TV Boxのフリーズは排熱の影響か、簡易ヒートシンクを用いて確認

約3ヵ月前の9月初旬に、海外通販サイトのGearBestから3,000円ほどで購入したTV Box。海外ではメディア視聴端末として人気のTV Boxですが、Android端末としての一般利用はいかがなものか。

本来は「Android端末としても、ブログ編集にも利用可能」としたかったのですが、ブログ記事の編集中にフリーズすることの多い状況です。

ハイスペックのTV Boxの状況は異なるかと思いますが、このフリーズが多い原因の一つとして、以下に記載のとおり 排熱処理が上手くできていないと推察します。

そこで今回は、TV Box内部の温度の実測と、簡易的に排熱効果を高めてみた状況のレポートです。

スポンサーリンク

TV Boxの温度上昇、簡易ヒートシンクによる効果

▲私が購入したTV Boxを裏返しにした様子。

複数のスリットがあることから、排熱効果はよいだろうと想像していたのですが、以下のとおり、その内部の温度の上昇度合いは激しいものでした。

▼スリープから復帰後の温度は45度。

手持ちのAndroid スマホ(goo g07)のスリープ復帰後は30度前後だったため、この時点で45度は高め。排熱処理が上手くできていないこと以外に、もともと熱をもちやすいSoCなのでしょう。

▼そして、アプリを起動し数分間動かしてみると、たちまち70度前後まで上昇です。軽めのアプリでも、YouTubeを10分ほど視聴しても70度前後となります。軽めのアプリとYouTubeでは負荷が異なるため、多少の温度の差があってもよいのですが。

本体を触ってみると、上側は温かみを感じなかったのですが、底面はそれなりに温度を帯びています。

そこで、以下の画像のとおり、大きなヒートシンクを取り付けたStick PCをヒートシンク替わりに使用してみました。

▼Stick PCのヒートシンクの記事

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた
安くて便利なStick PCですが、ファンレスであるがために、課題としてあげられているのが排熱・冷却対応。夏には熱暴走してしまうかもと不安がよぎります。今回、この冷却・熱対策のため、銅板とアルミヒートシンクを用いて改造してみました。

▼利用しているヒートシンクはこちら

この暫定的なヒートシンク利用時の温度の変化等は以下となります。

  • YouTubeを40分ほど連続視聴しましたが、フリーズすることなく安定しています。また、その際の温度は70度前後と高いものの安定(最大 74度まで上昇)。
  • 特筆すべきは、YouTubeを停止後の温度の下がり方が、ヒートシンクなしの場合と比べると、かなり向上しています。
  • どれほどの向上かと言うと、ヒートシンクなしの場合には、60度台後半をしばらくキープしていたのですが、ヒートシンクありでは5分ほどで52度まで低下。
  • 排熱をよくした効果か、あるいは他の影響かもあるかもしれませんが、現在のところ、いつになくフリーズすることなく安定動作しています。

上記では「ヒートシンクによる効果」を連発していますが、正確に記載すると 底部の風通しをよくしたこと、ヒートシンクを利用したことの双方の効果によるものです。

まとめ

TV Boxのフリーズが多いこと、内部温度が高い状況を鑑み、今回は簡易的なヒートシンクを利用したに過ぎないのですが、安価なTV Boxのフリーズ対策を垣間見たようであり、一定の効果ありと言えるでしょう。

さらに、ヒートシンク・排熱を工夫すると、Android端末としての常用も可能かも。検証のうえ確認できたところで追記します。

TV Box 関連記事

3,000円でも豊富な機能/拡張性のAdnroid,TV Boxの外観レビュー
最近になって感じ始めたFire TV Stickのカクカクなレスポンスと、拡張性の乏しさのため、Fire TVの購入もチラホラと考え...
3,000円のTV Box、ベンチマークは7インチタブをやや上回る結果に
海外通販サイトより、約3,000円で購入したAndroid端末としてのTV Box。先ほどの記事「3,000円でも豊富な機能/拡張性...

▼私が購入したTV Boxはこちら(GearBestサイト)
MECOOL M8S Pro+ TV Box Amlogic S905X Android 7.1 – 2GB RAM + 16GB ROM US PLUG

▲▼私としては、Amazon Fire TV並みに使用できることを目論んでいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする