Tbook R8S、3万円ちょいの15.6インチ SSD搭載のApollo Lakeノートがリリース

中国メーカーのなかではプラスアルファの機能を追加したPCをリリースすることの多いT-baoですが、今回紹介するのは15.6インチ、Apollo Lake N4100、SSD 128GBを搭載し、プラスアルファの機能として2.5インチ HDDを増設可能なTbook R8S。

以前、Tbook R8 / X8Sを紹介したことがあるのですが、今回のR8SはR8のスペックアップ版であるように思われます。私は、このR8Sを2017年度に発売された製品と勘違いしていたのですが、リリース直後の製品のようです(海外ユーザーサイト情報)。

スポンサーリンク

スペックと特徴

大きな特徴としては、Apollo Lake機としては15.6インチの大きなディスプレイであることと、2.5インチ HDDを増設可能であること。

  • CPU : Apollo Lake N4100
  • メモリ : 6GB
  • ストレージ : 128GB SSD、3.5インチ HDD増設可能
  • ディスプレイ : 15.6インチ、解像度 1920 x 1080、TNパネルであること濃厚
  • ポート類 : USB 3.0 × 2、有線LAN、Mini HDMI
  • サイズ : 37.00 x 24.00 x 0.90 cm、1.65kg
  • 10キー付キーボード
  • ボディはプラスチック製

 

特徴となる項目は黄色網掛の箇所ですが、惜しいのはおそらくIPSパネルではなくTNパネルであることです。

「おそらく」としたのは、製品紹介ページではIPSパネルと解釈できる記載もあるのですが、海外のユーザーサイトでの見解、さらに同じく15.6インチのR8がTNパネルであることから、TNパネルでしょう。

 

以降、画像に基づき補足します。

 

▼10キー付のキーボード。私としては誤タイピングを避けるためにも、10キーなしで 主要キーのキーピッチをひろくしたほうがよかったのでは、と思います。

 

▼15.6インチの大きなボディサイズのため、2.5インチHDDを増設できること以外にも、ポート類は充実。USB 3.0 × 2、有線LAN、Mini HDMIと一通り揃っています。

▲なお、ボディの材質はプラスチック。15.6インチにして後段の価格を考慮すると、アルミ製ではなくプラスチック製でもやむなしでしょう。

Tbook R8Sの価格情報

TNパネルであるものの、15.6インチのディスプレイにApollo Lake N3450、メモリ 6GB、SSD 128GBを搭載し、2.5インチ HDDも増設可能なTbook R8Sですが、2018年10月12日時点の価格は以下となります。

やはりTNパネルが気になるものの、15.6インチのApollo Lake機としては数少ない製品で、3万円ちょっとのコスパも十分です。

 

▼通常のセール価格 279.99ドルのところ、10/15日までの期間限定となりますが、クーポンコード「GB-TATBR8S」の使用により269.99ドル / 310499円となります。

Gearbest T-bao Tbook R8S
T-bao Tbook R8S

 

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Win And I net

コメント