広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ALLDOCUBE iPlay 50 Pro Max、Helio G99搭載のAndroid 12タブレット。ストレージ容量が倍増となり販売に

CPUにHelio G99を搭載するAndroid タブレット「ALLDOCUBE iPlay 50 Pro」の派生モデルとして、ストレージ容量が128GBから256GBと倍増となった「iPlay 50 Pro Max」が販売されています。

2スピーカー、Widevine L1に未対応、Android 13ではなく 12であることは、「iPlay 50 Pro」と変わらず。

スポンサーリンク

ALLDOCUBE iPlay 50 Pro Maxのスペック

2023年7月23日現在、AliExpressでは価格表示が割引前となっている一方、Amazonでは 128GBの「Pro」版と同一ページでの販売であり、日本で先行販売されているようです。黄色網掛は「Pro」版との相違事項ですが、ストレージ容量のみにとどまっています。

CPUMediatek Helio G99 (MT6789) 8コア
メモリ8GB
ストレージ256GB UFS 2.1
ディスプレイ10.4インチ、IPSパネル、解像度 2000 x 1200
WiFi、Bluetooth11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 5.2
LTEFDD:B1/2/3/5/7/8/20/28AB、TDD: B38/39/40/41
カメラフロント 5百万画素、リア 8百万画素
バッテリー容量6000mAh、18W 急速充電に対応、USB Type-C
サイズ248 x 157.8 x 8.4mm、466g
OSAndroid 12
その他2スピーカー、GPS搭載、金属製ボディ

 

▲▼AliExpressの製品紹介に、AnTuTu ベンチスコアは42万と明記されています。先日レビューした Helio G99を搭載するタブレット「N-One NPad X」の実測スコアは約39万。3万ほどの差がありますが、2つ目のリンク先記事のUNISOC T618(従来のメインストリームのCPU)と比較すると、10万超の差をつけ高スコアであることに間違いはありません。

N-One NPad X 実機レビュー、Helio G99搭載でキビキビと動作の10.95インチ Android 13タブレット
今回レビューする製品は、CPUにHelio G99を搭載する 11インチ Android 13タブレットの「N-One NPad X」です。 AnTuTu ベンチマークの実測スコア 約39万に、メモリ 8GB + 拡張 8GBを搭載し...
ALLDOCUBE iPlay 50 2023モデル 実機レビュー、低価格ながらもAnTuTu スコアは約29万、鮮やか液晶でNetflixのWidevine L1もサポート
今回レビューの製品は、CPU(SoC)にUNISOC T618を搭載する、10.4インチ Android 13 タブレット「iPlay 50 2023モデル」。従来モデルとの大きな変更点は、メモリが最大 8GBまで ストレージから割り当...

 

ALLDOCUBE iPlay 50 Pro Maxの惜しい事項

 

Teclast T50 Pro、Alldocube iPlay 50 Proなど、Helio G99搭載のタブレット 5製品のスペック・機能の比較

 

上の記事にて、Helio G99を搭載するタブレットのスペック比較を行っています。「ALLDOCUBE iPlay 50 Pro Max」の発売は2023年7月と後発であるものの、他社製品に先行する「iPlay 50 Pro」がベースとなっており、以下の事項で見劣りします。ただし、Widevine L1以外は大きく実用的なものではなく、価格重視なら「iPlay 50 Pro Max」も購入候補となります。

  • ストレージからメモリを仮想的に割り当てる「メモリ拡張機能」を未搭載。
  • Android 13の製品が多いなか、Android 12であること。
  • バッテリー容量が6,000mAhと、このクラスとしては控えめであること。
  • 4スピーカー搭載の製品もあるなか、2スピーカーであること。
  • Netflix、hulu、Amazon ピライムビデオなどの動画配信サービスを高画質再生可能な「Widevine L1」に未対応であること。

 

▼ストレージ 256GBのMax版のAmazon 価格は、クーポン利用により 22,649円(7月23日現在)。他のHelio G99搭載タブレットより安価です。