今なお販売の8インチ Win 10タブ、おすすめはしないが弄り端末としては程よい価格

Windowsの面白い端末はないものかと、AliExpressを巡回していると、未だに 8インチのWindows 10 タブレットが販売されています。2015年~2016年に全盛だったと記憶の8インチ タブレット(当時はAndroidとのデュアルOS)。CPUはAtom Z8350、メモリ 4GBにストレージは64GBと、Atom Z8350に懐かしさも感じます。

非力なために、決しておすすめする製品ではありませんが、AliExpressのお気に入りは2,583件と意外にも注目されているようです。1万円台後半で販売されており、iPad miniのキーボードと組み合わせて  安価な端末でUMPCぽく遊んでみるといった、弄り目的での需要はありそうです。

スポンサーリンク

8インチ Win 10 タブレットのスペック

今回紹介の8インチ Win 10 タブレットのスペックは以下となります。CPUはAtom Z8350ですが、Z8300のバージョンも販売されています。

CPUAtom Z8350
GPUIntel HD Graphics 600
メモリ4GB
ストレージ64GB eMMC
ディスプレイ8インチ、IPS、解像度 1280 × 800
WiFi2.4GHz / 5GHz
Bluetooth4.0
ポート類Micro USB、TFカードスロット
サイズ207 x 124 x 9mm、335g
OSWindows 10 Home
その他

 

Jumper EZPad Mini 5 実機レビュー、360gの8型 1万円のWin 10タブ、過去に人気のスタイルが今 新鮮に思えてきた
2015年から2016年にかけて全盛の、8インチクラスのWindows 10とAndroidのデュアルOSタブレット。もはや、デュアルOSタブレットの言葉すら見かけなくなりましたが、8インチのWindows 10タブレットは現在でも...

 

約2年前に上のリンク先記事のとおり、8インチ Win 10 タブの「Jumper EZPad mini 5」の実機レビューを行っています(2021年9月14日現在、AliExpress / Banggoodでは販売なし)。また、Amazonでは類似の「EZPad Mini 8」が現在でも販売されています。

ただし、これらはメモリ 2GBと心もとないのですが、本製品は メモリ 4GBにストレージは64GB。Atom Z8350のためにモッサリとした動きとなりますが、ストレージ容量では Windows 10の更新に何とか対応できます(32GBでは困難。本製品はWindows 11には適さず)。

なお、ディスプレイの解像度はFHDではなく 1280 × 800ですが、8インチのために粗さが目立つことはないでしょう。

まとめ

「未だに8インチのWin 10 タブが販売されている」程度に、サラリとスペックのみを記載しました。非力なため、また、専用キーボードもないためにおすすめの製品ではありませんが、上の写真(文中に記載の「Jumper EZPad Mini 5に、iPad miniのキーボードケースを組み合わせたもの)のように、弄り用の端末としてはよい素材です。

 

▼2021年9月14日時点のAliExpressでの販売情報

AliExpress 販売ページ

 

▼Atome Z8350、メモリ 4GBは、以下の7インチ UMPC「ドンキ NANOTE」と同じです。

ドンキ NANOTE、実機のベンチマークスコアと1週間使用の体感レスポンス
ドンキのNANOTEを使い始めて1週間ほど経過しましたので、ベンチマークと体感レスポンスについて記載します。税別 19,800円と安価なこともあり、CPUにはAtom Z8350と必要最低限。このため、Webサイト閲覧などのライトユ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました