPUがAMD A6-1450であること。

AMD A6-1450のベンチマークスコア

紹介するミニPCに搭載のCPU AMD A6-1450のベンチマークスコア・レスポンスはいかがなものか。ネットで拾ったベンチマークスコアは以下です。

 

▼Geekbench 4のCPUスコアは、Single-Coreが691、Multi-Coreが1743

 

▼一方、私が使用するミニPC Beelink Gemini X45はGemini Lake J4105 (N4100相当)のスコアは、Single-Coreが1803、Multi-Coreが5227。上記とはかなりの差があります。

▲▼私が使用するミニPCのレビュー記事。

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...

 

▼こちらは私が所有するPCのなかでも非力な、Atom Z3775を搭載するASUS T90Chiのスコア。

T90Chi、2年使用後の再レビュー。今なお感じる省スペースでのテキスト入力にはベストな端末
8.9インチのWindows 10 2 in 1タブレットである「ASUS T90Chi」。CPUにAtom Z3775、メモリ 2GB、USBポートは1つのみと、今となってはかなり非力で拡張性に乏しい端末ですが、2016年7月に中...

 

Webサイト閲覧・サイト記事編集程度なら極端に遅いと感じることのないAtom Z3775ですが、Gemini Lake N4100と比較すると体感できるほどに動作は遅延気味。Z3775のスコアより低位なAMD A6-1450は、Webサイト閲覧、Wordなどのライトワークにとどめるべきでしょう。

この意味では、Windows 10 Pro、Office 2010にこだわりがなければ、同価格帯のGemini Lake N4100搭載のミニPCのChuwi GBoxが無難な選択です。

Chuwi GBox、Gemini Lake搭載のファンレスミニPCのスペックと特徴。M.2 SSD スロットの存在も確認
Gemini Lake N4100を搭載するミニPCとして、先日紹介のAlfawise、Beelinkの製品に続き、なんとChuwiからも「GBox」が登場です。 Gemini Lake N4100、メモリ4GB搭載はAlfa...

 

外観と機能性

続いて外観と機能性です。

 

▼中国製ミニPCによくある構成ですが、天板にフィンがついており冷却効果を高めています。WiFiアンテナの外付けアンテナ対応もよくあるパターン。

▲USB 3.0 × 2、USB 2.0 × 4と使い道に困ってしまうほどのUSBポート。

 

以下の内部の画像は、AliExpressで販売の、ボディのフィンが微妙の異なるモデルのものです。Amazon販売モデルとは異なる可能性もありますが、ご参考。

 

▼もしやサイドはプラスチック製、フィンのある天板のみアルミ製かも。

▼mSATAは、より大容量のものに換装可能。メモリスロットは一つのみですが、4GBを8GBに換装することも可能です。ただし、CPUが非力であるために(8GBのメモリが活躍する状況は多くない)換装する需要もないかと思いますが。

 

▼mSATA SSDのベンチマーク事例はこちら。

国内通販で購入他のM.2 SSD,mSATA SSD 7製品の実測ベンチマーク(2019年2月時点)
私はノートPCとミニPCの複数台に、Amazon・楽天市場・Yahoo ショッピングで購入したM.2 SSD あるいはmSATA SSDを取り付けて使用していますが、どのメーカーのSSDをどの端末に取り付けたのか混乱する状況になって...

まとめ

Windows 10 Pro 64bit、Office 2010を搭載しつつも23,000円とは、あり得ない価格のミニPC。ただし、CPUのAMD A6-1450はパワー不足感が否めないため、Webサイト閲覧・Word程度のライトユースにとどめたほうが無難。Windows 10 Pro 64bit、Office 2010に魅力を感じない場合には、Gemini Lake N4100を搭載のChuwi GBoxがよりよい選択となるでしょう。

 

コメント

スポンサーリンク

Chuwi AeroBook

クラウドファンディングで出資を募っていたChuwi AeroBookがついにリリース。Core m3、メモリ 8GB搭載の13.3インチノート。LapBook SEと同一製造元の製品です。


AliExpress, Chwui AeroBook

▼個別記事はこちら
待望のChuwi AeroBook、スリムなCore m3搭載機が正式販売に。魅力の4万円台でセール中