Amazonで人気のOffice 10付き3万円の11.6インチPCは買いか否か。スペックと特徴を確認してみた

Amazonで販売されているPCのうち、異例の売れ行きとも言える製品がSmart-Japanの販売する、Atom Z3735Fを搭載の11.6インチ ノートPCです。2018年11月10日時点でのAmazonのレビュー件数は274件にして、評価は5段階中の4と高評価となっています。

中国でのオリジナルのメーカーあるいは販売元はDeeQとなりますが(スペック・サイズ・デザインから類推)、オリジナル製品をベースにスペックと特徴を確認してみました。

スポンサーリンク

Amazon、海外通販サイトでの価格

いつもの記事と順番が逆になりますが、本製品のストレージ 32GB版において、Amazonと海外通販サイト「AliExpress」での価格について記載します。なお、AmazonとAliExpressでは付属品とプレインストールのソフトが異なります。

  • Amazonでは、無線マウス付き、Microsoft Office 2010がプレインストール済
  • AliExpressでは付属品、プレインストールソフトともになく、Windows 10の素の状態
  • OSについては、Amazonの製品はWindows 10 Proとありますが、AliExpressの製品は明記がなく、Homeの可能性が強い。

 

上記の相違を踏まえたうえで、2018年11月10日時点の価格は以下です。

 

▼Amazonでは、ストレージ 32GB版が29,997円

 

▼AliExpressでは現在「いい買い物の日」をセールを行っていますが、ストレージ 32GBのセール価格は19,537円(換算レートにより変動します)。

AliExpress 販売サイト

 

さて、AmazonとAliExpress、どちらがお買い得かについては判断の難しいところ。一般的に、PC単体では、中国の海外通販サイトがAmazonよりも圧倒的に安いのですが、Amazonの製品のOffice 10にどれほどの価値・オンされている価格を見出すか、となります。

私個人としては、3万円のPCとなると以下で紹介のPCも購入可能となるため、AliExpressの素の状態が魅力的に感じます。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー
Gemini Lake N4100を搭載する、ファンレスの14インチノートのJumper EZBook X4。前回の記事「Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い...
Chuwi LapBook SE 実機外観レビュー、3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ
9月19日に注文したChuwi LapBook SEですが、一時的な在庫不足のあおりを受けて11月1日にようやく受領。納期の関係から注文を他の製品にしようかと迷いもあったのですが、待っていて正解でした。大きめのキーボードは入力しやす...
Lenovo Tablet 10 vs Jumper EZBook X1、Gemini Lake搭載ノートのスペック・コスパ比較
Jumper EZBook X4 / X1に続き、Gemini Lake N4100を搭載するPCの記事となります。国内に目を向けると、LenovoからGemini Lakeを搭載する10.1インチの2 in 1 タブレット「Tab...

スペックと特徴

では、本製品のスペックと特徴を記載します。重さ以外はAliExpressサイトより抜粋しています。

  • Model : YCA116Pro
  • OS : Windows 10 (Amazonでは Proとの表記あり。AliExpressではおそらく Home)
  • CPU : Intel Atom N3735F, Quad Core 1.33GHz (max to 1.83GHz)
  • GPU : Intel HD Graphics
  • RAM : 2GB
  • ストレージ : 32GB eMMC
  • ディスプレイ : 11.6インチ、TNパネル解像度 1366×768
  • Wi-Fi: 802.11b/g/n
  • Bluetooth : 4.0
  • ポート類 : USB2.0*2、Mini HDMI
  • バッテリー : 6000mAh 7.4V
  • サイズ : 294*200*15mm、重さ 798 g
  • ボディはプラスチック製

 

よくもわるくも特徴となる箇所に黄色網掛しましたが、以下のとおり補足します。

 

  • 上記スペックのレスポンスは、現在のエントリークラスのApollo Lakeと比較すると、さすがにモッサリ感を感じますが、Webサイト閲覧・文書編集なら十分に使用できます。
  • ただし、メモリ使用量がますます増大しつつあるGoogle Chromeは、時々カクカクした動きとなり、Chromeの重さと相まって、Windowsの更新直後にはCPU使用率が100%となることもしばしば(ただし、この状況は上位のCPUでも生じます)。
  • ストレージは32GBと少ないのですが、Amazonでは64GB版も選択できます。32GB版ではWindows更新後のバックアップファイルなどで容量を圧迫します。
  • ディスプレイは視野角の狭いTNパネルとなりますが、この価格では仕方がないもの。
  • AmazonとAliExpressでは重さの記載が異なるのですが、Amazonに記載のとおりに重さ 798gであれば、11.6インチとしては特筆すべき軽さです。
  • デザインとしては、プラスチック感の漂うものですが、艶ありの天板の処理、サイドの絞り込みなどわるくはないものです。ただし、採用するCPUから2016年あたりの古い製品と思われ、古いが故かベゼルの太さが気になります。

 

▼USB 2.0となるものの、USBポート2つ、コンパクトなサイズのPCにMicro HDMIではなく Mini HDMIとなることは評価できます。

まとめ、買いか否か

AmazonとAliExpressの付属品・Office 10搭載の相違はさておき、PC単体でみた場合の判断です。旧世代のCPUとメモリ 2GBであるため、バリバリと使いこなすには難があるものの、安価であるために気遣いもなく、また  798gの軽さであるために携帯用端末としての購入は十分にありです。

ただし、文中に記載のとおり、3万円の出費となると他の中国メーカーの上位のPCも購入可能となるため、購入するなら(Office 10が不要なら)AliExpressの素の状態がよりよいとの認識です。

 

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント