11.6インチ 2.5K 解像度のWin 10 PC「PhilBook Pro」が50ドルオフの299.99ドルに。XIDUのセール情報(3/31まで)

中国ブランドのXIDUのパソコンが、オンラインストアにて久々のセールです。対象となるのは、11.6インチのPhilBook Pro、14.1インチのPhilBook Max、13.3インチのPhlPadですが、いづれも CHUWI、Jumper、Teclastなどの製品と異なる特徴を持ち、3月31日まで一律 50ドルオフ、さらに2製品目を購入する場合には 70ドルオフとなります。今回はこのうち、PhilBook ProとPhilBook Maxをあらためて紹介します。

関連記事

11.6型 2.5K液晶 YOGAスタイルのPhilBook Proがリリース。EZBook X1より液晶・質感ともに優位

美しいフォルムの14型 Yogaスタイル、質感抜群のXIDU PhilBook Maxが販売開始

スポンサーリンク

XIDU ブランドの概要

まずはXIDUについて簡単に記載します。Amazonなどの日本の通販サイトでは販売していないため、日本では馴染みが薄いのですが、中国ブランドの同社のメインターゲットはアメリカとイギリス。

今回紹介のPhilBook Proの前機種となるPhilBookは、アメリカのAmazonにおいて、そのレビュー数はASUSの製品を上回っていたほどの人気となっていました(通常版のPhilBookは現在では販売されていません)。

▲▼参考までに、Amazon USAにて「XIDU」で検索しました。今回紹介の製品がラインナップされており、レビューの評価もりょう

Amazon USA、XIDU

 

XIDUのPCは、CPUはエントリークラスとなるものの、アルミ製もしくはマグネシウム製の質感の高いボディに、360°の回転機構を持つ 2.5Kの高解像度のディスプレイなど、他の中国ブランドにはない特徴を持つPCをラインナップしています。

今回のセール対象ではありませんが、質感の高さと、しっかりとした造り込みについては、以下のTour Proの実機レビューを参照ください。2.5K 解像度のディスプレイとマグネシウム製のボディで、国内製品よりもかなり高品質なPCですが、セール対象ではなく残念。

実機レビュー、XIDU Tour Pro 2週間使用後のまとめ。高品質のボディ・高解像度パネルは優秀なだけに、常時稼働のCPUファンが惜しい
12.5インチ 2.5K 解像度のシャープ製ディスプレイを搭載するTour Proを使用し、約2週間経過しましたので、その使用感などのレビューをまとめて記載します。全般としては、ボディの質感の高さは想像以上、エントリークラスの割には...
XIDU Tour Pro、内部の造りの良さはMBA以上? 底板を外し銅製のヒートシンクなどの構造を確認してみた
使い込んでいるうちに、ますます使い勝手のよさを感じるようになった XIDU Tour Pro。CPUはCeleron 3867Uとエントリークラスですが、ライトユースでは十分であり、12.5インチのディスプレイは2.5K 解像度にタ...

 

以降は、今回のセール対象の2製品の概要です。詳細については、リンク先記事を参照ください。

PhilBook Pro

今回のセール対象製品のなかでのイチオシは、こちらのPhilBook Pro。360°回転機構付きのYOGAスタイルの11.6インチとなり、Teclast F5 / F5R、BMAX Y11と競合する製品です。

CPUは、Gemini Lake N4100のTeclast F5R / BMAX Y11に対し、PhilBook Proは Apollo Lake J3355 (N3350)相当と下位ですが、前者 2製品に対するメリットは以下です。

  • ディスプレイはシャープ製、解像度 2560 x 1440。11.6インチで 2.5Kの解像度は他の製品ではないために、大きなメリット。
  • Teclast F5R / BMAX Y11のポート類が USB Type-CにMicro USBと変則的なのに対して、PhilBook Proは USB 3.0 x 2、Mini HDMIとノーマルな仕様。
  • 割引前のPhilBook Proの価格はやや割高感があったのですが、今回のセールの50ドルオフでは299.99ドル。Teclast F5R / BMAX Y11にプラス 10ドルほどで、2.5Kのディスプレイと思うとコスパ度は高まります。

 

その他のスペックとしては、メモリ 6GBに、ストレージは128GB M.2 SSD。SSDはユーザーにて、より大容量のものに換装可能です。

 

▼360°の回転機構付きのディスプレイは、以下のように タブレットモード、テントモード、通常のPCスタイルで楽しむことができます。もちろん、ディスプレイはタッチパネル。

 

▼こちらの画像から、質感の高さが伝わってきます。11.6インチクラスで、Micro HDMIではなく、Mini HDMIであることに好感。Micro HDMIの場合には、小さな接続部分に負荷がかかり、ケーブルが折れやすくなります。

 

▼オンラインストアにて、3月31日まで 299.99ドルで販売中

PhilBook Pro

 

▼製品の詳細記事はこちら

11.6型 2.5K液晶 YOGAスタイルのPhilBook Proがリリース。EZBook X1より液晶・質感ともに優位
今後の展開に期待していたXIDU社のノートPCですが、11.6インチ 2.5K 解像度の「PhilBook Pro」が300ドル台前半の価格でリリースとなりました。ディスプレイは360度回転機構付きのYOGAスタイルですが、スペック...

PhilBook Max

こちらは14.1インチのPhilbook Max。PhilBook Proと異なり、解像度はFHDとなりますが、タッチパネルでYOGAスタイル。PhilBook Proや、今回はセール対象外のTour Proも同様ですが、質感の高さが大きな特徴。

CPUはAtom E3950、メモリ 8GB、ストレージは128GB SSD。CPUがワンランク上ならさらによかったのですが、Atom E3950はPhilBook MaxのApollo Lake N3350相当となり、Webサイト閲覧などのライトユース向け。

 

▼見せ方のうまさもありますが、金属製の質感が伝わってきます。

▲キーボードはバックライト付き。細かなところですが、キーボード右のゴム足が露出していることが気になります。

 

▼14.1インチの大きな画面のため、テントモードでの動画視聴にも適しています。

 

▼ベゼル幅は公開されていませんが、左右のベゼル幅は5mmほどでしょうか。かなり細くなっています。

 

▼電源ボタンは右サイドにあります。PhilBook Proと同様に、HDMIはMicroではなく、Miniであることに好感。

 

▼オンラインストアにて、3月31日まで 369.99ドルで販売中

PhilBook Max

 

▼製品の詳細記事はこちら

美しいフォルムの14型 Yogaスタイル、質感抜群のXIDU PhilBook Maxが販売開始
上の画像を見てうっとりとするのは私だけではないかと思いますが、中国 深センに本拠をおくXIDU社のPhilBook Maxです。2019年3月に発表の14インチ YogaスタイルのWindows 10 PCとなり、2019年6月4日...

まとめ

CPUはエントリーながらも、金属製のボディ、内部の造り込みも含めて高品質なPCを取り揃えたXIDU。なかでも、2.5K 解像度 11.6インチのPhilBook Proは、価格的にも競合する Teclast F5RやBMAX Y11と大差なくオススメです。なお、XIDUのオンラインストアでは、製品の画像が少ないため、デザインや質感を確認する場合には AliExpressのオンラインストアもあわせて参照ください(ただし、AliExpressでは今回の50ドルオフは適用外です)

XIDU オンラインストア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました