海外通販で見つけた LTE対応の7インチ格安UMPC。バイヤー向けで個人購入不可だが遊び用端末としては面白いかも

国内外通販サイトで販売していないデジギアを探す際に、Indiegogoなどのクラウドファンディングや、バイヤー向けのAlibabaを参照することが多いのですが、今回見つけた製品は上の画像の7インチ UMPC。Atom Z8350、メモリ 4GBとなり、「ドンキ NANOTE」や「Peakago」に似た構成ですが、大きな特徴はキーボードがバックライト付きであることに、LTE対応であること。

関連記事

これがドンキ「NANOTE」のオリジナルモデル? 海外通販で見つけた バイヤー向け格安UMPC。日本語キーボード版の存在も

スポンサーリンク

格安 7インチ UMPCの概要

上のはめ込み画像に「Core i3/5/7」の文言がありますが、当製品のCPUはCore i シリーズではなく、Atom Z8350です。Alibabaサイトのスペック表そのままの転載ですが、そのスペックは以下です。

上記のスペック以外では下記の記載もあり、ボディの一部は金属製と読み取れ、キーボードにはバックライトも付いています。

7 inch pocket notebook YOGA 360 degree rotation 2 in 1 metal narrow border OGS backlit keyboard mini tablet pc

また、コスト追加のオプション扱いかもしれませんがLTEにも対応し、メモリは8GBのオプションもあるようです。となると、先日までクラウドファンディングを行っていた「Peakago」の関連モデルの可能性もあります。

7インチ LTE対応のUMPC、Atom Z8350搭載で安価なPeakagoがリリース予定
YOGAスタイルのUMPCとして、今度はAtom Z8350を搭載する7インチのPeakagoがIndiegogoサイトにて出資を募っています。デザイン、コンセプト的には、GPD Pocket 初代から始まった7〜8インチのUMPC...

外観と機能

▲▼以下の記事で掲載のNANOTE実機のキーボードと比較すると、英語キーボードであることも影響し、かなりすっきりとしています。このレイアウトを見ると、NANOTEも英語キーボードの搭載が正解だったのでは、と思えてきます。キーのアルファベットの印字も、NANOTEよりもクールに見えるのは気のせいでしょうか。

ドンキ NANOTE 実機の外観レビュー。細部の粗さはあるも、液晶は高品質。CHUWI MiniBookとの比較も
税抜 19,800円と格安ながら、そのボディの一部は金属製となる ドンキのNANOTE。キーボードの特殊なキー配置や、裏面の端の底板の浮きなどの粗さもありますが、ディスプレイの表示品質のよさも含めると、この価格での販売は評価すべきか...

 

▼こうしてみるとブラックモデルもよいものです。ただし、Alibabaサイトに掲載のモデルはプロトタイプなのか、天板がまだら模様になっています。

▲ポート類は右サイドに集中していますが、電源兼用のUSB Type-C、USB 3.0、Micro HDMI、イヤホンジャックにSDカードスロット。そこまではNANOTEと同じ構成ですが、その奥にあるのは、以下の「Peakago」と同じく Micro SIMスロットでしょう。

 

まとめ

おそらく、日本で販売されることはなく、また、AliExpressなどの個人向けの海外通販サイトでも販売されることはないと思われる(類似品のPeakagoは販売されるかも)製品ですが、10,000個超の発注の場合には 175ドル。万一、日本でも通信可能なLTE対応のモデルが、国内で税抜 25,000円前後で販売されると、それなりの注目となりそうです。

 

▼Alibabaのバイヤー向けの価格情報。

Alibaba

 

▼もう一つ、気になる小型PCがこちら。Atom N2600、メモリ 2GB、OSはWindows 8と古さを感じる製品ですが、8.9インチのこのスタイルは古いようで新しい。

8.9インチ 小型PC

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました