Chuwi Hi10 Pro、ベンチマーク、Wifi速度、メモリ使用量の実測。Atom Z3775、Celeron N3450搭載機との比較

家族が絶賛使用中のChuwi Hi10 Proですが、そのベンチマークはいかがなものか。私が利用することの多い、Atom Z3775、Celeron N3450を搭載した機種との比較とともに、メモリ使用量などを確認してみました。

スマホではベンチマークが優位の端末が、体感レスポンスではベンチマークが下位の端末よりも優れていることも多く、私としてはベンチマークの結果にそれほどこだわりもないのですが、ご参考です。

スポンサーリンク

比較対象機種

ベンチマーク、体感的なレスポンスの比較対象とした機種は、手持ちの以下となります。

▼CPUはCeleron N3450、メモリ6GB搭載のJumper EZBook 3 Pro

Jumper EZBook 3 Pro レスポンス / 使用感のレビュー、これで2万円台とは驚愕のコスパの高さ
Jumper EZBook 3 Pro関連の記事が続きますが、利用を始めて1週間経ったところで、レスポンス・使い勝手等のレビューです...

▼CPUはAtom Z3775、メモリ2GB搭載のASUS T90Chi

T90Chi、サイズ感絶妙で手放せないWin 10端末。1年使用後の総括レビュー
2017年5月に、遅ればせながらヒンジを加工しディスプレイ角度をより拡げて以降、電車内、自宅でますます使用する頻度が増えた ASUS...

CrystalDiskMark

ストレージのデータ転送速度を測定できるベンチマークソフト「CrystalDiskMark」での測定結果です。

eMMCを搭載するChuwi Hi10 Proですが、Windowsや各種アプリ起動において、HDDとeMMCとの体感差は圧倒的、感動するほどにeMMCが優位。

一方、eMMCとSSDの体感差はそれほど劇的なものではなく、使い方にもよりますが、私の経験では、以下の記事でも掲載していますが、何となくSSDが速いと感じる程度。

Jumper EZBook 3 ProにSSD M.2を取付、eMMCとのパフォーマンス比較
Jumper EZbook 3 Proを使い始めて約一週間。SSD M.2スロットのついているバージョン3で気がかりなことは、コスト...

Chuwi Hi10 Pro単体でみた場合、Windowsや各種アプリ起動、ファイルの並び替えなどのストレージにかかわるものは、特に不満などもなく、HDDを使用していた方からみるとかなりの速さに感じることでしょう。

以下の計測結果は、上から順にChuwi Hi10 Pro (eMMC)、ASUS T90Chi (eMMC)、某メーカーさんからお借りしているPCのHDDとなっています。

▲eMMC搭載のChuwi Hi10 ProとSUS T90Chi は、誤差の範囲内でほぼ同結果。希に同じeMMC搭載機でもコスト削減のために低速なものを使用しているケースもありますが、Chuwi Hi10 Proでは低速な部類でもなく通常のもの。

HDDとの比較では、最初のシーケンシャルアクセス以外の差は歴然です。

ドラクエベンチマーク

続いてドラクエベンチマークです。以下リンク先の手持ちのCore 2 Duo機では「測定不能」との判定となったベンチマークですが、ベンチマークでの測定は普通に可能であり、キーボード付で2万円ちょっとのHi10 Proでも、Core 2 Duo機よりは優位です(Core 2 Duoと比較するのも酷ですが)。

Windows 10、Core 2 Duo世代の中古パソコンでの使用感
私が常用しているパソコンは、2015年6月に中古で8,888円(税別)にて購入した5年落ちのもの。このCore 2 Duo世代でのWindows 10の使用感・感想です。ブログ編集・ブログ編集における画像編集・サイト/動画閲覧の使用に限定した、しかもフィーリング的な使用感であることをご了承くださいませ。

では、測定結果です。上から順にChuwi Hi10 Pro (CPU : Z8350)、ASUS T90Chi (CPU : Z3775) 、Jumper EZBook 3 Pro (CPU : Z8350)です。

▲順当な結果です。Webサイト閲覧、ブログ記事編集、画像編集の体感的なレスポンスは、Chuwi Hi10 ProとASUS T90Chiは同程度、Jumper EZBook 3 ProはChuwi Hi10 Pro・ASUS T90Chiと比較すると、かなりキビキビとした動きです。

▼以下はChuwi Hi10 ProのGeekbench 4のスコアです。ご参考まで

Wifi 回線速度

自宅の環境(Nuro 光)にて、ほぼ同時刻にWifiの回線速度を計測しました。Chuwi Hi10 Proはデュアルバンド対応ではありませんが、参考程度の情報です。

上から順にChuwi Hi10 Pro、ASUS T90Chi 、Jumper EZBook 3 Proです。

▲それなりの差が出ました。Chuwi Hi10 ProはWifi感度が弱いとのレビューコメントもありますが、私はルーターのすぐ近くで計測しており、また、自宅にWifiの届きにくい箇所はないため、Wifi感度が弱いことを確認できていません。

Chuwi Hi10 ProとJumper EZBook 3 Proでは倍近くの差がありますが、Chuwi Hi10 Proでもダウンロードは40Mbpsと十分な速度。通常利用において体感できるほどの差ではないとの認識です。

▼Wifiの感度がわるいと感じたら、以下のような無線LAN子機を購入するのもありです。600円ほどで購入できます。

メモリ使用量

メモリ4GBを搭載するChuwi Hi10 Proですが、メモリ使用量はいかほどのものか、確認してみました。メモリ使用量は、インストールしているアプリ、スタートアップの状況(制御)で異なりますので、参考情報となります。

▼アプリを起動していない状況(システム関連の自動起動を除く)では、32%の使用量であり十分なものでしょう。

▼Google Chromeでタブを10個開いた状態では、79%の使用量。やはり、Chromeのメモリ使用量は激しいです。

まとめ

Chuwi Hi10 Proにて、定番のベンチマークスコア、回線速度、メモリ使用量を確認しました。手持ちの以下の端末での体感的なレスポンスの順位をつけると、レスポンスのよい順に、Jumper EZBook 3 Pro、Chuwi Hi10 Pro = ASUS T90Chi、僅差でCore 2 Duo機となります。Chuwi Hi10 Pro単体でみると、2万円ほどの端末でもあり十分なものです。

  • Chuwi Hi10 Pro (CPU : Z8350、メモリ4GB)
  • ASUS T90Chi (CPU : Z3775) 、メモリ2GB)
  • Jumper EZBook 3 Pro (CPU : Z8350、メモリ6GB)
  • Core 2 Duo、メモリ4GB、SSDに換装

▼私はこちらのGearBestサイトにて、本体とのセットで購入しました。画像の価格は2017/11/11時点のものですが、価格は流動的です。実勢価格はサイトにてご確認ください。
Gearbest CHUWI Hi10 Pro (キーボードセット、GearBest)
CHUWI Hi10 Pro (キーボードセット、GearBest)

▼お買い得感は薄れますが、Amazonでも販売しています。

関連記事

Chuwi Hi10 Pro 実機レビュー、国内格安ノート 辛口ランキング1位の製品よりもコスパ度は圧倒的
ついに到着したChuwi Hi10 Pro。多くの方のレビューから1年以上遅れての投稿となりますが、何回かに分けてレビューします。 ...
Chuwi Hi10 Pro 専用キーボードのレビュー、高品質な外観にして使用感はいかに
私がChuwi Hi10 Proの購入を検討する際に、各所のレビューを参照するなかで、最も気にしていたのが、キーボードの入力感。他の...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする