Chuwi SurBook Mini、Applo Lake搭載、無段階 125度まで可変可能なキックスタンドが魅力的

先日の記事「Chuwi Hi10 Pro 実機レビュー、国内格安ノート 辛口ランキング1位の製品よりもコスパ度は圧倒的」で紹介のChuwi Hi10 Proを購入したばかりなのですが、 GearBestサイトをみていて魅力的に感じたのが、同じくChuwiのSurBook Mini。Applo Lake N3450を搭載した10.8インチの2 in 1です。今回は、このSurBook Miniのどこが気になったのか、私が感じるその魅力をお伝えします。

Chuwi SurBook Miniのスペック

では、まずは基本スペックの確認から。

比較対象はChuwi製品から、12.3インチのSurBookと、やや古い機種ですがSurBook Miniと同じ10.8インチのHi10 Plus。

Hi10 PlusはCPUに旧世代のZ8350を使用し発売も1年以上前であり、比較対象としてはどうかとの想いもありますが、GearBest他の通販サイトでキーボード付で2万円を切る価格。コスパ面で優位なため比較対象としています。

▼GearBestサイトの製品詳細ページです。()の価格は2017年11月16日時点のものです。なお、Hi10 Plusのみキーボード付価格、SurBook / SurBook Miniは本体のみの価格です。

Chuwi SurBook Mini (USD 249.99)

Chuwi SurBook (64GB USD 451.36)

CHUWI Hi10 Plus (キーボード付 USD 179.99)

後述の私がSurBook Miniに惹かれる事項と重複しますが、上記のスペック表以外の事項も含め、SurBook miniの特徴は以下のとおり。

  • Applo Lake N3450が快適。私のようにWebサイト閲覧・ブログ編集などの軽めな作業でも感じるものとして、私がサブ的に使用するAtom Z3777 / Z8350の端末と比較すると、何をするのもキビキビしています(Jumper EZBook 3 Proの利用経験より)。
  • キックスタンドは無段階で125度まで可変可能。キーボードを使用した場合には、この恩恵は大きいです。2 in 1 タブレットの場合、本体とキーボードの重量配分などから、ディスプレイを一定角度以上に寝かせることができず、電車内での利用など、もう少し角度が欲しい状況が多々あります。
  • USB Type-CのUSB PDチャージ機能。製品紹介ページには、12V/2Aで3時間以内のフル充電可能とあります。外出時の緊急を要する充電などで助かります。

▼SurBook Miniと同じCeleron N3450を搭載する「Jumper EZBook 3 Pro」のレビュー記事

Jumper EZBook 3 Pro レスポンス / 使用感のレビュー、これで2万円台とは驚愕のコスパの高さ
Jumper EZBook 3 Pro関連の記事が続きますが、利用を始めて1週間経ったところで、レスポンス・使い勝手等のレビューです...

キーボードの機能・入力感も気になるところですが、海外通販サイト。海外の他サイトを参照しても、2017年11月18日時点では、キーボードのリリース・販売状況を確認できません。安価で入力しやすいものならよいのですが。

なお、SurBook、Hi10 Plusとの比較では、SurBookはChuwiとしては高めの価格設定と思われ、やや魅力が薄れます。一方のHi10 PlusはCPUこそ古いものですが、現在 国内量販店で販売の多くの2 in 1が同じZ8350を搭載しているように、まだまだ現役。これがキーボード付で2万円を切っていますので、コスパ面では圧倒的です。

※以下の画像は、GearBestサイトへのリンクです。

Gearbest Chuwi SurBook Mini 2 in 1 Tablet PC (GearBest)
Chuwi SurBook Mini 2 in 1 Tablet PC (GearBest)

▲本体とキーボードのセット画像。

製品紹介ページでもキーボードのレイアウトを確認できず、また、後述のリンク先であるSurBook (12.3インチ)のレビュー動画では、タッチパッドが正確でないこともあり扱いにくいとあり、SurBook Miniのタッチパッドも気がかりです。

ただし、私のJumper EZBook 3 Pro、Chuwi Hi10 Proともに、キーボード使用中にはどうしてもタッチパッドに触れてしまい、思いがけない動作をしてしまいます。このため、ほとんどマウスパッドを利用しておらず(無効化しマウスを使用)、SurBook Miniも含め、タッチパッドは補助的なものと認識したほうがよいかと思います。

Gearbest Chuwi SurBook Mini 2 in 1 Tablet PC (GearBest)
Chuwi SurBook Mini 2 in 1 Tablet PC (GearBest)

▲金属製ボディ(製品紹介ページには「Metal」の表現になっているのですが、アルミ製でしょう)の背面のデザインも、その色合いもふくめてスタイリッシュ。

また、このキックスタンドは無段階で125度まで可変可能とのことです。このSurBook miniにてキーボードを付けた際にも125度まで可変するものか、確認とれなかったのですが、12.3インチのSurBookが以下の海外動画のとおり可変することから、おそらく大丈夫でしょう。

私が所有するASUS T90ChiやChuwi Hi10 Proなど、2 in 1タブレットではキーボードと本体の重量のバランスもあり、一定の限度までしかディスプレイを寝かせることができず、電車内などの利用では角度が足りず、やや視認性がわるいものになっています。

この点、SurBook miniもSurBookと同様にキーボードを付けた状態で可変することができるなら、そのサイズ感からも、電車内や外出先での使い勝手のよいものでしょう。

▼こちらはminiではなく、12.3インチのSurBookのレビュー動画ですが、6分20秒あたりで、キーボードを付けた状態でも、ディスプレイをかなり寝かせることができることが確認できます。

まとめ

現時点(2017年11月18日)では、キーボードの販売状況・価格を確認できていないのですが、Microsoft Surfaceと比較するとコスパ面では大きな魅力。また、その他の2 in 1 タブレットとの比較では、キックスタンドが無段階で125度まで可変可能であることに惹かれます。

以下リンク先の製品紹介ページでは、Chuwiでの比較対象機種として、SurBook Mini / Surface Pro 4 / iPad Proを比較していますが、ChuwiのSurBook Miniへの自信のほどをうかがい知ることができます。

▼下記リンク先のGearBestサイトより


Chuwi SurBook Mini (USD 249.99)

Chuwi SurBook (64GB USD 451.36)

CHUWI Hi10 Plus (キーボード付 USD 179.99)

シェアする

フォローする