Gemini Lake N4100,Win10のミニPC Beelink S IIが199.99ドルでリリース。M.2 SSDにも換装可能

TV Box・ミニPCを多くリリースしているBeelinkから、Gemini Lake Celeron N4100を搭載するミニPC「Beelink S II」がリリースされました。現在のところは、メモリ4GB / eMMC 64GB、メモリ8GB / SSD 128GB搭載の2つのバージョンがあるのですが、今回は前者の紹介です。

なお、双方ともにWindows 10をプレインストールしていますが、メモリ4GB / eMMC 64GB版は199.99ドルと購入しやすい価格になっています。これなら、Apollo LakeのミニPC(メモリ6GB版)とほぼ同価格帯であり、Apollo LakeのミニPCを検討中の場合にはGemini Lakeで決まりです。

Beelink S IIの概要

では、Beelink S Ⅱの概要です。

全般的には、ミニPCらしく拡張性は高く、Windows 10もプレインストールされており、扱い易い製品になっています。

  • OS: Windows 10 64Bit
  • CPU: Gemini Lake Celeron N4100
  • GPU: Intel UHD Graphic 600
  • RAM: 4G DDR4 (8GB搭載機もあり)
  • ROM: 64G eMMC (SSD 128GB搭載機もあり)
  • ポート類は、HDMI×2(デュアルスクリーン対応)、有線LAN、Card Slot、USB3.0×2
    USB2.0×2
  • Wifiはデュアルバンド対応
  • サイズは11.90 x 11.90 x 2.00 cm、重さ337g

以下で紹介の他のGemini Lake機と同様にメモリは4GBと少なめですが、DDR4の価格との見合いでしょう。Gemini Lake機のエントリー構成は、これまでのところはメモリ4GBが標準型であるように感じます。

Gemini Lake N4100搭載のJumper EZbook X4が3万円台まで下落
Gemini Lake N4100を搭載する14インチのJumper EZBook X4。2018年5月12日時点では536.9ドルの本機は早くも300ドル台半ばまで価格が下がっています。536.9ドルでは割高感があったのですが、300ドル台ではさらに魅力的。この EZBook X4の概要を再確認してみました。
Jumper EZBook X1、Gemini Lake N4100搭載の11.6型 回転機構付タッチスクリーン IPSパネルなど、魅力満載の端末が出荷間近に(2018年5月13日現在)
先日の記事にて、Gemini Lake N4100搭載のJumper EZBook X4の概要をお伝えしましたが、同様に気になるのが...

なお、このBeelink S IIの気になるところがCPUファンの有無ですが、Beelinkの製品はファンレスであることが多く、当機もファンレスであることを期待(通販サイトの情報では、ファンレスか否かを確認できず)。

▼Gemini Lake Celeron N4100とApollo Lake N3450との相違ですが、キャッシュが2MBから4MBに、メモリがDDR3からDDR4に。Gemini Lakeのベンチマークは出揃っていないのですが、Apollo Lakeよりも優位であることは間違いなし。

▼オンボードのeMMCの他、2242サイズのM.2 SSD、2.5インチのSATA HDDも増設可能です。起動ディスクをSSD化することは可能ですが、HDDはUSD接続と思われます(起動ディスク化できないはず)。

まとめ

私の認識では、Gemini Lake搭載のミニPCは先日紹介のAlfawise T1に続き2製品目。今後、他社からもリリースされることと思いますが、コスパの高いACEPCや、VOYOがApollo LakeのミニPCと同様にアルミ製ボディの製品をリリースしてくると賑やかになりそうです。

▼こちらはGeekbuyingの販売情報

クーポンコード:BEELINK2の利用で先着限定100台のみとなりますが、189ドルとなります。

▼こちらはGearbestの販売情報

シェアする

フォローする