Surface

Surface

Surface Goと同時購入した、あるいは物色中のおすすめ周辺機器 10選

通勤電車内、職場での昼休み、そして自宅でと便利に使用しているSurface Goですが、周辺機器の選択肢が多いためにあれやこれやと迷ってしまいます。そこで今回は、私が使用している、あるいは物色中の周辺機器を紹介します。 関連記...
Surface

Surface Go、通販で人気のケースのレビュー。約千円ながらも保護機能はバッチリで安心感あり

Surface Goを購入し、かなり悩んだのがケースの扱い。背面保護を重視しケースを使うべきか、あるいは軽さを活かしケースなしで運用すべきか。かなりの時間をかけて検討、品定めを行った結果、背面保護とSurface Goのコンパクトさ...
Surface

Suface Goに取り付けたガラスフィルムの簡易レビュー。千円ながらも貼りやすく、エッジの浮きもなく秀逸

Surface GoのガラスフィルムをAmazonにて購入し取り付けましたので、簡易的にレビューします。10インチクラスのガラスフィルムの貼り付けでは何度も失敗している私ですが、今回購入したフィルムでは、何度か貼り直したうえで、数カ...
Surface

Surface GoでHDMI外部出力、本体への給電も可能なUSBハブのレビュー

Surface Goの周辺機器として、最初に購入を検討したのがUSB Type-Cのハブ。しかも、「外部ディスプレイ接続用のHDMIポートが付き、さらには給電もできるものを」と探していたのですが、Amazonにて7in1のハブを約3...
Surface

写真多数、Surface Go 実機の外観レビュー。キックスタンド・タイプカバーの造り・実用性も十分

外出時・通勤時の携帯用端末として購入したSurface Go。そのコンパクトさとタイプカバーの使い勝手のよさによるメリットが大きく、これまで外出先でのサイト記事編集で使用していたASUS T90Chi、iPadに替わる機種として購入...
Win 10 設定

Surface GoのWindows 10 S モードを即解除。S モードの解除手順を画像で概説

Surface GoにプレインストールされているOSはWindows 10 Sモード。インストールできるアプリはMicrosoft Storeでダウンロードできるものに限定されるため、Google Chromeさえインストールできず...
Surface

意外とサクサク、Surface Go 実機のベンチマークスコア、Gemini Lake N4100の比較も

使用して即感じた、モバイル端末としてはかなり使い勝手のよいSurface Go。私が購入したSurface Goは、メモリ 4GB / PCIe SSD 128GBのUSAモデルとなり日本モデルと異なるのですが、メモリとSSD容量の...
Surface

Surface Goを注文した背景と利用目的。10インチでキーボード込み800g未満の軽さは大きな魅力

初期不良で返品となったOne Mix 2Sの代替として、Surface GoをAmazon USAに注文。Surface GoのUSA仕様の場合にはオフィスソフトなしとなりますが、私が注文したのはメモリ 4GB、ストレージ 128G...
Surface

Jumper EZPad Go、価格2倍のSurface Goとスペックを比較してみた

2019年3月にリリースされた「Jumper EZPad Go」。11.6インチ、Apollo Lake N3450を搭載するWindows 10 2 in 1ですが、キーボード・スタイラスペンを付属しつつも約300ドルと安価なこと...
Surface

高すぎるSurface Goの国内価格、Amazon USAならワンランク上のキーボードセットで購入可能

携帯性に優れた10インチ Windows 10 2 in 1のSurface Go。CPUはPentium Gold 4415YとApollo Lake N3450水準のエントリーレベルとなりますが、128GB版はPCIe SSDと...
スポンサーリンク