2.5K 解像度 12.5型Win 10ノートのTour Pro、50ドルオフのクーポン情報

2.5K 解像度のディスプレイを搭載するWindows 10 ノートを複数リリースしているXIDU社。アメリカやイギリスでの販売をターゲットにしている中国ブランドですが、最近リリースされた12.5インチノートがTour Pro。

XIDU オンラインストアで50ドルオフとなるクーポンを利用できますので(10月12日現在、文末参照)、あらためて製品の概要をお知らせします。

スポンサーリンク

Tour Proのスペックと特徴


CPUやストレージなどの基本スペックは、通常のエントリー機となりますが、Tour Proの大きな特徴は、ディスプレイやボディの構成などの付加価値が高いこと。そのスペックは以下となります。

  • CPU : Intel Kaby Lake R 3867U 1.8GHz、2コア 2スレッド
  • GPU : Intel HD Graphics 610
  • メモリ : 8GB DDR3
  • ストレージ : 128GB SSD
  • ディスプレイ : 12.5インチ、IPS、タッチパネル解像度2560 x 1440
  • WiFi : 11a/b/g/n//ac
  • Bluetooth : 4.2
  • サイズ : 290.7 x 201.5 x 16.6mm、重さ 1.23kg
  • バックライト付キーボード、指紋認証、ボディはアルミ製

 

CPUのKaby Lake R 3867Uは、エントリー機で搭載事例の多い Apollo Lake N3350とN3450の中間レベル。具体的には、Webサイトの表示や軽めの画像編集において、N3350ではやや引っ掛かりがあるものの、N3450では普通に快適に動作します。

Kaby Lake R 3867UはよりN3450に近く、N3450の私の使用感では、例えば第5世代以降のCore iシリーズと比較しない限りは、遅さを感じるこのはありません。

 

▼国内販売のKaby Lake R 3867U搭載機としては、以下のマウスコンピューターのm-Book Jシリーズのうち、m-Book J322E2N-S64があります。

icon

 

▼Tour Proの詳細は以下の記事でも紹介しています。

12.5型 2.5K タッチパネルのWin 10 ノート、XIDU Tour Proが正式リリース。スペックと価格情報
12.5インチ 2.5K 解像度、タッチパネルのWindows 10 ノート XIDU Tour Proが正式リリースです。先行リリースのPhilbook Max、Philbook Proと異なりYOGAスタイルではありませんが、2...

外観と機能性

▲こちらはXIDU社による実機の動画。指紋認証、バックライト付きのキーボード、狭いベゼル幅、ボディの質感の高さ、タッチパネルを確認できます。

 

▼シックな外観で、スタバなどの外出先でも絵になります。

 

▲PhilBook Max、PhilBook Proは、ディスプレイが360°回転する YOGAスタイルですが、Tour Proは 180°開くスタイル。

美しいフォルムの14型 Yogaスタイル、質感抜群のXIDU PhilBook Maxが販売開始
上の画像を見てうっとりとするのは私だけではないかと思いますが、中国 深センに本拠をおくXIDU社のPhilBook Maxです。2019年3月に発表の14インチ YogaスタイルのWindows 10 PCとなり、2019年6月4日...
11.6型 2.5K液晶 YOGAスタイルのPhilBook Proがリリース。EZBook X1より液晶・質感ともに優位
今後の展開に期待していたXIDU社のノートPCですが、11.6インチ 2.5K 解像度の「PhilBook Pro」が300ドル台前半の価格でリリースとなりました。ディスプレイは360度回転機構付きのYOGAスタイルですが、スペック...

 

▼左右のベゼル幅は4.9mmとなり、ブラックのベゼルと相まってシャープなディスプレイ面。

 

▲指紋認証はタッチパッドではなく、キーボード面の右上にあります。Windows PCの指紋認証は、私の複数機種での使用感では精度が高く、Tour Proにも期待。

Windows 10の指紋認証は意外と快適で高精度、Android スマホとの体感比較
Windows Helloの指紋認証を複数のPCで使用したところ、これが意外と認識精度が高く快適です。「意外」というのは、私の手持ちのスマホとWindows Helloの顔認識と比較してとなりますが、今回は参考までに、Windows...

 

▼左サイドには電源ポートとUSB Type-C、右サイドにはUSB 3.0とMicro SD スロット。HDMIポートがないのですが、USB Type-Cでの代替となります。

 

▼厚み 16.6mm、重さ 1.23kgと極端に薄く、軽いものではありませんが、横幅は290.7mmとなり、MacBook Air 11とほぼ同サイズに12.5インチを搭載し、持ち運びにも程よいサイズ感。

 

▲製品の仕様には記載がありませんが、2242サイズのM.2 SSDスロットには背面からアクセスでき、より大容量のSSDに換装できます。ちなみに、対応するSSDは以下のとおり、240GBでも3,000円台で購入できます。

M.2 SSD 240GBが3,899円、Amazonで購入のTCSunBow製 SSDのベンチマーク
SATA接続のM.2 SSD 240GBが、Amazonにて約4,000円(※)と安価で販売しており衝動買い。現在、受領待ちのノートPCのメインドライブとして使用する予定ですが、取り急ぎ 手持ちのPCに接続し、ベンチマークスコアを計...

まとめ、価格情報

2.5Kの高解像度の12.5インチパネルを搭載する XIDU Tour Pro。CPUはライトユース向けながらも、180°開くディスプレイはタッチパネル、指紋認証・バックライトキーボードと利便性も高く、アルミ製のボディで質感も高い製品です。

 

XIDU オンラインストアでは、クーポンコード「Tour50」の利用により 50ドルオフの425ドルで販売しています(2019年10月12日現在)。

 

XIDU
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント