M1 Mac

M1 Mac

Mac mini ドッキングステーション、5製品の特徴。統一感重視のSatechi、PCIe SSD ポート・DisplayPortを装備のHagibisのPro版他

Mac miniと統一感のあるデザインで、USBポートやSSDを増設可能な「Mac mini用のドッキングステーション」。国内外通販で多くの製品が販売されていますが、代表的な5製品について、その特徴を記載します。 USB 3....
M1 Mac

M1 MacBook Air vs MacBook 12インチ、今さらながらの外観比較

M1 MacBook Airを使い始めて 1年以上経過したなか、今さらながらに購入の中古のMacBook 12インチ。さすがに、レスポンスは M1 Macに劣りますが、1kg未満の軽さも含めて、ブログ記事編集のライトユースなら、使い...
M1 Mac

在庫一掃、M1 Macも安い ヤマダウェブコムのPC / タブレット スペシャルセール

在庫が無くなり次第の終了となりますが、ヤマダウェブコムでは、M1 MacBook Air / M1 Mac Mini / M1 iMacをはじめ、Windows PC、タブレットのスペシャルセールを開催中です。 セール会場では...
スポンサーリンク
M1 Mac

M1 MacBook Airをトリプルディスプレイ化、Fire TV Stickのミラーリングにより安価で簡単に外部映像出力

M1 MacBook Airを2台のモニターに映像出力する際、通常の手法では DisplayLinkに対応する変換アダプターを用意する必要がありますが、同アダプターは最安でも 5,000〜6,000円と価格がネック。そこで、手元にあ...
M1 Mac

M1 MacBook Air、1年間の使用で感じた長所と短所。万能ながらも拡張には工夫・精査も必要

2020年12月に M1 MacBook Airを購入し、約1年間 メインPCとして利用したなかでの 長所と短所をあらためて記載します。 レスポンス、画面の明るさ、バッテリー持ち、快適タイピングのキーボード、静音性ともに秀逸で...
M1 Mac

M1 Mac 仮想環境でのWindows 10、iMac ターゲットディスプレイでの使用事例。Win 10の表示領域も大きく快適

上の写真は、M1 MacBook Airを 約10年前の iMac 27インチ Mid 2010に接続(ターゲットディスプレイ)した様子です。表示のWindows 10は、M1 MacBook Airに導入した Parallels ...
M1 Mac

M1 Mac、Parallels DestopのWindows 11を削除し、Windows 10を再導入する手順

M1 MacBook AirのParallels Desktopに導入した Windows 10を11に更新したのですが、フリーズやWiFiを使用できないなどの不具合が多く、通常運用は困難と判断。そこで、Windows 11を削除し...
M1 Mac

M1 Mac / iMac 27 Mid 2010のターゲットディスプレイ、M1 Mac Montereyでも快適動作することを確認

Macのターゲットディスプレイを目的として、2021年5月に中古のiMac 27インチ Mid 2010を購入して以降、Windows PCのディスプレイとしても 快適に使用しています。 M1 MacBook Airの外部ディ...
M1 Mac

M1 MacBook Airを macOS Montereyに更新、Big Surとのベンチマーク比較

今更ながらですが、M1 MacBook AirのOSをBig Surから Montereyに更新しました。iPhoneからのミラーリング機能、画面右下のクイックメモなど、便利な機能が満載です。今回はこれらの機能はさておき、Monte...
M1 Mac

M1 MacのParallelsに仮想マシンとして Windows 11を導入も、課題が多く運用困難(11/27時点)

2021年11月初旬に、M1 MacBook AirのParallels Desktop 仮装環境に導入した Windows 10を11に更新するも、不具合が多く玉砕。本日、懲りずに新規に Windows 11 ARM Inside...
M1 Mac

M1 Mac 仮想環境のWindows 10を11に更新するも、不具合・課題が多く運用に難あり(11/13時点)

M1 MacBook AirのParallels Desktop 17 for Macでの仮想環境に導入していた Windows 10ですが、Windows 11への更新通知を受領したことに伴い、早速 アップデートしました。しかしな...
M1 Mac

M1 Macで Windowsが動作のParallels Desktop、実機の動作状況と10%オフのクーポン情報(10/27まで有効)

M1 Macの仮装環境で Windowsが動作するアプリ「Parallels Desktop 17」。私は M1 MacBook Airにて同アプリを利用し、Windows 10 ARM版を導入していますが、メモリ 8GBのM1 M...
M1 Mac

M1 MacBook Air用に購入、外付けDVDドライブの簡易レビュー

M1 MacBook Airを使用している家族の要望により、外付けDVDドライブを購入しましたので 簡易的にレビューします。Amazonで販売の USB 3.0 / USB Type-Cの双方で接続可能な安価な製品ですが、M1 Ma...
M1 Mac

M1 MacBook Air、約8ヶ月の使用で生じた 軽度の不具合の事例

2020年12月より M1 MacBook Airを使い始めて 約8ヶ月が経過しましたが、最近 軽度の不具合が発生しましたので、参考までに記載します。現在は解消できていますが、その不具合とは、スリープから復帰すると、画面が異様に暗い...
M1 Mac

Parallels Desktop 17、M1 MacでのWindows 10の起動とレジューム時間を計測。16.5より安定度が増した感覚あり

M1 MacでWindowsが動く「Parallels for Mac」が、バージョン 16.5から17へ更新となりました。バージョンアップの最大の特徴は「Windows 11とmacOS  Montereyに対応」となりますが、「...
M1 Mac

M1 MacでWindows 11が動く Parallels Desktop 17、バージョンアップのポイント、16.5からの更新手順

M1 Macにて Windowsを仮想化して操作することのできる「Parallels」。私も使用していますが、Mac上でWindowsやWindowsのアプリを起動でき、Mac / Windows間のコピペやファイルの共有などにも便...
M1 Mac

M1 Mac Windows 10 ARMの日本語入力エラー対応、Google 日本語入力の導入方法

M1 Macにて便利に利用できる「Parallels Desktop」による Windows 10 ARM版ですが、Microsoft IMEの日本語入力においては、日本語言語パックのインストールにてエラーが生じています。そこで利用...
M1 Mac

M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして iMac 27インチ Mid 2010を接続。クラムシェルモードでも動作

ヤフオクにて ジャンクな iMac 27インチ Mid 2010を格安で購入。目的は ターゲットディスプレイにより、M1 MacBook Airの外部ディスプレイ化することです。別途購入のUSB Type-C / Mini Disp...
M1 Mac

M1 MacBook Air、仮装 Windows 環境を外部ディスプレイに接続。ミニPCライクに使用してみた

便利に利用している M1 MacBook Airの仮装環境での Windows 10 ARM版。通常価格 8,345円のソフト「Parallels Desktop」を導入する必要がありますが(他にWindowsのプロダクトキーも必要...
M1 Mac

M1 iMacの発売で期待したい、旧型 iMac 中古相場の下落。5月の価格と活用事例

4月にリリーズされた M1チップのiMac。レスポンス、刷新されたデザインと7色展開のポップなカラー、Touch IDを装備したMagic Keyboardなどの見どころ満載。一方、私が注目しているのが、旧モデルのiMacの中古価格...
M1 Mac

M1チップのiMac、4.5Kパネル、Touch ID付キーボードなど、M1 MacBookユーザーから見ても魅力満載の逸品

Appleより発表された M1チップを搭載する「iMac」。そのレスポンスは、M1 MacBook Air / ProとMac miniで立証済ですが、デザインも刷新されています。7種類のポップなカラーに、24インチ 4.5K 解像度の...
M1 Mac

M1 Macにも対応のメンテナンスアプリ「OnyX」、インストール手順と使用事例

Macのファイルなどのメンテナンスや各種設定に便利なアプリ「OnyX」。M1 MacのBig Surにも対応していますので、インストールの手順と、ごく一部の使用事例について記載します。各種設定のアプリとしては「TinkerTool」...
M1 Mac

M1 MacBook AirでWindows 10 ARM、仮想環境で終日利用の使用感。想像以上のレスポンスで常用も可能

M1 MacBook Airに「Parallels Destop」と「Windows 10 Pro ARM版」のプロダクトキーを取得したうえで、仮想環境にて Windows 10を導入し、普段どおりに終日、記事編集やWeb ブラウジ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました