KOSPET Prime 2、8コアCPU、2.1型へと大幅スペックアップ。ピュアなAndroidベースのためバッテリー持ちには要注意

ピュアなAndoridを搭載するスマートウォッチ「KOSPET Prime」が、「KOSPEST Prime 2」へとスペックアップし販売されています。スクリーンは1.6インチから2.1インチに大型化、CPUも4コアから8コアのHelio P22に、バッテリーは1260mAhから1600mAhへ大幅スペックアップ。

関連記事

KOSPET Prime 実機レビュー、外観・ハード編。4コアで快適動作だが、ソフト側の調整が必要

スポンサーリンク

KOSPET Prime 2のスペックと特徴

最初に留意事項を記載します。LTE対応のKOSPET Prime / Prime 2ですが、使い勝手に大きく影響するのが、Bluetoothでの連携となるスマホアプリ。Primeは「WiiWatch」、Prime 2は以下の「WiiWear」を利用しますが、PrimeのWiiWatchではBluetoothの接続切れや、SNSの通知すら難ありな状況です。WiiWearは未確認ですが、アプリの良し悪しで使い勝手が異なります。

WiiWear

WiiWear
開発元:唯特智能技术有限公司-Wiite
無料
posted withアプリーチ

 

さて、Prime 2のスペックは以下となります。

CPUHelio P22、8コア
メモリ4GB
ストレージ64GB
スクリーン2.1インチ、解像度 480 x 480、IPS パネル
フロントカメラ13百万画素、イメージセンサーはSONY IMX214、90°回転機構
WiFi11a/b/g/n
Bluetooh4.0
スマホ 対応OSiOS 9.0以上、 Android 5.1以上
SIMNano SIM
バッテリー1600mAh
サイズダイヤル径 60mm、厚み 17.4mm
OSAndroid 10
その他顔認証、Google Play対応

 

▲2.1インチ、ダイヤル径 60mmとなるとその大きさは強烈。ダイヤル径 50.8mm・1.6インチのPrimeの場合にも、腕の露出する夏場は人目につくのが恥ずかしいのですが、覚悟する必要がありそうです。

 

▲90°の回転機構のあるフロントカメラ。顔認証も可能ですが、、腕を上げてスクリーンオンの機能で十分とも思います。

 

▼フロントカメラのイメージセンサーは、SONY IMX214。「OnePlusと同じ」とありますが、OnePlusのどの旧製品と同じであるのかは未確認。

 

▲バッテリー容量は、Primeの1260mAhから1600mAhに増量です。通常利用で36時間、ライトユースで48時間のバッテリー持ちとあります。スマートウォッチとしてみた場合には物足りず(ピュアなAndroid ベースのためにやむを得ず)。スマートウォッチで普通に使用する場合には、(以下で実機レビューの)バッテリー持ちのよい AmazfitやHuaweiの製品をおすすめします。

Amazfit GTR、3カ月使用後の再レビュー。バッテリー消費、画面の鮮やかさ、カスタマイズ性ともに抜群のスマートウォッチ
Amazfit GTR 47mmを3ヵ月使用後の再レビューです。驚異のバッテリー持ちは変わらずに、太陽光のもとでも視認性は抜群。47mmのサイズはビジネスの使用においても違和感はありません。さらには待望の日本語対応となり、おすすめの製品です
Huawei Watch GT 2e 実機レビュー、画面の鮮やかさと機能、装着感はAmazfit GTR以上。ただし、iPhoneのアプリ連携は要注意
家族用に購入した「Huawei Watch GT 2e」を受領しましたので、実機レビューをお届けします。AliExpressでの注文から受領まで約1ヶ月半かかり、受領前には一時 購入したことを後悔しましたが、実機を手にするとその後悔...

 

▼CPUにHelio P22を搭載するスマホとしては、(古い製品ですが)以下のCUBOT Max 2があります。スマホとしては厳しいスペックですが、スマートウォッチとしては十分。下位のCPUを採用する従来版のPrimeも、ホーム画面や設定画面はサクサクと心地よく動作します。

CUBOT Max 2、6.8型に右上ノッチ、5000mAh バッテリーのAndroid 9スマホが新規リリース
CUBOTより新規リリースとなったMax 2。ネーミングのとおりCUBOT Maxの後継となりますが、6.8インチの大きめサイズにバッテリー容量は5,000mAh。さらに、ノッチは中央の台形・しずく型ではなくディスプレイ右上にある仕...
KOSPET Prime 実機レビュー、外観・ハード編。4コアで快適動作だが、ソフト側の調整が必要
4コアのCPUにメモリ 3GB、Android 7.1に1260mAhの大容量バッテリーを搭載するスマートウォッチ 「KOSPET Prime」。スペックの魅力に惹かれて購入しましたので、外観・ハードについて簡易的にレビューします。...

▲円形のスマートウォッチでは、Google Play アプリをインストールしても、アプリの端にあるショートカット(アイコン)を押下できないこともあり、注意が必要です。

まとめ

1.6インチから2.2インチ、4コアのCPUから8コアへとスペックアップした「KOSPET Prime 2」。私のKOSPETの使用感としては、(バッテリーが増量となった Prime 2ですが)バッテリーを毎日 充電する必要もあり、スマートウォッチとしての実用性には疑問。ピュアなAndroidベースの、スマートウォッチとしては高スペックな製品を試してみたい方向けの製品との認識です。

 

GearBestの11月19日時点の販売価格は 199.99ドル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました