iPad 2017をソフトバンクで衝動買い、iPad mini3との体感差を比較

先日の記事「新型 iPadは税別37,800円~、そのコスパ度を中古のiPadシリーズと比較」に記載しましたが、新型 iPadに興味深々に私。昨日、家族のスマホをiPhone7、iPhone7 Plusに機種変した際に、ソフトバンクの営業トークに家族ともども乗せられ(家族ともども納得)、家族の共用として、iPad 2017 Wifi + Cellular 32GBを購入・契約しました。

これがお買得であったかどうかはさておき、また、iPad 2017のレビュー記事は巷にあふれているため、本日は 使い勝手・レスポンスなどの体感的なところで、手元にあるiPad mini3との比較です。

スポンサーリンク

iPad 2017 aututu ベンチマーク

冒頭にて「体感的な」と言いつつも、また、Aututu ベンチマークのスコアの差ほどに、体感的なレスポンスの相違は感じないことを認識しつつも、新機種を購入したら気になってしまうAntutu ベンチマークです。

▼先日の記事「新型 iPadは税別37,800円~、そのコスパ度を中古のiPadシリーズと比較」から、iPad 2017(Wifi 32GB)と、同価格帯で購入できるiPadシリーズの比較表を再掲。

iPad 2017のCPUがA9、メモリは2GBであるのに対して、iPad mini3のCPUはA7、メモリは1GBです。

▼Antutu Benchmark v6.2のスコア

iPad 2017は左ですが、機種はUnknownとなっています。右のiPad mini3のCPUは、iPad 2017よりも2世代古いため、ダブルスコアの差を開けられています。

▼iPad、iPhoneシリーズのなかでは、iPad 2017は8位。iPhone SE、iPad Air2の中ほどに位置しています。

余談ですが、ベンチマークスコアでは上位に位置するiPhone7 Plus、iPhone7に機種変した家内と息子が、それぞれ「iPhone7 Plus、iPhone7は、それまで使用していたiPhone6、iPhone5よりも遅く感じる」と言っていたのが気になるところ。iOSのバージョンによるものか、iPhone7 Plus、iPhone7の初期設定中だったのか、確認する必要があります。

▼一方のiPad mini3は、iPhone 5Sと同水準のスコアです。

iPad 2017、iPad mini3とのレスポンスの相違など

Antutu ベンチマークのスコアでは、iPad mini3に対し、ダブルスコアの差をつけたiPad 2017ですが、その体感的なレスポンスなどの相違、使い勝手はどうでしょうか。

設定、Webサイト閲覧、アプリを複数操作したなかでの、感じたことを記載します。

▼7.9インチのiPad mini3と、9.7インチのiPad 2017

ディスプレイサイズ以上に、ボディサイズの差を感じます。

▼厚さは同じ7.5ミリなのですが、iPad 2017が若干厚く感じるのは錯覚か?

  • 今、iPad 2017のソフトキーボードにて、座椅子に座りながら当記事を編集しているのですが、 ベルトの位置、あるいはヘソあたりにiPadの下側を押し当てて(固定して)両手持ちで入力していると、ちょうどいい感じです。一方のiPad miniでは、やや窮屈あり、肩が凝りそう。

  • ディスプレイのサイズ差には言及しないつもりでしたが、ブログ編集などの入力においては、ディスプレイの大きさ、文字の視認性のよさとあいまって、さすがに入力環境ではiPadが優位。

  • なお、ソフトキーボードを分割して文字入力しているのですが、指の移動範囲は、iPadがやや少ない。ここにおいても、入力面ではiPad優位。

  • 一方、ブログ編集、Web閲覧程度では、iPad mini3、iPad 2017のレスポンスの相違は感じません。強いて言えば、Google Chromeの縦スクロールは、iPad 2017がややスムーズに感じる程度。

  • iPad mini3よりもiPad 2017が、ややレスポンスがよい(僅かながらに感じるものであり、同時に作業を行い、かつじっくり観察しないとわからない程度)と感じるものとして、アプリの挙動があります。例えば、私がよく利用するFXアプリでは、画面の切り替えや、レートの反映など、僅かながらにiPad 2017が機敏なイメージ。

まとめ

先の記事「「新型 iPadは税別37,800円~、そのコスパ度を中古のiPadシリーズと比較」の続編のような、iPad 2017とiPad mini3の比較でした。

私が購入したのは、Wifi + Cellular 32GB(ソフトバンク)ですが、iPad 2017 Wifi 32GBは、iPad mini3 Wifi + Cellular 128GBの中古、iPad Air2 Wifi + Cellular 16GBの中古と同価格帯。

ディスプレイサイズが異なるため、どれがよいかと一概に言えないものの、自宅利用ではディスプレイサイズが大きく、CPUはA9、メモリ2GB搭載のiPad 2017のコスパが高く、おすすめの筆頭になるかと思います。

▼関連記事

新型 iPadは税別37,800円~、そのコスパ度を中古のiPadシリーズと比較
2017年3月21日にAppleは9.7インチの新型「iPad」を発表。やはりその魅力は、32GBのWifiモデルで税別37,800円という価格設定。今回は、この新型「iPad」のコスパがいかに優れているか、同価格帯の中古のiPadシリーズと比較してみました。
iPad 2017 キーボードケース、3,000円ながらも入力、質感は上々
先の記事、「iPad 2017をソフトバンクで衝動買い、iPad mini3との体感差を比較」のとおり、 iPad 2017を家族共...



白ロム SoftBank iPad mini3 Wi-Fi+Cellular 128GB A1600 スペースグレイ タブレット 本体 【中古】【美品】【送料無料】【あす楽】【1年保証】 0317

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事