VOYO VMac SSD搭載機が1/28まで100個限定、Geekbuyingでセール中

デスクトップパソコン、あるいは所有のStick PCの代替にと、以前から欲しいWindows 10端末が、海外で多く展開しているミニPC。Stick PCよりも拡張性に優れ、スペックも比較的高いものです。

そんなミニPCのなかでも魅力的な製品が、VOYO VMac (V1) 。過去記事でも何度か取り上げていますが、Geekbuyingにて、CPUにPentium N4200 、ストレージにSSD 120GBを搭載したバージョンが、クーポン適用でUSD 209.99でセール中。

今回は、あらためてVOYO VMac (V1)の魅力を整理します。

VOYO VMac (V1)の魅力

セール中のVOYO VMac (V1)の基本スペックは以下となります。

  • CPU: Intel Pentium N4200
  • RAM: 4GB
  • SSD: 120GB
  • インターフェースは、 3.5mm Audio、Mini HDMI Female、有線LANポート、TF card、USB3.0
  • サイズは、12.00 x 12.00 x 2.80 cm

スペックのみをみると他社製でもありがちなものですが、上記のスペック以外に魅力に感じるポイントは以下です。

2TBまでの2.5インチ HDDを増設可能

12cm角の小さなボディに、2TBまでの2.5インチ HDDを増設可能です。

私は現在使用していないHDDを複数所有しているのですが、古いパーツも有効活用できます。

また、メモリも8GBまで増設できます。デフォルトの4GBでも、Web閲覧・動画視聴・オフィスソフトの使用程度なら十分なのですが、8GBあるとなおも安心。

Pentium N4200、SSDとあいまって、レスポンスは全く心配ないでしょう。

▼かなり魅力的な拡張性。原文を拝借。

冷却対応もファンでバッチリ

Stick PC、ミニPCの小さなボディで心配なことは冷却対応。私は、Stick PC / Fire Tv Stickともにヒートシンクを取り付けて冷却対応しています。

この点、VOYO VMac (V1) はアルミ製のラジエーターに、温度可変式のファンを備え付け、冷却対応もバッチリです。

なお、ファンが稼働すると音量が気になるところですが、海外ユーザーの記事を参照すると、気にならない程度の音量とのことです。

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた
安くて便利なStick PCですが、ファンレスであるがために、課題としてあげられているのが排熱・冷却対応。夏には熱暴走してしまうかもと不安がよぎります。今回、この冷却・熱対策のため、銅板とアルミヒートシンクを用いて改造してみました。

Pentium N4200、SSD 120GBを搭載

こちらはスペックどおりなのですが、中国製では多いCeleron N3450ではなくPentium N4200を搭載し、SSD 120GBにして2万円台前半の価格は安いです。というのも、SSD 120GB単体でも、国内通販では7,000円前後からの価格設定となっており、CPU / RAM /OS込みでこの価格設定は不思議です。

レスポンスにおいても、私はこれより下位のCeleron N3450、Atom Z8350 / Z3775のPCを利用していますが、これらでもWeb閲覧・動画視聴・オフィスソフトの使用で困ったことはありません。VOYO VMac (V1)のレスポンスは十分なことが想像できます。

▼1月28日までの100個限定ですが、クーポコード:MINIPC4を使えば209.99ドルになります。

Geekbuying 販売サイト

関連記事

Stick PC vs ミニPC、発売時期が異なる2種をあえて比較してみた
購入以来、液晶テレビの大画面に出力し、快適に使用しているStick PCですが、有線LAN接続や、ヒートシンク取付やらで、Stick PCら...
HDDも増設可能なミニPC「VOYO VMac」最安2万円未満で魅力いっぱい
先日の記事「Stick PC vs ミニPC、発売時期が異なる2種をあえて比較してみた」にて、「Stick PCを持っている私として...

シェアする

フォローする