15.6インチ、256GB 2.5 SSD、8GB DDR4搭載で300ドル未満。YEPO 737A6 2019年版のスペックと特徴

スポンサーリンク

15.6インチのApollo Lake ノート「YEPO 737A6」ですが、2019年になり一部の仕様が変更されています 。Apollo Lakeとしては珍しくメモリ 8GB DDR4も選択でき、起動ドライブとなるSSDはM.2ではなく2.5インチを搭載しているように見受けられます(※)。

 

※ AliExpressサイトからの引用ですが、デフォルトの起動ドライブが2.5インチとの明記はないものの、背面のスロットとイメージ画像の説明より判断。

スポンサーリンク

YEPO 737A6のスペックと特徴

 

YEPO 737A6のスペックは以下です。

  • OS: Windows 10
  • CPU: Intel Celeron J3455  (Apollo Lake N3450相当)
  • メモリ: 8GB  DDR4、6GB版もあり
  • ストレージ : SSD 64GB / 128GB / 256GBより選択
  • ディスプレイ : 15.6インチ、解像度 1920 x 1080 (FHD) 、IPS
  • WIFI: 11b/g/n
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類 : 2x USB 3.0、Mini HDMI
  • バッテリー : 7.4V / 4000mAh*2
  • 重量: 1.8 kg
  • ボディはプラスチック製

 

15.6インチIPS,Apollo Lake搭載のYEPO 737A6が248.99ドルで新規リリース(HDD版もあり。2018/5/23現在)
13.3インチのYEPO 737Aをはじめ、コスパの高いPCをリリースしているYEPO。海外通販サイト「Geekbuying」を参照していると、Apollo Lake N3450搭載の15.6インチ 「737A6」がラインナ...

上記の記事にて、2018年度版のスペックを記載していますが、AliExpressの製品紹介から読み取れる仕様の変更は以下。

 

  • CPUはApollo Lake N3450からJ3455に。ベンチマークスコア・体感レスポンスともに大きな差はありません。
  • メモリ 8GB版もラインナップ
  • 従来のバージョンでも2.5インチのSSD / HDDは増設可能だったのですが、ストレージはeMMCから2.5インチ SSDに。製品情報のスペックには明記ないのですが、イメージ画像から類推。
  • キーボードは10キー付から10キーなしに。

 

メモリはDDR3からDDR4となっていますが、Apollo LakeでDDR4とは珍しい。メモリの帯域幅が広くなり、Akiba PC Hotlineの記事「DDR4はDDR3より本当に高性能?意外と知られていない「メモリの実性能」によると、メモリのベンチマークスコアは10%から20%ほど高速となっているようです。

 

▼Apollo Lake J3455を搭載するPCのベンチマークスコアは以下の記事を参照ください。N3450と比較していますが、ほぼ同スコアです。体感的にはN3450と何ら変わることはありません。

Apollo Lake、RAM4GBで1万円半ばのミニPC、ACEPC AK1の実機レビュー
先日の記事「Apollo Lake、メモリ4GBで2万円未満のミニPCを海外通販からピックアップ」にも記載していますが、所有するStick PCが非力に感じてきたのに伴い、気になっていたミニPC。そのミニPCのうち、Celeron ...

 

▼Apollo Lake J3455は以下のPCなどでも採用されています。

Jumper EZBook X4にApollo Lake J3455版が新登場。Gemini Lake版は廃止か
2018年の年末あたりから、海外通販サイトのラインナップから姿を消していたJumper EZBook X4ですが、Gemini Lake N4100からApollo Lake J3455にCPUを変更して再登場です。 スペック...
DERE R9 Pro、14型サイズに15.6型を収めたApollo Lakeノートのスペックと特徴。1/31までのクーポン情報も
DEREより15.6インチ IPSパネルにApollo Lake J3455を搭載する「DERE R9 Pro」がリリースされています。ストレージは64GB eMMCとなり、M.2 SSDの増設・換装できないことが残念ですが、左右と...

 

▼200ドル台半ばの15.6インチクラスの場合、ディスプレイはTNパネルであることも多いのですが、IPSパネルを搭載。

なお、ベゼル幅は以下のイメージ画像ほど細くはないと思います。概ねどのメーカーもイメージ画像ではベゼル幅を狭く見せる傾向がありますので。

▲▼海外の記事となりますが、前バージョンの実機レビューはこちらが参考になります。

YEPO 737A6 Review: What is HDD Slot on the Bottom?

 

▼使用目的にもよりますが、私個人としては業務用でもなければ10キーは不要と思っているため、タイピング時の10キーへの誤タイプ回避も含め、10キーがなくなって正解。ただし、このためにキーボード面の左右の何もない面積が広くなっています。

 

▼以下のイメージ画像をみると、デフォルトのSSDはM.2 SSDではなく、2.5インチのSSD搭載であることが濃厚。背面からアクセスできるため、ユーザーにてより大容量のSSDに換装することもできます。

 

▼ポート類はUSB 3.0 × 2にMini HDMIとなり、しっかりと接続できるMini HDMIで正解。Micro HDMIでは、ちょっとしたことでグラつくこともあります(他のPCでの経験より)。

まとめ

2019年版として仕様変更となったYEPO 737A6。イメージ画像どおりに受け止めると、2.5インチのSSDがデフォルトとなったこと、10キー付ではなくなったことが、私個人としてはうれしい変更点です。

以下のAliExpressでは、メモリ 8GB、SSD 256GB版で295.64ドルの価格となっています。2.5インチのSSD 256GBを搭載していることを考慮すると、コスパ度はまずまず。

 

▼AliExpressで販売のYEPO 737A

YEPO  737A6 (AliExperss)

 

▼Amazonで販売のこちらもYEPO 737A6だと思われます。Office 2010プレインストールとは言え、かなりの価格差ですが。

コメント