アプリが無料? AndroidにAmazon Underground をインストールしてみた

IMG_0005

動きがモッサリしてきたNexus 7 (2012)の代替にChuwi Hi 8を購入して以降、ますます使い道のなくなったNexus 7。

このNexus 7を有効利用しようとパッと思いつくのは、息子の動画試聴端末、または予備校講義の試聴用端末。ところが、後者はGoogle Playで専用アプリがあるものの動かないらしい。

ならば、Nexus 7にLinuxまたはFire OSをインストールできないかと思いきや、予想どおり敷居が高い、または困難。そこでサイトを巡回した結果、お遊び要素としてたどり着いたのが、以下のリンク先にあるとおり、Amazonが米国・英国・フランス・ドイツにて正式にリリースしている「Amazon Underground」を、Nexus 7にインストールすることです。

参照元 アマゾン、アイテム課金もすべて無料になるアプリストア「Amazon Underground」をローンチ

スポンサーリンク

Amazon Underground とは何ぞや

上記のリンク先を読むとポイントは以下のとおり。「Underground」との名前は怪しげですが、Amazonの正式リリースであり、しっかりしたもの。Google Playストアを利用のAndroidユーザーとアプリ開発者を、Amazonのアプリストアに導くのが狙いのようです。

  • 「Amazon Undergroud」にて提供の有料販売またはフリーミアム型(インストール・基本サービスは無料だが、高度な機能・追加機能には別途料金を課金)で提供されているAndroid用のアプリやゲームが完全に無料となる。
  • ゲーム開発者、そして販売元には、ユーザーがアプリを使った時間に応じて、Amazonが対価を払う。

使用するためには、米国のAmazon アカウントが必要

注意事項ですが、Amazon Undergroundのインストールには、米国 Amazonのアカウント登録が必要となります。

▼私の別ブログで、米国 Amazonへの登録方法をご紹介しています。米国での商品レビューを参照する目的で登録したのですが、Amazon Undergroundのインストールで役立つとは思いませんでした。

参考、Amazon Undergroundのインストール

上記のとおり、米国 Amazonへの登録が必要となり「誰でも即」という訳にはいきませんので、ご参考としています。

私はNexus 7 (2012)にインストールしましたが、他のAndroid スマホ・タブレットでも同じ手順です。

まずは、米国Amazonサイトにてサインイン、そして「Amazon Underground」をダウンロード。

f:id:kminebg1110:20160101214104j:plain

スマホ・タブレットの「設定」画面にて、「提供元不明のアプリ」のインストールを許可するのをお忘れなく。

f:id:kminebg1110:20160101214136p:plain

 何事もなくインストール完了

f:id:kminebg1110:20160101214148p:plain

そして最も混乱するところがこちら。「Amazon Underground」アプリを起動すると、Amazonの日本語表示で「ID(メアド)・パスワード」を照会されるのですが、米国 AmazonのID・PWを入力しても拒否されます。これを解決するためには、以下画像のとおり、「国を選択」にて日本からUSAに変更する必要があります。

f:id:kminebg1110:20160101214231p:plain

無事に起動できました。以下はUndergroundメニューの表示の過程と、ゲームアプリの一部抜粋です。私はゲームはしないので、実際のお得感がわからないのですが、今度 ゲーム以外で確認してみます。

▼メニューに「Amazon Appstore」とあります。

wTNsiDJEwKceU6a1486168975_1486169047

▼「Amazon Appstore」にある「Underground Apps」をタッチ。

1iFfioalk5TuuEA1486169073_1486169141

▼トップにあったカレゴリーの一部を抜粋。どのアプリが無料となっているのかわからないのですが、時間がある時にGoogle Playでの価格と比較してみます。

u0J9DQ_drAwk1fa1486169177_1486169281

スポンサーリンク

シェアする

フォローする