XIDU PhilMac、Mac miniを意識した外観のミニPCが新規リリース。アルミ製ボディにCeleron J4115を搭載

主にアメリカ・イギリスで展開しているXIDUより、CPUにGemini Lake N4100相当のJ4115を搭載するミニPC「PhilMac」がリリースされました。約12cm角で高さ2.3cmのアルミ製の小さなボディに、メモリ 8GB、eMMC 128GBを詰め込んでいます。PhilMacのネーミングから、デザイン・質感的にはMac miniを意識しているようにも思いますが、そのスペックから普及型の位置づけの製品です。

2020年8月9日追記。AliExpressで259ドルで販売となりました。詳細はAliExpress 販売ページを参照。

 

▼公式サイト情報はこちら。

XIDU PhilMac

スポンサーリンク

XIDU PhilMacのスペック

XIDUはこれまで、以下で実機レビューの製品など、スペック的にはエントリークラスですが、質感高めのボディに、2.5K 解像度のディスプレイなどのプラスアルファの特徴を持つPCが多くなっています(PhilPadのレビュー当時のディスプレイ 2.5K 解像度ですが、現行販売の製品はFHDです)。

実機レビュー、2.5K 12.5型 Win 10ノート XIDU Tour Pro 外観編。日本製、中国他ブランド以上の質感に圧倒。SSD 空きスロットも装備
2.5K 解像度のディスプレイを搭載し、質感高めのWindows 10 PCを複数販売する中国のXIDU社。主にアメリカとイギリスにて展開していますが、9月にリリースされた12.5インチのTour Proを、同社よりレビュー用にサン...
XIDU PhilPad、13.3型2.5K液晶 2in1の実機レビューまとめ。高解像度液晶の品質高くFHDを軽く凌駕
13.3インチのSurface風 2 in 1のXIDU PhilPad。システム情報とベンチマーク、外観のレビューに続き、使用感のレビューです。全般的には、2.5Kのディスプレイは、きめ細やかさ・発色・鮮やかさともに抜群で、手持ち...

 

以下はPhilMacのスペックですが、XIDUのPCの傾向を踏まえ、また、他の多くのミニPCと同様に、エントリークラスの構成です。なお、スペックには公式サイトには記載のない、XIDUから直接いただいた情報も含めて記載しています。

CPUGemini Lake (Celeron) J4115、4コア4スレッド、最大 2.5GHz
GPUIntel UHD 600
メモリ8GB DDR4
ストレージ128GB eMMC
WiFi(情報の掲載なし)
Bluetooth4.1
ポート類USB 3.0 x 3、有線LAN、HDMI、VGA、SD カードスロット
サイズ約 12 x 12 x 2.3 cm、322g
OSWindows 10 Pro プレインストール
その他CPUファンあり、ボディはアルミ製

 

▼Gemini Lake J4115のレスポンスは、以下のBMAX B2 Plusの記事を参照。余程重たくないオフィスソフトでの在宅勤務では、Gemini Lake J4115の水準でも十分です。

BMAX B2 Plus 実機レビュー、Win 10 Pro、PCIe SSD対応、静音でスピーカー内蔵と意外性のあるミニPC。175.99ドルのクーポン情報も
BMAXより販売されているミニPC「B2 Plus」。Gemini Lake N4100相当のCeleron J4115、メモリ 8GBを搭載する製品ですが、このクラスの他のミニPCにない特徴として、PCIe (NVMe対応)のSS...

 

Gemini Lake N4100、N4100相当のJ4115、メモリ 8GB 搭載のミニPCは多いのですが、PhilMacの場合、ストレージがSSDではなく eMMCであることが惜しい。SSD、eMMC間に大きく体感できるほどの相違はないものの、大容量のSSDを増設できるとよりよい仕様だったのですが。

なお、最近のミニPCでは、Windows 10 Proを搭載する製品も増えており、PhilMacもHomeではなくProがプレインストールされています。

XIDU PhilMacの外観と機能

PhilMacと名乗るとおり、以下のMac mini (Amazon)と同様に角に丸みのあるスタイルになっています。

 

電源のLEDの配置も概ね同じようです。実機を見ないとわからないのですが、全体の醸し出す雰囲気はさすがにMac miniですが、汎用とも思える四角のミニPCが多いなかでは、PhilMacはよいデザインのように感じます。

素材はアルミ製とあるのですが、全体がアルミ製なのか、あるいは黒い部分がプラスチック製 or スチール製かは不明。下の写真をみると、黒い部分は電源部分やVGAに繋がっており、凝ったデザインです。

▲上の左の画像をよく見ると、リセットホールが備わっています。まさかのフリーズの場合にも対応できます。

まとめ

ストレージがeMMCであることが惜しいのですが、Gemini Lake J4115にメモリ 8GBと無難なスペックのXIDU PhilMac。ネーミングのとおり、また、これまでのXIDUの製品の傾向を踏まえると、その質感とデザインには期待できます。

2020年5月29日時点では、AliExpressのXIDU オフィシャルストアも含め、価格は公開になっていませんが、その価格が気がかりです。XIDUはCHUWI、Jumper、BMAXなどに比べると、そのデザインと質感からか、割高な傾向があります。

2020年8月9日追記。AliExpressで259ドルで販売となりました。やはり、このクラスでSSDなしとしては割高感があります。詳細はAliExpress 販売ページを参照。

▼公式サイト情報はこちら。

XIDU PhilMac

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました